Windows Updateの不具合を解決する Windows Update が終わらない(更新が進まない)など、更新に失敗するする場合の解決方法です。


WindowsUpdateで更新に失敗してしまう原因はさまざまですが、Windows10にはWindowsUpdateの一般的な不具合に対するトラブルシューティングのツールがOS標準で搭載されています。 Windows Update で 不具合 などの 問題 が発生した場合は、トラブルシューティングのツールを実行してください。

トラブルシューティングツールでWindowsUpdateの不具合の解決がされない場合は、手動でいくつかの対処が必要となります。


WindowsUpdate(ウインドウズアップデート)とは?
WindowsUpdateはPCを最新の状態に更新する機能です。Windows Updaeで最新の状態に更新することでWindows10上で見つかったセキュリティ上の問題を修復したり、Windows10の新機能を利用することができます。


Windows Update(ウインドウズアップデート)に失敗または途中で停止してしまう場合はトラブルシューティングを実行してください。改善が見られない場合は、SSU(サービススタック更新プログラム)の手動適用およびWindowsUpdateクライアント情報をクリアを実行します。


STEP1 Windows Update の トラブルシューティングツール を実行して、 不具合 を解決する

Windowsに標準で用意されているトラブルシューティングツールを使って問題を解決します。

デスクトップ画面左下の スタートボタン ボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から 設定ボタン ボタンをクリックします。

設定画面が表示されたら更新とセキュリティをクリックします。

設定画面

[更新とセキュリティ]をクリックします。

Windows10にOS標準で用意されているトラブルシューティングツールは、WindowsUpdateの不具合以外にもインターネットの接続トラブルや音が出ない、印刷ができないなどのトラブルに対応したトラブルシューティングツールが用意されています。


設定を開く:スタートボタン + I

画面左のメニューの中からトラブルシューティングをクリックします。

WindowsUpdateのトラブルシューティング

[トラブルシューティング]をクリックします。

WindowsUpdateの失敗時に表示されるエラーコードを確認することで、更新失敗の原因を確認し、解決のヒントを見つけることができます。


トラブルシューティング画面が表示されたら追加のトラブルシューティング ツールをクリックします。

追加のトラブルシューティング画面

[追加のトラブルシューティング ツール]をクリックします。

追加のトラブルシューティング ツール画面が表示されたらWindowsUpdateをクリックします。

WindowsUpdateをクリック

[WindowsUpdate]をクリックします。

WindowsUpdateのサブメニューが表示されたら[トラブルシューティング ツールの実行]ボタンをクリックします。

追加のトラブルシューティングツールの実行

[トラブルシューティング ツールの実行]ボタンをクリックします。

[トラブルシューティングツールの実行]ボタンをクリックするとWindowsUpdateの問題の検出が始まります。

検出された問題の修正確認メッセージが表示されたらこの修正を適用しますをクリックします。

修正の適用

[この修正を適用します]をクリックします。

トラブルシューティングツールによる診断の結果、表示されるメッセージは状況により異なります。手順と異なるメッセージが表示される場合は、画面の指示に従ってトラブルシューティングを進めてください。

「問題を特定できませんでした」とメッセージが表示される場合は、STEP2:サービススタック更新プログラム(SSU)を手動で適用するに進んでください。


関連Q&ASTEP2:サービススタック更新プログラム(SSU)を手動で適用する

修正が完了しトラブルシューティングが完了しましたのメッセージが表示されたら[トラブルシューティング ツールを終了する]をクリックします。

追加のトラブルシューティングツールの終了

[トラブルシューティング ツールを終了する]をクリックします。

トラブルシューティングツールの画面が閉じたら、その他の画面もすべて閉じてWindowsを再起動してください。再起動が完了したら Windows Update の 不具合 が解決しているか確認してください。

  • 解決しないときは?

    STEP2サービススタック更新プログラム(SSU)を手動で適用する

    WindowsUpdateのトラブルシューティングが完了したらWindowsを再起動してください。Windows再起動後にWindowsUpdateが正常に完了するか確認します。

    WindowsUpdateのトラブルシューティングツール実行後も症状に改善がない場合は、Microsoft社の提供するMicrosoftUpdate カタログのページより使用中のWindows10バージョンに対応したサービススタック更新プログラムをダウンロードします。

WindowsUpdateは手動で実行することができます。


関連Q&A更新を手動で実行する|WindowsUpdateのヘルプ

STEP2サービススタック更新プログラム(SSU)を手動実行する

Microsoft社の提供するMicrosoftUpdate カタログのページからサービススタック更新プログラム(SSU)をダウンロードします。サービススタック更新プログラム(SSU)はWindows10のバージョン毎に提供されています。ご利用のWindows10のバージョンを確認してサービススタック更新プログラムをダウンロードしてください。

関連Q&Aビット(32/64bit)数を確認する|Windows ヘルプ

サービススタック更新プログラム(SSU)とは?
WindowsUpdateのインストール処理を行うコンポーネント(ソフト)であるサービススタックを修正するためのプログラムです。これによりWindowsUpdateの実行精度を向上させ、最新の更新プログラムをインストールする際に発生する問題を軽減させます。

