Question

Windows Update のエラーを解決する
Windows Updateに失敗して、更新プログラムを適用することができません。解決方法を教えてください。

  • 概要
  • Windows Update(Windows アップデート)でエラーが発生して、システムを最新の状態に更新できない時のトラブルシューティングです。本記事では、一般的なWindows Updateのトラブルシューティングのほか、Windows Updateに失敗したときに表示されるエラーコード別に解決策を紹介します。

    Windows Update エラーが発生しました
  • 対象OS
  • Windows10、Windows11

    Question

    Windows Updateのエラーの原因と解決方法はこちら

    テクニカルアドバイザー

    はじめに
    Windows10・Windows11の Windows Update(Windows アップデート)で、エラーが発生して更新プログラムが適用できない場合の解決方法を紹介します。Windows Updateに失敗すると、エラー発生時状況を示すエラーコードが表示されます。エラーコードは、トラブルの原因を特定したり、問題を解決するためのヒントになります。本記事では、表示されたエラーコードを元に、アップデートの問題を解決する方法を紹介します。(エラーコードが確認できない場合の対処方法も紹介しています)

    Windows Updateのエラーを解決する前に

    アバター

    【質問】Windows Updateのエラーを解決する必要はありますか?
    エラーを放置することで何か問題はありますか?

    テクニカルアドバイザー回答
    Windows Updateによるシステムの更新には、新機能の追加だけではなく、見つかったセキュリティ上の問題を修正するパッチも含まれます。修正には緊急性の高いものが含まれることもあり、更新プログラムが適用できない状況をそのまま放置すると、PCウイルス等の感染や不正アクセスにより、システムの破壊や保存されたデータの流出、または なりすましなどの攻撃を受ける危険があります。

    これらのリスクを避けるためにも、Windows Updateに問題が発生したときは、できるだけ早めに対処し、システムを最新の状態に更新してください。

    アバター

    【質問】Windows Update後から、PCが起動できません。
    PCが起動できない状態から修復することはできますか?

    テクニカルアドバイザー回答
    Windows回復環境から、Windows Updateで適用された更新プログラムを削除することができます。自動修復が実行されたときに、下記の操作を行うことで、直近で適用した更新プログラムを削除することができます。

    【更新プログラムの削除手順】

    • 自動修復の画面が表示されたら、[詳細オプション]をクリックします。
    • [トラブルシューティング]をクリックします。
    • [詳細オプション]をクリックします。
    • [更新プログラムのアンインストール]をクリックします。
    • 削除したい更新プログラム(品質または機能更新プログラム)をクリックします。
    • 画面に沿って、更新プログラムの削除を実行*します。

    *更新プログラムの削除方法について、詳しくはこちら リンク を参照してください。

    本記事で紹介する内容は、Windowsが起動できる状態で、更新プログラムの適用が完了しない状況を解決するためのトラブルシューティングです。更新プログラムの適用により Windowsが起動できないWindowsの動作が極端に遅い、動作が不安定 などの問題が発生している場合は、下記のQ&Aを参照して、Windowsを修復してください。

  • 関連Q&A
  • - Windows Updateを削除する リンク
  • - 自動修復でPCを修復できませんでしたと表示されます リンク
  • - Windowsを修復する(システム修復とセットアップ) リンク

  • 公開日 公開日: 2021/08/17 / 最終更新日 最終更新日: 2022/09/13 / author  / twitterこの記事をシェアする

  • 操作手順
  • STEP1 Windows Updateができないときは

    Windows Update で発生する問題は、アップデートで失敗を繰り返す、「更新プログラムを確認しています」 とメッセージが表示されたまま先に進まない、などさまざまです。問題が発生したときに表示されるエラーコードは、Windows Updateの様々な問題を解決する手がかりになります。

  • 関連Q&A Windows Updateを手動で実行する リンク
  • (A)主なエラーコード別の一覧

    Windows アップデートのエラーコードをヒントに、Windows Updateの問題を解決します。下記のエラーコード一覧の中から当てはまるコードを確認して、エラーの原因と対処方法 の項目に書かれた修復手順を実行してください。

    エラーコード エラーの原因と対処方法
    0x80070BC9,0x8024A10A,
    0x80240020,0x80242014,
    0x80246017,

    管理者権限のないユーザーアカウントでログインしている可能性があります。Windows Updateを実行するためには、管理者権限が必要です。PCを再起動して、管理者アカウントでログインしてから、Windows Updateをやり直してください。

  • (手順はこちら)
  • (対処A)管理者アカウントでアップデートする
  • 0x80240034,0x8007000E,
    0x80244018,0x80D02002,
    0x80246017,0x80240438,
    0x80070070,0x80246008,
    0x8024000B,0x80096004,
    0x80070020,0x80240fff

    Windows Updateで使用される、SoftwareDistribution フォルダーに格納されたアップデート情報に問題があるか、BITS*キューが滞留している可能性があります。Windows Updateのトラブルシューティングツールの実行と、SoftwareDistribution フォルダーの再構築 および BITSジョブのクリアを実行してください。

