Question

Windows PCでスクリーンショットを撮る5つの方法と保存先の設定
スクリーンショットをパソコンで撮る方法と、撮影した画像の保存先について教えてください。

  • 概要
  • Windowsでパソコンのスクリーンショット(スクショ)を撮る方法とスクショした画像の保存先について説明します。スクリーンショットは、主にショートカットキー特定の機能を動作させるために押すキーの組み合わせのこと。を使う方法と切り取り&スケッチ などのアプリを使って撮る方法があります。

    Windows スクリーンショット
  • 対象OS
  • Windows10、Windows11

    Question

    Windowsパソコンでスクリーンショット(スクショ)を撮る5つの方法はこちら

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    ショートカットキーを使うと、簡単にPCのスクリーンショット(スクショ)を撮ることができます。

    【スクリーンショットのショートカットキー早見表】

  • (1) PC画面全体のスクリーンショット:スタートボタン+[PrtScr]キー
  • (2) ウインドウのスクリーンショット:スタートボタン+[Alt]+[PrtScr]キー
  • (3) ウインドウのスクリーンショット:スタートボタン+[Shift]+[S]キー
  • (4) Edgeでページ全体または一部をスクリーンショット:[Ctrl]+[Shift]+[S]キー
  • (5) 画面全体のスクリーンショットをクリップボードにコピー:[PrtScr]キー
  • (6) ウインドウのスクリーンショットをクリップボードにコピー:[Alt]+[PrtScr]キー

  • 公開日 公開日: 2021/08/19 / 最終更新日 最終更新日: 2022/07/07 / author  / twitterこの記事をシェアする

  • 操作手順
  • STEP1 PCでスクリーンショットを撮る

    このステップでは、Windows PCでスクリーンショットを撮影する方法を紹介します。いくつか用意されているスクショ撮影方法の中から、シーンに合った最適な方法を選択してください。

    全体を 画面キャプチャ

    (A)画面全体のスクリーンショット

    画面全体を対象にスクリーンショットを撮影します。ショートカットキーを使ってスクリーンショットを撮ると、スクショした画像は、[ピクチャ]>[スクリーンショット]フォルダへ自動的に保存されます。

    画面全体のスクショのショートカットキー

    フォルダー スクリーンショットの保存先:[ピクチャ]>[スクリーンショット]

    1 キーボードのWindowsキーキーを押しながら、Print Screenキーを押します。

    画面全体キャプチャのショートカットキー操作

    [Win]+[Prt Scr]キーを押します。

    2 画面が一瞬暗くなり、[ピクチャ]>[スクリーンショット]フォルダに画像が保存されまず。

    スクリーンショットフォルダ

    スクショした画像が保存されます。

  • 補足
  • - キーボードの配列は、ご利用のPCにより異なります。[Print Screen]キーは、[PrtSrc]と刻印されている場合もあります。
  • - 保存されたスクリーンショット画像は、ファイル名の末尾に連番スクリーンショット(1)、スクリーンショット(2)...と連番で保存されます。が付与されます。
  • -[Print Screen]キーのみを押すと、クリップボードコピーした情報を一時的に保存するメモリ領域のこと。へコピーされます。
  • ウインドウをスクショ

    (B)ウインドウのスクリーンショット

    アクティブなウインドウ(一番手前に表示されているウインドウ)のみをスクリーンショットで撮影します。ショートカットキーを使ってスクリーンショットを撮ると、スクショされた画像は、[ビデオ]>[キャプチャ]フォルダへ自動的に保存されます。(Xbox Game Bar*ゲームのプレイ画面などを撮影、録画するアプリです。がインストールされている必要があります)

    ウインドウのスクリーンショットのショートカットキー

    フォルダー スクリーンショット画像の保存先:[ビデオ]>[キャプチャ]

