Question

ビデオエディターを使って動画を編集する(Windows10/11)
Windows10、Windows11で動画を加工、編集する方法を教えてください。

  • 概要
  • ビデオエディターは、Windows10、Windows11に標準でインストールされている動画編集アプリです。動画のトリミングや分割などのビデオ編集機能を内蔵し、テキスト、BGMの追加、エフェクトなどを追加することができます。本記事では、ビデオエディタを使った、動画の編集〜保存までの一連の流れを紹介します。

  • 対象OS
  • Windows10、Windows11

    Question

    ビデオエディターの使い方はこちら

    テクニカルアドバイザー

    はじめに
    ビデオエディターは、Windows10、Windows11に標準でインストールされた無料の動画編集アプリです。無料ながら動画のトリミングやフィルター効果など、基本的な動画編集機能を内蔵しているので、動画編集の入門アプリとして最適です。ビデオエディターで出力(保存)したファイルは、スマホやタブレット端末に転送して、再生することもできます。

    尚、ビデオエディタにはオーサリング機能が搭載されていないため、編集した動画をDVD/BDレコーダーで再生したい場合は、別途オーサリングソフトを用意する必要があります。

  • 関連Q&A
  • - 自作DVDの作り方(WidnowsでオリジナルDVDを作成) リンク
  • - Windows10でDVDを作成する方法 リンク
  • テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    ビデオエディタの画面は、ライブラリ、ストーリボード、プレビューで構成されています。他のビデオ編集ソフトに似た画面構成なので、ビデオ編集ソフトを利用したことがある方であれば、直感的に操作方法を理解することができます。

    ビデオエディター

    【ビデオエディタの画面構成】

  • - プロジェクト ライブラリ:素材置き場です。素材となる動画や写真をここに登録して、必要な分だけストーリーボードへ移動させます。
  • ストーリーボード:動画や写真をここに並べて、ストーリーを作ります(ここに登録された動画や写真が出力の対象となります)。動画を編集するときにもストーリーボードに登録が必要です。
  • プレビュー:ストーリーボードに登録されたビデオを順番にプレビュー再生します。ファイルへ出力する前に編集した動画をここで確認することができます。

  • 公開日 公開日: 2022/06/10 / 最終更新日 最終更新日: 2022/09/06 / author  / twitterこの記事をシェアする

  • 操作手順
  • STEP1 ビデオエディターを使う準備をする

    ビデオエディターを使って動画編集を行うには、はじめにプロジェクトファイルを作成します。プロジェクトファイルは、ビデオエディタで読み込んだ動画ファイルの一覧情報やビデオ編集・加工などの作業内容を記録したファイルです。プロジェクトファイルを保存することで、いつでも作業を中断・再開することができます。

    【ビデオエディタの準備 〜 編集・出力までの流れ】

  • (1)プロジェクトを作成する
  • (2)プロジェクトライブラリに動画・写真を追加する
  • (3)ストーリーボードに動画・写真を追加する
  • (4)ストーリーボードに追加した動画・写真を編集する
  • (5)動画を出力する
  • (A)プロジェクトを作成する

    ビデオエディターで動画を編集する前に、プロジェクトを作成します。ビデオエディターで行った動画編集の作業内容は、プロジェクトとして記録され、管理されます。

  • 【ビデオエディタの起動方法*(Windows10の場合)】
  • - [スタート]>[ビデオエディター]とクリックします。
  • 【ビデオエディタの起動方法*(Windows11の場合)】
  • -[スタート]>[すべてのアプリ]>[ビデオエディター]とクリックします。
  • *フォトアプリからビデオエディタを起動することもできます。
  • 1 ビデオエディターを起動し、[新しいビデオプロジェクト]ボタンをクリックします。

    新しいビデオプロジェクトをクリック

    [新しいビデオプロジェクト]をクリックします。

    2 任意のファイル名を入力して、[OK]ボタンをクリックします。(プロジェクトが作成されました)

    OKをクリック

    [OK]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • - 作成したプロジェクトを、ビデオエディター起動時に読み込むことで、動画編集を前回の続きから再開することができます。
  • - 作業内容(プロジェクト)は、自動保存されます。
  • (B)ビデオ・写真を追加する

    プロジェクトを作成したら、素材となる動画や写真をプロジェクト ライブラリに追加します。

    1 画面左上にある[追加]ボタンをクリックします。

    追加をクリック

    [追加]ボタンをクリックします。

    2 メニューの中から、素材の追加方法を選択します。

    メニューを選択

    素材の追加方法を選択します。

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    ビデオエディタで利用する動画や写真などの素材は、以下のいずれかの方法でライブラリに追加することができます。