インストールされているWindows10のバージョンおよびビット数を確認します。

下表の中から確認した製品バージョン用のダウンロードリンク先をクリックしてMicrosoftUpdate カタログページを開きます。

製品バージョン ダウンロードリンク先 ※2021/6/20更新
Windows 10 バージョン 20H2 ダウンロードページを開く(KB4598481)
Windows 10 バージョン 2004 ダウンロードページを開く(KB4598481)
Windows 10 バージョン 1909 ダウンロードページを開く(KB5003710)
Windows 10 バージョン 1903 ダウンロードページを開く(KB4586863)
Windows 10 バージョン 1809 ダウンロードページを開く(KB5003711)
Windows 10 バージョン 1803 ダウンロードページを開く(KB5001400)
Windows 10 バージョン 1709 ダウンロードページを開く(KBKB4565553)
その他のバージョン サービススタック更新一覧ページを開く

Interenet ExplorerでMicrosoft Updateカタログを開いた場合は初回にUpdate Catalogアドオンのインストールが必要です。


サービススタック更新プログラムはWindows10のバージョンおよびビット数毎に提供がされています。事前にご利用PCのバージョンおよびビット数を確認してください。


関連Q&Aビット(32/64bit)数を確認する|Windows ヘルプ

MicrosoftUpdate カタログのページが開いたら、利用しているPCにインストールされたシステムの種類(ビット数)バージョンが一致する更新プログラム名の右横にある[ダウンロード]ボタンをクリックします。

MicrosoftUpdateカタログページ画面

[ダウンロード]ボタンをクリック。

ダウンロードページが開いたら更新プログラムの ダウンロードリンク(青い文字の部分)をクリックします。

更新プログラムのダウンロードページ画面

ダウンロードのリンクをクリックします。

システムの種類
64ビットの場合 → x64を選択
32ビットの場合 → x86を選択
ARMの場合 → ARM64を選択


(例1)「システムの種類」が64ビットで「バージョン」が20H2の場合:
「x64 ベース システム用 Windows 10 Version 20H2 サービス スタック更新プログラム(KB...)」*と書かれた行の[ダウンロード]ボタンをクリックします。

(例2)「システムの種類」が32ビットで「バージョン」が1909の場合:
「x86 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 サービス スタック更新プログラム(KB...)」*と書かれた行の[ダウンロード]ボタンをクリックします。
* 提供される更新プログラムにより表記は若干異なります。

ダウンロードの確認画面が表示されたら、ファイルを開くをクリックします。

開くボタンをクリック

[ファイルを開く]をクリックします。

画面はChromium版Microsoft Edgeのものです。表示されるメッセージは利用しているブラウザによって異なります。

旧バージョンのMicrosoft Edgeで開いた場合は開くボタンをクリックしてください。


関連Q&AMicrosoft Edgeを使いこなす|Microsoft Edgeのヘルプ

「WindowsUpdate スタンドアロンインストーラー」画面が表示されたら[はい]ボタンをクリックします。

WindowsUpdate スタンドアロンインストーラー画面

[はい]ボタンをクリックします。

インストールの完了画面が表示されたら[閉じる]ボタンをクリックして画面を閉じます。画面が閉じたらその他の画面もすべて閉じてWindowsを再起動します。Windowsの再起動が完了したらWindowsUpdateが正常に完了するか確認してください。

インストール完了画面

[閉じる]ボタンをクリックします。

[はい]ボタンをクリックすると更新プログラムのインストールが始まります。


インストール時に既にインストールされていますとメッセージが表示される場合はSTEP3:WindowsUpdate クライアント情報をクリアするに進んでください。

既にインストールされています

WindowsUpdateは手動で実行することができます。


関連Q&A更新を手動で実行する|WindowsUpdateのヘルプ
  • 解決しないときは?

    STEP3Windows PowerShellでWindowsUpdate クライアント情報をクリアする

    サービススタック更新プログラム(SSU)のインストールが完了したらWindowsを再起動してください。Windows再起動後にWindowsUpdateが正常に完了するか確認します。

    サービススタック更新プログラム(SSU)のインストール完了後も症状に改善がない場合はWindows PowerShellを使ってWindowsUpdate クライアント情報のクリアを行います。

STEP3 Windows Update クライアント情報 をクリアして、アップデートの 不具合 を解決する

WindowsUpdate クライアント情報を削除します。WindowsUpdate クライアント情報を削除することでWindowsUpdateの更新情報が削除され更新状況の整合を取ることができます。

但し、WindowsUpdate クライアント情報を削除することでこれまでのWindowsUpdateの更新履歴が削除されます。削除されるのは履歴情報のみでこれまでインストールされた更新プログラムが削除される訳ではありません。更新履歴を削除してもWindowsの動作および今後のWindowsUpdateの実行には問題はありません。