    *Xbox Game barがインストールされていないときは、[Alt]+[Print Screen]の2つのキーを押して、クリップボードにコピーしてください。

    1 キーボードのWindowsキーAltキーを押しながら、Print Screenキーを押します。

    ウインドウキャプチャのショートカットキー操作

    Windowsキー+[Alt]+[Print Screen]キーを押します。

    2スクショが成功すると、[ビデオ]>[キャプチャ]フォルダに画像が保存されます。

    キャプチャフォルダ

    スクショした画像が保存されました。

  • 補足
  • - 画面のスクリーンショットが成功すると、Xbox Game barからメッセージが通知されます。(通知をクリックする必要はありません)
  • - キーボードの配列は、ご利用のPCにより異なります。[Print Screen]キーは、[PrtSrc]と刻印されている場合もあります。
  • - 複数のウインドウが開いているときは、アクティブなウインドウ(一番手前のウインドウ)のみがキャプチャされます。
  • - スクショ可能なウインドウがない状態で、ショートカットキーを押すと、真っ暗な画像が保存されます。
  • - [Alt]+[Print Screen]の2つのキーのみを押すと、クリップボードへコピーされます。
  • 指定した範囲をスクショ

    (C)範囲指定してスクリーンショットを撮る

    スクショ(キャプチャ)する範囲を指定して撮影します。ショートカットキーを使ってスクリーンショットを撮ると、スクショされた画像はクリップボードへコピーされます。

    ウインドウキャプチャのショートカットキー

    フォルダー スクリーンショット画像の保存先:クリップボード(保存の操作が必要です)

    1 キーボードのWindowsキーShiftキーを押しながら、Sキーを押します。

    範囲指定キャプチャのショートカットキー操作

    Windowsキー+[Shift]+[S]キーを押します。

    2 画面が暗転したら、スクショしたい範囲をマウスドラッグで囲みます。

    スクショしたい範囲を指定

    スクショしたい範囲をマウスで囲みます。

    3 画面右下から表示される「切り取り領域をクリップボードにコピーしました」と書かれた通知をクリックします。

    通知をクリックします

    [通知]をクリックします。

    4 切り取り&スケッチ(またはSnipping Tool)が起動したら、画面右上にある[保存 ]アイコンをクリックします。

    保存ボタンをクリック

    [保存]アイコンをクリックします。

    5 ファイル名をつけて、[保存]ボタンをクリックします。

    保存ボタンをクリック

    [保存]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • - 切り取り&スケッチ(またはSnipping Tool)では、スクショした画像にペンツールでメモを書いたり、不要な部分をトリミングすることができます。
  • - 切り取り&スケッチ(またはSnipping Tool)で、選択可能なファイルの保存形式は、PNG、JPG、GIFの3つです。
  • PNG:画質を劣化させずに保存できます。但し、ファイルサイズは大きくなります。
  • JPG:最も一般的な形式です。若干画質が劣化しますが、その分ファイルサイズが小さくなります。
  • GIF:扱える色が最大256色までと制限があります。(スクショ画像の保存形式には向きません)
  • ページ全体をキャプチャ

    (D)WEBキャプチャでページ全体を撮影

    Microsoft Edgeで、開いているページ全体を1枚の画像としてスクショして保存します。EdgeのWebキャプチャ機能を利用すると、ページの長さに関係なく、画面外に隠れている部分も含めて1枚の画像として保存することができます。

    Webキャプチャのショートカットキー

    フォルダー スクリーンショット画像の保存先:[ダウンロード](保存の操作が必要です)

    1 Edge Edge でWebキャプチャしたいページを開き、[設定など(設定など)]ボタンをクリックします。

    設定などをクリック

    […(設定など)]ボタンをクリックします。

    2 表示されたメニューの中から、[Webキャプチャ]を選択します。

    Webキャプチャを選択

    [Webキャプチャ]を選択します。

    3 画面上部に表示された通知の中から、[ページ全体をキャプチャ]を選択します。

    ページ全体をキャプチャ

    [ページ全体をキャプチャ]を選択します。

    4 画面上部に表示されたツールバーの中から[保存]ボタンをクリックします。

    保存をクリック

    [保存]をクリックします。

    5 画面右上からダウンロードの通知が表示されたら、[名前をつけて保存]ボタンをクリックします。

    名前をつけて保存をクリック

    [名前をつけて保存]ボタンをクリックします。

    6ファイル名およびファイルの保存場所を指定して、[保存]ボタンをクリックします。

    保存をクリック

    [保存]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • - スクショ撮影したあとに表示されるWebキャプチャ画面で、[手書き]ボタンをクリックすると、手書きで絵や文字を描くことができます。
  • -[コピー]ボタンをクリックすると、クリップボードへコピーされます。
  • 指定した範囲をキャプチャ