  • - このPCから:PC内のファイルを参照して、動画・写真を追加します。
  • - コレクションから:フォトアプリに登録されている動画・写真から追加します。
  • - Webから:WebまたはOneDriveから動画・写真を検索して追加します。
  • 3 プロジェクトに追加する動画や写真を選択します。(画面は「コレクションから」選択時)

    追加をクリック

    動画または写真を選択します。

    4 プロジェクトに追加する動画や写真を選択したら、[追加]ボタンをクリックします。

    追加をクリック

    [追加]ボタンをクリックします。

    5 選択した動画・写真がプロジェクト ライブラリに追加されました。

    ライブラリに追加

    ライブラリに追加されました。

  • 補足
  • - 複数の動画・写真を選択して、まとめてライブラリに登録することもできます。
  • - 音楽ファイルを素材として追加したい場合は、画面右上にある[カスタムオーディオ]をクリックしてください。
  • STEP2 ビデオエディターで動画を編集する

    ライブラリに動画や写真と登録したら、今度は、動画を編集してみましょう。ビデオエディターでは、ビデオのトリミングや分割、テキストの挿入やフィルター効果などの編集・加工を行うことができます。

    (A)ストーリーボードに追加する

    ビデオエディターで動画を編集・出力するには、プロジェクト ライブラリに登録した動画や写真をストーリボードへ移動します。

    1 ストーリーボードに追加する動画・写真をクリックして選択します。

    動画を選択

    動画・写真を選択します。

    2 追加する動画・写真を選択したら、[ストーリーボードに配置]をクリックします。

    ストーリーボードに配置

    [ストーリーボードに配置]をクリックします。

    3 ストーリーボードに動画・写真が追加されました。

    動画が追加されました

    動画・写真が追加されました。

  • 補足
  • - プロジェクトライブラリにある動画・写真をマウスドラッグでストーリーボードに追加することもできます。
  • テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    ストーリーボードに登録された動画や写真は、ファイルに出力すると、左→右の順番で再生されます。また、マウスドラッグで動画や写真の順番を入れ替えることができます。

    ビデオエディターのストーリボード

    (B)動画を編集・加工する

    ビデオエディターの編集機能を使って、動画のトリミングや分割、テキストの挿入、モーション、3D効果、フィルター、再生速度の変更、回転などの編集作業を行います。

    【動画編集の基本操作】

    1 ストーリーボードの中から、加工・編集したい動画を選択します。

    動画を選択

    動画を選択します。

    2 メニューの中から、使用したい編集機能をクリックします。

    加工、効果をクリック

    使用したい編集機能をクリックします。

    3 編集画面に切り替わったら、動画を編集・加工します。(画面はモーション効果の追加画面です)

    動画を編集加工

    動画を編集・加工します。

    4 編集が完了したら、画面右下にある[完了]ボタンをクリックします。

    完了をクリック

    [完了]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • - 編集・加工しても、オリジナルの動画・画像に影響ありません。
  • -[完了]ボタンクリック後に編集内容をクリアしたい場合は、画面上部にある[元に戻す]ボタンをクリックするか、ストーリーボードから該当の動画を削除し、プロジェクトライブラリからストーリーボードに再追加してください。
  • - 編集・加工した動画は、プレビューで確認することができます。
  • ビデオエディターでは、動画や静止画に次のような編集・加工を行うことができます。

    トリミング

    動画の前後のシーンをカットします。

    トリミング

    【操作手順】

    • [トリミングの開始]のつまみを左右にドラッグして、開始位置を決めます。
    • [トリミングの終了]のつまみを左右にドラッグして、終了位置を決めます。
    • 画面右下にある[完了]ボタンをクリックして確定します。
  • 補足
  • - シークバーを動かすと、指定した位置の映像をプレビューで確認することができます。
  • 分割

    指定した位置で動画を分割します。

    分割

    【操作手順】

    • [シークバー]を左右にドラッグして、分割位置を決めます。
    • 分割位置を決めたら、[完了]ボタンをクリックして確定します。
  • 補足
  • - 分割された動画は、ストーリーボード上でも分割されて表示されます。
  • - 映像の中間部分をカット(削除)したい場合やシーンの入れ替え、一部のシーンのみにエフェクトをかけたいときなどに分割を利用します。
  • テキスト

    映像にテキスト(文字)を挿入します。

    テキスト

    【操作手順】

    • テキストを入力します。
    • テキストのスタイルとレイアウトを一覧から選択します。
    • テキストの開始/終了のつまみを左右にドラッグして、テキストの表示位置(時間)を調整します。
    • [完了]ボタンをクリックして確定します。
  • 補足
  • - テキストには絵文字を挿入することができます。(キーボードの Winodwsキー+ . (ピリオド) キーを押すと、絵文字キーボードを開くことができます)
  • モーション

