スタートやタスクバーからEdgeが消えてしまったら Microsoft Edgeがスタート画面やすべてのアプリ、タスクバーから消えてしまった場合は、Windows PowerShellを使ってMicrooft Edgeを再登録してください。


Windows UpdateによるMicrosoft Edgeの更新時に問題が発生した場合に、Microsoft Edgeがスタートメニューやすべてのアプリ、タスクバーから消えてしま宇ことがあります。症状が発生時した場合は、PowerShellを使ってMicrosoft Edgeを再登録してください。



デスクトップ画面左下の スタートボタン ボタンを右クリックマウス右クリックします。


表示されたメニューの中から[WindowsPowerShell(管理者)]をクリックします。

スタート右クリックメニュー

[WindowsPowerShell(管理者)]をクリックします。


「Windows PowerShell(管理者)」画面が表示されたら次のコマンドを入力してEnter キーを押します。

cmd /c ren %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe.old

Powershell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。


続けて、次のコマンドを入力してEnter キーを押します。

Get-AppXPackage -AllUsers -Name Microsoft.MicrosoftEdge | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register “$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml” -Verbose}

Powershell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。


以上で操作完了です。
スタートメニューのアプリ一覧にMicrosoft Edgeのアイコンが追加されていることを確認してください。

必要に応じてタスクバーやスタートメニューへピン留めしてください。
  • Q:「操作可能なプログラムの名前として認識されません」エラー。
    コマンドを実行すると「操作可能なプログラムの名前として認識されません」とエラーメッセージが表示されます。
  • A:入力したコマンドに誤りがある可能性があります。再度入力し直してください。
    入力したコマンドに誤りがある可能性があります。再度入力し直してください。

    また、[コマンドをコピー]ボタンを押すと、コマンドを自動でコピーすることができます。コピーしたコマンドは、PowerShellの画面上で右クリックすると貼り付けされます。






新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット

created by Rinker
FOSSIL(フォッシル)
¥29,556 (2021/04/15 21:55:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)

目次