Question Windows フォトビューアー を利用する(Windows10/11)
Windows10、Windows11で、Windowsフォトビューアーを利用する方法を教えてください。

テクニカルアドバイザー

ワンポイント
Windowsフォトビューアーは、Windows7/8.xにインストールされている既定の画像ビューアーです。Windows10/11では無効化されていますが、無料アプリ「Restore Windows Photo Viewer」を利用すると、Windowsフォトビューアーを有効化して利用できるようになります。(Windows10・11のバージョン21H2でも動作可能です)

Windows フォトビューアー

Restore Windows Photo Viewer とは...
Windows10・11で無効化されているWindowsフォトビューアーを、アクティブ化させることのできるアプリです。

Restore Windows Photo Viewer ダウンロードサイト 外部リンク


公開日 公開日: 2022/06/01 / 最終更新日 最終更新日: 2022/06/10 / author  / twitterこの記事をシェアする

STEP1 Restore Windows Photo Viewerをインストールする
Windows フォトビューアーを有効化するために、「Restore Windows Photo Viewer」をダウンロード/インストールします。

Restore Windows Photo Viewerのダウンロード

アプリをダウンロードします。

1 Restore Windows Photo Viewer 外部リンクのダウンロードページを開き、Download Now をクリックします。

2 ダウンロードのバルーン通知が表示されたら、開く ボタンをクリックします。

ワンポイント
「Restore Windows Photo Viewer」は、無料で利用できます。

はいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。

3 ユーザーアカウント制御が表示されたら、はい ボタンをクリックします。

Nextをクリック

[Next]ボタンをクリックします。

4 インストール画面が表示されたら、Next ボタンをクリックします。

Nextをクリック

[Next]ボタンをクリックします。

5 Next ボタンをクリックします。

ワンポイント
[Browse]ボタンをクリックすると、インストール先を変更することができます。

Nextをクリック

[Next]ボタンをクリックします。

6 Next ボタンをクリックします。

ワンポイント
[Browse]ボタンをクリックすると、スタートメニューへの登録先を変更することができます。

Nextをクリック

[Next]ボタンをクリックします。

7 Next ボタンをクリックします。

ワンポイント
[Create a desktop icon]にチェックをつけると、デスクトップに「Restore Windows Photo Viewer」のショートカットアイコンを作成します。

Installをクリック

[Install]ボタンをクリックします。

8 Install ボタンをクリックします。

Finishをクリック

[Finish]ボタンをクリックします。

9 Finish ボタンをクリックします。

ワンポイント
[Launch Restore Windows Photo Viewer for Windows10]にチェックをつけると、インストール完了後にRestore Windows Photo Viewerを起動します。

STEP2 フォトビューアーを有効化する
「Restore Windows Photo Viewer」を使って、Windows フォトビューアーを有効化します。

Restore Windows Photo Viewer

[Restore...]ボタンをクリックします。

1 「Restore Windows Photo Viewer」を起動して、画面左下にある Restore Windows Photo Viewer ボタンをクリックします。

ワンポイント
Apply to Usersの[All users on this computer]にチェックをつけると、すべてのユーザーに対してフォトビューアーを有効化します。

OKをクリック

[OK]ボタンをクリックします。

2 OK ボタンをクリックします。

ワンポイント
- Windowsフォトビューアーの有効化に成功すると、図のようなメッセージが表示されます。
-[OK]ボタンをクリックすると、Windowsの設定画面が表示されます。STEP3:ファイルの関連付けを変更する を参考に、Windowsの設定を変更してください。

STEP3 ファイルの関連付けを変更する
画像をWindowsフォトビューアーで開くように、ファイルの関連付けを変更します。Windowsフォトビューアーが対応するファイル形式は、.jpeg/.jpg/.jpe/.jfif/.bmp/.dib/.ico/.png/.tiff/.tif/.wdp/.jxr/.gif です。

アプリをクリック

アプリの設定画面を開きます。

1スタートボタン スタート]>[設定設定]と選択します。

2 設定画面が開いたら、[アプリ]をクリックします。

規定のアプリをクリック

[既定のアプリ]をクリックします。

3 メニューの中から、[既定のアプリ]をクリックします。

フォトビューアーをクリック

[フォトビューアー]をクリックします。

4 既定のアプリの選択で、[フォトビューアー]をクリックします。

5 アプリを選ぶウインドウが開いたら、[Windowsフォトビューアー]を選択します。

既定のアプリをクリック

[アプリ]>[既定のアプリ]と開きます。

1スタートボタン スタート]>[設定設定]と選択します。

2メニューの中から[アプリ]をクリックします。

3[既定のアプリ]をクリックします。

Windowsフォトビューアーを選択

[Windowsフォトビューアー]をクリックします。

4 表示されたアプリの一覧の中から、[Windowsフォトビューアー]を選択します。

拡張子に関連付け

拡張子を選択してアプリを関連づけます。

5 Windowsフォトビューアーで開きたいファイルの種類(拡張子)を選択します。

6 開いたウインドウの中から、[Windowsフォトビューアー]を選択します。

7OKボタンをクリックします。

ヒント
Windows10・11は、標準で「フォト」アプリがインストールされています。
→ フォトの使い方でお困りの場合はこちら。

  • PCに接続したデジカメから写真を取り込みする→詳しくはこちらリンク
  • Windowsでフォトが開かない→詳しくはこちらリンク