    (E)WEBキャプチャでページの一部を撮影

    Microsoft Edgeで開いているページの範囲を指定してスクショ・保存します。同一ページ内であれば、画面外の部分も範囲指定・キャプチャすることができます。

    Webキャプチャのショートカットキー

    フォルダー スクリーンショット画像の保存先:[ダウンロード](保存の操作が必要です)

    1 Edge Edge でWebキャプチャしたいページを開き、[設定など(設定など)]ボタンをクリックします。

    設定などをクリック

    […(設定など)]ボタンをクリックします。

    2 表示されたメニューの中から、[Webキャプチャ]を選択します。

    Webキャプチャを選択

    [Webキャプチャ]を選択します。

    3 画面上部に表示された通知の中から、[エリアをキャプチャする]をクリックします。

    エリアをキャプチャするを選択

    [エリアをキャプチャする]をクリックします。

    4 スクショしたいエリアをマウスで範囲指定します。(ページをスクロールして範囲指定できます)

    範囲指定します

    マウスで範囲指定します。

    5 スクショしたエリアを選択したら、右下に表示された[キャプチャをマークアップ]をクリックします。

    キャプチャをマークアップを選択

    [キャプチャをマークアップ]をクリックします。

    6 画面上部に表示されたツールバーの中から[保存]をクリックします。

    保存をクリック

    [保存]をクリックします。

    7 ダウンロードの通知が表示されたら、[名前をつけて保存]ボタンをクリックします。

    名前をつけて保存をクリック

    [名前をつけて保存]ボタンをクリックします。

    8 ファイル名およびファイルの保存場所を指定して[保存]ボタンをクリックします。

    保存をクリック

    [保存]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • - スクショ撮影したあとに表示されるWebキャプチャ画面で、[手書き]ボタンをクリックすると、手書きで絵や文字を描くことができます。
  • -[コピー]ボタンをクリックすると、クリップボードへコピーされます。
  • STEP2 スクリーンショットの保存先を変更

    このステップでは、スクリーンショットした画像の保存先を変更する方法を紹介します。ショートカットキーでスクショした画像は、[ピクチャ]>[スクリーンショット](ウインドウキャプチャの場合は、[ビデオ]>[キャプチャ])に自動保存されますが、これを任意のフォルダへ変更します。

