Question

画像サイズを変更する
Windows10・Windows11で画像の大きさを変更する方法を教えてください。

  • 概要
  • 画像サイズを変更する方法の紹介です。Microsoft社が提供する無料のユーティリティソフト PowerToys リンク をインストールすると、ファイルの右クリックメニューから、画像の大きさを変更できるようになります。

    画像サイズを変更
  • 対象OS
  • Windows10、Windows11

  • STEP1 Image Resizerの有効化する
  • (A)Image Resizerを有効化にする リンク

  • STEP2 画像サイズを変更する
  • (A)プリセットからサイズを変更する リンク

    (B)カスタムサイズで変更する リンク

  • STEP3 プリセットを追加する
  • (A)イメージサイズを追加登録する リンク

    Question

    画像サイズを変更する方法 はこちら

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    Windows10、Windows11では、右クリックメニューの[送る]>[メール受信者]で画像の大きさを変えることができません。代わりにPowerToysの「Image Resizer」を利用することで、右クリックメニューから画像の大きさを変更できるようになります。

    (参考)PowerToysのインストール方法はこちら リンク

    「Image Resizer」を使ってデフォルトで出力可能なサイズは、(大)1920x1080px、(中)1366x768px、(小)854x480 と(電話)320x568 の4種類と、カスタムサイズです。


    画像サイズ 変更

    公開日 公開日: 2022/04/22 / 最終更新日 最終更新日: 2022/04/27 / author  / twitterこの記事をシェアする

  • 操作手順
  • STEP1 Image Resizerの有効化する
    PowerToysの「Image Resizer」機能を利用すると、ファイルの右クリックメニューから、画像の実サイズを変更することができます。実サイズを縮小させると、ファイルの容量も小さくなるため、メールに添付して送信するときに役立ちます。

    (A)Image Resizerを有効化にする
    PowerToysで「Image Resizer」機能を有効にすることで、ファイルの右クリックメニューから画像の大きさを変更できるようになります。


    1 PowerToysを起動して、メニューの中から[Image Resizer]を選択します。

    Image Resizerを選択

    [Image Resizer]を選択します。

    2「Image Resizerを有効化する」の項目にあるトグルスイッチをオンにします。

    Image Resizerを有効化するをオン

    [Image Resizerを有効化する]をオンにします。

  • 補足
  • - Image Resizerを有効化すると、ファイルの右クリックメニューに[画像のサイズ変更]という項目が追加されます。
  • - Windows11の場合は、右クリック >[その他のオプションを表示]>[画像のサイズ変更]と選択します。
  • STEP2 画像サイズを変更する
    Image Resizerでは、プリセットからサイズを選択する以外にも、カスタムで任意の画像サイズに出力することもできます。サイズ変更された画像は、一部の形式を除き、オリジナルと同じファイル形式(拡張子)で出力されます。

    (A)プリセットからサイズを変更する
    Image Resizerを使って、画像ファイルを大きさを拡大縮小します。出力時に、ファイルコピーの作成有無を選択したり、メタ情報(撮影機器の情報や位置情報など)の削除を実行するができます。


    1 Image Resizerで、サイズ変更したい画像ファイルを右クリックします。

    ファイルを右クリック

    画像を右クリックします。

    2 表示されたメニューの中から[画像のサイズ変更]を選択します。

    画像のサイズ変更を選択

    [画像のサイズ変更]を選択します。

  • Windows11の場合は、[その他のオプションを表示]>[画像のサイズ変更]と選択します。
  • 3「サイズを変更してください」のプルダウンメニューをクリックします。

    メニューをクリック

    プルダウンメニューをクリックします。

    4 表示されたメニューの中から、希望のサイズを選択します。

    サイズを選択

    希望のサイズを選択します。

    5 画面右下にある[サイズ変更]ボタンをクリックします。

    サイズ変更をクリック

    [サイズ変更]ボタンをクリックします。

    6 選択した画像の大きさが変更されました。

    サイズが変更されました

    画像の大きさが変更されました。

  • 補足
  • - ファイルを複数選択してから変換することで、一括で処理することもできます。
  • - 出力されたファイルは、オリジナルのファイルと同じ場所に出力されます。(デフォルト設定の場合)
  • - Image Resizerの変換オプションは以下の通りです。
  • 項目チェックONにしたときの効果
    画像を縮小するが、拡大しない選択したプリセットが、変換前のオリジナル画像より大きい場合は、サイズ変更しません。(そのままのサイズでファイル出力されます)
    画像の向きを無視する画像の縦横の向きに関係なく、設定したサイズの最小値が、画像の縦横の小さい方に適用されます。
    元の画像のサイズを変更する(コピーを作成しない)ファイル出力時に、オリジナルのファイルを上書きします。
    レンダリングに影響しないメタデータの削除画像ファイルに記録されたメタ情報(撮影したカメラの情報や位置情報など)を削除します。

    (B)カスタムサイズで変更する
    画像の縦横の大きさを数値で入力して変更します。大きさを変更するときに、縦横の比率を固定するか、引き伸ばすか指定できます。


    1 Image Resizerで、サイズ変更したい画像ファイルを右クリックします。

    ファイルを右クリック

    画像を右クリックします。

    2 表示されたメニューの中から[画像のサイズ変更]を選択します。

    画像のサイズ変更を選択

    [画像のサイズ変更]を選択します。

  • Windows11の場合は、[その他のオプションを表示]>[画像のサイズ変更]と選択します
  • 3「サイズを変更してください」のプルダウンメニューをクリックします。

