Windows10でライブ壁紙を使う| Wallpaper Engineのヘルプ Wallpaper Engineをインストールすることで、Windows10でライブ壁紙(動く壁紙)を利用することができます。インストール手順やライブ壁紙の入手方法やオリジナル壁紙の設定、各種おすすめの設定は以下の手順を参考にしてください。


STEP8Wallpaper Engineでオリジナルの壁紙を設定する

Wallpaper Engineでは、パソコンに保存されている動画などを動く壁紙として設定することができます。


Wallpaper Engineの画面左下にある ファイルから開く ボタンをクリックします。


「開く」画面が表示されたら、動く壁紙として設定したいファイルを選択します。

開く画面

ファイルを選択します。

指定できる動画ファイル形式は、mp4/wmv/avi/m4v/mov/webm/mkvおよびアニメーションGIFです。HTMLファイルを壁紙として指定することも可能です。

設定したいファイルを選択したら、右下にある[開く]ボタンをクリックします。

開く画面

[開く]をクリックします。


以上で設定は完了です。選択したファイルが壁紙として設定されていることを確認してください。

STEP9設定画面を開く

Wallpaper Engineの設定を変えることで、Windows起動時に自動でWallpaper Engineの壁紙を動かしたり、パフォーマンス設定を変更することができます。


Wallpaper Engineの画面右上にある 設定アイコン アイコンをクリックします。


Wallpaper Engineの設定画面が表示されました。主な設定は以下の通りです。

設定1:Windows起動時にWallpaper Engineを起動する

設定画面の[一般]タブを開き、[PC起動時に自動起動]のチェックをつけます。

一般タブ画面

設定2:PCの動作が遅くなった場合

設定画面の[パフォーマンス]タブを開き、下の画像のように設定してください。

パフォーマンスタブ画面1

設定3:壁紙の動きを滑らかにしたい場合(高性能PC向け)

設定画面の[パフォーマンス]タブを開き、下の画像のように設定してください。

パフォーマンスタブ画面2

Wallpaper Engineをダウンロードするには、Steamアカウントが必要です。

詳しくは下記のQ&Aを参照してください。

Windows10で動く壁紙(ライブ壁紙)を利用する方法


広告スペース




新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット

created by Rinker
Smart Tap(スマートタップ)
¥59,800 (2021/01/21 22:36:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
cheero
¥4,050 (2021/01/21 22:34:49時点 Amazon調べ-詳細)