WindowsUpdate クライアント情報はWindows PowerShellまたはコマンドプロンプトを使うことで削除することができます。

デスクトップ画面左下の スタートボタン ボタンを右クリックします。

表示されたメニューの中からWindows PowerShell(管理者)をクリックします。

スタート右クリックメニュー

[Windows PowerShell(管理者)]をクリックします。

WindowsUpdate クライアント情報とは?
WindowsUpdate時にPC側に保存された更新プログラムの情報です。これにはSoftwareDistributionフォルダーに一時的にダウンロードされたWindowsUpdateの更新プログラムやバックグラウンドで要求された更新プログラムのダウンロード処理(BITS)が含まれます。


WindowsUpdate クライアント情報のクリアを行うとWindowsUpdateの更新履歴が削除されます。

更新履歴の削除後にこれまでのWindowsUpdate更新状況を確認する必要がある場合は、[スタート]→[設定]→[アプリ]→[プログラムと機能]→「インストールされた更新プログラムを表示」を参照してください。

ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は[はい]ボタンをクリックします。

ユーザーアカウント制御画面

[はい]ボタンをクリックします。

Windows PowerShell(管理者)の画面が起動したら cmd とコマンドを入力してキーボードの Enter キーを押します。

コピー

cmd

Powershell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

net stop usosvc

Powershell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

net stop dosvc

Powershellでコマンドを入力

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

このページのQ&A内の操作を行ったときに下記のようなメッセージが表示されることがあります。

①「サービスは開始されていません」と表示される場合:
→ そのまま次の手順へ進んでください。

②「操作可能なプログラムの名前として認識されません」と表示される場合:
→ 入力したコマンドに誤りがあります。入力したコマンドを確認してください。

③「(ファイルが)見つかりませんでした」と表示された場合:
→ そのまま次の手順に進んでください。

④「重複するファイル名が存在するか、またはファイルが見つかりませんでした」と表示される場合:下記の例を参考に入力したコマンドの後ろに任意の英数字を付け足してください。

コマンド入力例:ren %systemroot%SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old123

続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

net stop wuauserv

Powershell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

net stop bits

Powershellでコマンドを実行

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old

Powershellでコマンドを実行

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr0.dat

Powershell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

一部環境では ¥マークの箇所が \ (バックスラッシュ)で表示されますが¥マークに読み替えてください。(¥マークキーを入力してください)

キーは読み替えてください

続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr1.dat

Powershell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

net start bits

Powershellでコマンドを実行

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

net start wuauserv

Powershell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

net start dosvc

Powershell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

net start usosvc

Powershellでコマンドを実行

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

以上でWindowsUpdate クライアント情報のクリアは完了です。すべての画面を閉じてWindowsを再起動してください。再起動が完了したらWindowsUpdateが正常に完了するか確認してください。

  • 解決しないときは?

    STEP4Dismとシステムファイルチェッカーを使ってWindowsシステムファイルを修復する

    WindowsUpdate クライアント情報のクリアが完了したらWindowsを再起動してください。Windows再起動後にWindowsUpdateが正常に完了するか確認します。

    WindowsUpdate クライアント情報のクリアを行った後もWindowsUpdateに失敗する場合は、Windows10のOS標準で用意されているDism(展開イメージのサービスと管理)SFC(システムファイルチェッカー)の2つのシステム修復ツールを使ってWindows10の修復を行います。

WindowsUpdateは手動で実行することができます。


関連Q&A更新を手動で実行する|WindowsUpdateのヘルプ

STEP4システムファイルを修復する

Windows標準で用意されているシステムの回復ツールを使ってWindowsの正常な動作に必要不可欠なシステムファイルを修復します。システムファイルの修復にはWindows標準で用意されているDism(展開イメージのサービスと管理)SFC(システムファイルチェッカー)の2つのツールを利用します。

デスクトップ画面左下の ボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中から Windows PowerShell(管理者) をクリックします。


スタート右クリックメニュー

[Windows PowerShell]をクリックします。

ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、[はい]ボタンをクリックします。


ユーザーアカウント制御画面

[はい]ボタンをクリックします。

Dism(展開イメージのサービスと管理)とは?
Windowsイメージファイルを管理・展開するためのツールです。Windowsイメージからシステムファイルを展開することで破損したファイルを置き換えることができます。正式名は「展開イメージのサービスと管理」です。

SFC(システムファイルチェッカー)とは?
Windowsシステムファイルをスキャンしてファイルの破損・整合性をチェックします。問題が見つかった場合は、システムファイルのキャッシュを使い修復を行います。正式名は「システムファイルチェッカー」です。


関連Q&A不安定になったWindows10パソコンの動作を修復する|Windows ヘルプ

Windows PowerShellが起動したら次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

Windows PowerShell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

「操作可能なプログラムの名前として認識されません」とメッセージが表示される場合は入力したコマンドに誤りがあります。入力内容を確認してください。

修復が完了したら続けて次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

sfc /scannow

Windows PowerShell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

「他のサービスまたは修復操作が実行中です」とメッセージが表示された場合はしばらく待ってから実行し直してください。

システムファイルの修復完了までに時間がかかることがあります。


関連Q&ADism.exeで「ソースファイルが見つかりませんでした」エラー|Windows ヘルプ

修復が完了したら、すべての画面を閉じてWindowsを再起動します。