    ここでは例として保存先を"デスクトップに作成したフォルダ" に変更します。


    1 エクスプローラーを起動します。

    エクスプローラーを起動

    [エクスプローラー]を起動します。

    2 エクスプローラーで[ピクチャ]フォルダを開きます。

    ピクチャを開きます

    [ピクチャ]を開きます。

    3[スクリーンショット]フォルダを右クリックします。

    スクリーンショットを右クリック

    [スクリーンショット]を右クリックします。

    4 メニューの中から[プロパティ]を選択します。

    プロパティを選択

    [プロパティ]を選択します。

    5 ピクチャフォルダのプロパティが開いたら、[場所]タブを選択します。

    場所タブを選択

    [場所]タブを選択します。

    6 場所タブに切り替わったら、中央にある[移動]ボタンをクリックします。

    移動ボタンをクリック

    [移動]ボタンをクリックします。

    7 移動先のフォルダを開き、画面上部にある[新しいフォルダー]をクリックします。

    新しいフォルダーをクリック

    [新しいフォルダー]をクリックします。

    8 新しく作成されたフォルダーをクリックして選択します。

    新しいフォルダーをクリック

    新しく作成されたフォルダーを選択します。

    9 新しく作成されたフォルダーが選択された状態で、[フォルダーの選択]ボタンをクリックします。

    フォルダーの選択をクリック

    [フォルダーの選択]ボタンをクリックします。

    10 フォルダのプロパティ画面に戻ったら、[OK]ボタンをクリックします。

    OKをクリック

    [OK]ボタンをクリックします。

    11 「すべてのファイルを元の場所から新しい場所に移動しますか?」と表示されたら、[はい]*ボタンをクリックします。

    はいをクリック

    [はい]ボタンをクリックします。

    * キャプチャフォルダ内にある保存済みの画像ファイルを移動したくないときは、[いいえ]ボタンをクリックしてください。

  • 補足
  • -画面全体をスクショしたときと、ウインドウをスクショしたときのファイルの保存先は異なります。両方の保存先を変更したいときは、それぞれの保存先(フォルダ)に対して設定してください。
  • - フォルダーを移動するときは、必ず新規に作成したフォルダーを指定してください。デスクトップやドキュメントなどのシステムフォルダーを移動先として選択すると、「フォルダーリダイレクト」の警告が表示されます。(続行するとフォルダーの場所を元に戻すことも、別のフォルダーへ移動することもできなくなります)
  • - リダイレクトを続行してフォルダの場所が元に戻せなくなったときは、ドキュメントなどフォルダーの場所を元に戻す リンク を参照してください。
  • STEP3 スクショアプリの使い方

    Windows10、11には、スクリーンショットの撮影や、撮影した画像の加工に便利なアプリが、標準でインストールされています。このステップでは、スクリーンショットアプリの切り取り&スケッチSnipping Toolの基本操作について紹介します。

    (A)切り取り&スケッチの使い方(Windows10)

    切り取り&スケッチは、Windows10にプリインストールされているスクリーンショットアプリです。切り取り&スケッチを使うと、ペンツールを使って描画したり、タイマーをセットしてスクリーンショットを撮影することができます。


  • アプリの起動方法

    →[スタートスタートボタン]>[切り取り&スケッチ]とクリックします。

  • アプリの使い方
  • (スクリーンショットの撮り方)

    • 切り取り&スケッチを起動し、[新規]ボタンをクリックします。
    • 画面上部に表示されたツールバーで、スクリーンショットの方法を選択して撮影します。

    (タイマーの使い方)

    • [新規]ボタン右横にある下矢印をクリックします。
    • [今すぐ切り取り]、[3秒後に切り取り]、[10秒後に切り取り]の中から、タイマーの時間を選択します。
  • アプリの設定
  • (ショートカットキーを使って、切り取り&スケッチが起動するように設定する)

    • [スタートスタートボタン]>[設定設定]とクリックします。
    • [簡単操作]>[キーボード]とクリックします。
    • [プリント スクリーンのショートカット]をオンにします。

    設定後は、[Print Screen]キーを押すだけで、切り取り&スケッチが起動します。

    (B)Snipping Toolの使い方(Windows10・Windows11)

    Snipping Toolは、Windows10・11にプリインストールされているスクリーンショットアプリです。Snipping Toolを使うと、フリーフォームで領域を切り取ってスクショしたり、タイマーをセットしてスクリーンショットを撮影することができます。


  • アプリの起動方法
  • →[スタートスタートボタン]>[Windowsアクセサリ]>[Snipping Tools]とクリックします。
    (Windows11では、[スタート]>[すべてのアプリ]>[Snipping Tools]とクリックします)

  • アプリの使い方
  • (スクリーンショットの撮り方)

    • Snipping Toolを起動し、[モード]ボタンをクリックしてすくショーンショットの方法を選択します。
    • [新規作成]ボタンをクリックして、スクリーンショットを撮影します。

    (タイマーの使い方)

    • ツールバーにある[遅延切り取り]ボタンをクリックします。
    • [待ち時間なし]、[3秒後に切り取り]、[5秒後に切り取り]、[10秒後に切り取り]の中からタイマーの時間を選択します。
    こちらもおすすめ