    ズームやパンなどの効果を追加します。

    モーション

    【操作手順】

    • モーションの一覧の中から、適用したい効果を選択します。
    • [完了]ボタンをクリックして確定します。
  • 補足
  • - 選択できるモーションは、拡大中央へ、縮小中央へ、拡大左へ、拡大右へ、縮小左へ、縮小右へ、左にパン、右にパン、上へ傾ける、下へ傾ける、です。
  • 3D効果

    映像に光や模様、ロゴなどの効果や3Dオブジェクトを配置します。

    3D効果

    【操作手順】

    • 適用したい3D効果を選択します。
    • [完了]ボタンをクリックして確定します。
  • 補足
  • タブを切り替えて3D効果を追加してください。各タブの機能は以下の通りです。
  • - [編集]タブ:配置した3D効果、オブジェクトを編集します。
  • - [効果]タブ:光や模様などの効果を配置します。
  • - [3Dライブラリ]タブ:3Dオブジェクトを配置します。
  • フィルター

    映像にインクやセピアなどの色彩やドット絵などの効果を加えます。

    フィルター

    【操作手順】

    • 適用したいフィルターを選択します。
    • [完了]ボタンをクリックして確定します。
  • 補足
  • 適用可能なフィルターは、クラシック、アドベンチャー、真珠、デニム、アイス、ブラス、セピア、インク、エナジー、ジョイ、スイート、ピクセル、アーケードゲーム、です。
  • 黒いバーの削除(または表示)

    映像の上下(または左右)をカットして、黒帯の部分を削除します。

    黒いバーの削除

    【操作手順】

    • 黒いバーを削除(黒いバーを削除)ボタンをクリックします。
    • 表示されたメニューの中から、[黒いバーの削除]をクリックします。
  • 補足
  • - 映像の上下(左右)がカットされるため、映像の縦横の比率は変わりません。
  • - 出力する映像の縦横比によって、カットされる領域は変化します。
    → 出力する映像の比率は、画面右上にある もっと見る(もっと見る)ボタンから変更できます。
  • タイトルカードの追加

    タイトルを追加します。タイトルカードには、テキストの挿入、背景色の指定ができます。

    タイトルカード

    【操作手順】

    • テキストを入力します。
    • テキストのスタイルとレイアウトを一覧から選択します。
    • テキストの開始/終了のつまみを左右にドラッグして、テキストの表示位置(時間)を調整します。
    • [完了]ボタンをクリックして確定します。
  • 補足
  • - [背景]タブに切り替えると、テキストの背景色を変更することができます。
  • - テキストには絵文字を挿入することもできます。(キーボードの Winodwsキー+.(ピリオド)キーを押すと、絵文字キーボードを開くことができます)
  • ビデオエディターでは、他にも次のような動画の編集・加工を行うことができます。

  • - 速度:映像の再生速度(0.02x 〜 64x)を変更します。
  • - 回転:映像を90度回転(時計回り)させます。
  • - 期間:画像の表示時間を設定します。(静止画・タイトルカードのみ)
  • - BGM:用意された音楽の中から、BGMを選択します。
  • - カスタムオーディオ:音声ファイルをインポートして、オリジナルのBGM、効果音またはナレーションを追加します。
  • 補足
  • - 画面右上にある もっと見る(もっと見る)>[テーマ]を開くと、選択したテーマで用意されたテキスト、効果、BGMを自動で適用することができます。(手動で追加した効果などは破棄されます)
  • STEP3 ビデオエディターで動画を保存する

    動画の編集が終わったら、ムービーとしてファイルに出力しましょう。ビデオエディターでは、一般的な動画フォーマットの一つであるMP4形式で出力(保存)することができます。

    (A)編集した動画をMP4ファイルで保存する

    編集・加工した動画をMP4形式で出力(保存)します。出力するビデオの画質は、高(1080p)、中(720p)、低(540p)から選択できます。保存したファイルは、スマホやタブレットに転送して再生することもできます。

    1 画面右上にある[ビデオの完了]をクリックします。

    ビデオの完了をクリック

    [ビデオの完了]をクリックします。

    2 画質を選択して、[エクスポート]ボタンをクリックします。

    エクスポートをクリック

    [エクスポート]ボタンをクリックします。

    3 保存先・ファイル名を指定して[エクスポート]をクリックします。(MP4ファイルとして保存されます)

    エクスポートをクリック

    [エクスポート]をクリックします。

  • 補足
  • -[ハードウェア アクセラレーターによるエンコードを使用]にチェックをつけると、エクスポートの処理時間を短縮することができます。
  • こちらもおすすめ