    メニューをクリック

    プルダウンメニューをクリックします。

    4 表示されたメニューの中から、[カスタム]を選択します。

    カスタムを選択

    [カスタム]を選択します。

    5 変更したい画像サイズを入力します。

    サイズを入力

    画像サイズを入力します。

    6 画面右下にある[サイズ変更]ボタンをクリックします。

    サイズ変更をクリック

    [サイズ変更]ボタンをクリックします。

  • [サイズ変更の種類]のプルダウンメニューで、画像の縦横比率の固定・引き伸ばしを指定できます。デフォルトは「Fit」です。
  • - Fill:比率を保持したまま画像を拡大縮小します。サイズからはみ出す部分はトリミングされます。
    - Fit:比率を保持したままサイズに合わせて、画像を拡大縮小します。画像はトリミングされません。
    - Stretch:指定されたサイズで画像を引き伸ばします。画像はトリミングされません。(縦横の比率は保持されません)

    6 選択した画像の大きさが変更されました。

    サイズが変更されました

    画像の大きさが変更されました。

  • 補足
  • - ファイルを複数選択してから変換することで、一括で処理することもできます。
  • - 出力されたファイルは、オリジナルのファイルと同じ場所に出力されます。(デフォルト設定の場合)
  • - Image Resizerの変換オプションは以下の通りです。
  • 項目チェックONにしたときの効果
    画像を縮小するが、拡大しない選択したプリセットが、変換前のオリジナル画像より大きい場合は、サイズ変更しません。(そのままのサイズでファイル出力されます)
    画像の向きを無視する画像の縦横の向きに関係なく、設定したサイズの最小値が、画像の縦横の小さい方に適用されます。
    元の画像のサイズを変更する(コピーを作成しない)ファイル出力時に、オリジナルのファイルを上書きします。
    レンダリングに影響しないメタデータの削除画像ファイルに記録されたメタ情報(撮影したカメラの情報や位置情報など)を削除します。

    STEP3 プリセットを追加する
    Image Resizerにプリセットされている「大」、「中」、「小」、「電話」に加えて、オリジナルのサイズを登録することができます。決まったサイズに変換する機会が多い場合は、オリジナルのプリセットを登録することで、作業を効率化させることができます。

    (A)イメージサイズを追加登録する
    PowerToysの設定画面で、Image Resizerのイメージサイズを追加登録します。


    1 PowerToysを起動して、メニューの中から[Image Resizer]を選択します。

    Image Resizerを選択

    [Image Resizer]を選択します。

    2「イメージ サイズ」の項目にある[サイズの追加]ボタンをクリックします。

    サイズの追加をクリック

    [サイズの追加]ボタンをクリックします。

    3 追加されたプリセットの右端にある[編集(編集)]ボタンをクリックします。

    編集をクリック

    [編集]ボタンをクリックします。

    4 プリセットの名前、画像サイズなどの情報を入力して登録します。

    サイズの情報を入力

    サイズなどの情報を入力します。

  • 補足1
  • - 編集の枠外をクリックすると、設定した内容が保存されます。
  • - 登録されたプリセットは、[ゴミ箱]ボタンをクリックすると削除することができます。
  • 補足2
  • - Image Resizerの設定画面では、プリセットの登録のほかにも、変換時の動作をカスタマイズすることができます。
  • 項目内容
    フォールバック エンコーダーオリジナルのファイル形式のまま出力できない場合(.wmfなど)は、フォールバックエンコーダーで選択した形式で出力されます。(JPEG やPNGなどの画像は、オリジナルと同じ形式で出力されます)
    JPEG品質レベル(%)JPEG画像の品質(圧縮レベル)を指定します。数値(%)を下げると画像のファイルサイズは小さくなりますが、品質が下がります(ブロックノイズが発生します)。
    PNGインターレスオンにすると、インターレス(ファイル読み込み時に、画像の全体像を表示してから描写する方式)で出力します。[既定]選択時は、オリジナル画像と同じ方式で出力します。
    TIFF圧縮TIFFの圧縮形式を選択します。選択可能な圧縮形式は、なし(非圧縮)、CCITT G3/G4、LZW、RLE、Zipです。[既定]選択時は、オリジナル画像と同じ圧縮形式で出力します。
    ファイル名の形式 出力されるファイル名をパラメーターで指定できます。また、¥マークで区切ることで、サブフォルダーに出力することもできます。
    %1:元のファイル名
    %2:プリセット名
    %3:選択したプリセットの幅
    %4:選択したプリセットの高さ
    %5:実際に出力された画像の幅
    %6:実際に出力された画像の高さ
    ファイルの変更されたタイムスタンプ出力されたファイルのタイムスタンプのルールを決めます。
    元のファイルのタイムスタンプ:オリジナルと同じタイムスタンプでファイル作成されます。
    サイズ変更アクションのタイムスタンプ:ファイル出力された日時でタイムスタンプが記録されます。
    こちらもおすすめ