  • (手順はこちら)
  • (対処B)トラブルシューティングを実行する
  • (対処E)Windows Updateクライアントのクリア
  • *BITSとは:使用されていないネットワーク回線の帯域幅を使用して、バックグラウンドでファイルをダウンロードする機能のこと。正式名は、バックグラウンドインテリジェント転送サービス。

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    エラーコードを確認するには?
    Windows Updateで発生する問題の原因を特定するために、Windows Updateのエラーコードを確認します。エラーコードは、設定のWindows Update画面で確認することができます。

    Windows Update エラーコードの確認方法

    • [スタート]>[設定]>[更新とセキュリティ]*とクリックします。
    • 適用に失敗した更新プログラム名に併記された エラーコード を確認します。

    *Windows11の場合は、[スタート]>[設定]>[Windows Update]とクリックしてください。

    エラーカードを確認

    表示されたエラーコードを確認します。

  • 補足 Windows Updateのエラーコードは、適用に失敗した更新プログラム名の後ろに表記されます(上図の場合、0x80070020がエラーコードです)。複数の更新プログラムの適用に失敗している場合は、更新プログラム毎にエラーコードが表示されます。
  • エラーコード エラーの原因と対処方法
    0x80200053,0x8024402F,
    0x80072EFD,0x80072EFE,
    0x80D02002,0x800f0821,
    0x800F0920,0x80070020,
    0x80070003,0x80240022
    0x80070005

    セキュリティソフトや他の常駐アプリの影響で、Windows Updateの実行が妨げられている可能性があります。一時的にすべての常駐プログラムを停止(Windowsをクリーンブート)させてから、Windows Updateを再試行してください。

  • (手順はこちら)
  • (対処C)常駐プログラムを停止する
  • 0x8007000D,0x80242006,
    0x80248007,0x8024000E,
    0x80070422,0x80073701,
    0x800f0988

    Windows Updateで使用される、SoftwareDistribution フォルダーに格納されたアップデート情報に問題がある可能性があります。SoftwareDistributionフォルダーの再構築を実行してください。

  • (手順はこちら)
  • (対処E)Windows Updateクライアントのクリア
  • 0x800f0825,0x800f081f,
    0x800f0831,0x80070570,
    0x80073701,0x8007371b
    0x80072EFE,

    Windowsのシステムファイルが破損している可能性があります。Windows標準で用意されている修復ツール(sfc.exeおよびDism)を使って、システムファイルを修復してください。

  • (手順はこちら)
  • (対処F)システムファイルを修復する
  • 0x8024D009

    WSUS環境でクライアントPCに問題が発生している可能性があります。詳しくは、 WSUS SelfUpdate サービスが自動更新を送信しない(マイクロソフト)外部リンクを参照してください。

    0xc1900208,0xc1900209

    アップデート対象外のアプリの影響で、更新プログラムの適用を妨げている可能性があります。アプリのOS対応状況を確認し、可能であれば該当のアプリをアップデートしてください。アップデート不可の場合は、アプリをアンインストールしてください。

  • (手順はこちら)
  • Windows標準アプリの削除と再インストール リンク
  • 0x800F0923,0xC1900101

    古いデバイスドライバーが原因で、更新プログラムの適用を妨げている可能性があります。PCメーカーまたは接続している周辺機器メーカーのサイトを確認の上、デバイスドライバーを最新の状態に更新してください。また、該当のデバイスドライバーがWindows Updateで配信されている場合は、先に適用してください

  • (手順はこちら)
  • Windows Updateを手動で実行する リンク
  • デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません。

    長い期間、Windows Updateが実行されていない または 適用済みの更新プログラムのバージョンが古すぎるために、Windows Updateが正しく動作していない可能性があります。下記Q&Aの手順を参考に問題を修復してください。

  • (手順はこちら)
  • デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません。 リンク
  • 上記にないエラーコード、または その他の問題

    上記にないエラーコード または エラーコードが確認できない、「更新プログラムを確認しています」と表示されたまま、Windows Updateが開始されないなどの問題が発生している場合は、下記の手順でWindows Updateのエラーを修復してください。

  • (手順はこちら)
  • (対処B)トラブルシューティングを実行する
  • (対処D)サービススタック更新プログラムの適用
  • (対処E)Windows Updateクライアントのクリア
  • (対処F)システムファイルを修復する
  • STEP2 Windows Updateのエラーを修復する

    エラーコードを元に、Windows Updateの問題を修復します。

    (対処A)管理者アカウントでアップデートする

    Windows Updateを実行するためには、管理者権限が必要です。管理者アカウントでWindowsを起動させ、Windows Updateを再試行します。

  • 関連Q&A Windowsのパスワードを忘れたときは リンク
  • 1 Windowsを管理者アカウントで起動します。

    2スタートボタンスタート]>[設定設定]とクリックします。

    3[更新とセキュリティ]をクリックします。

    更新とセキュリティをクリック

    [更新とセキュリティ]をクリックします。

    4[Windows Update]をクリックします。

    更新とセキュリティ

    [Windows Update]をクリックします。

    5 [再試行]ボタンをクリックして、Windows Updateを再試行します。

    再試行をクリック

    [再試行]ボタンをクリックします。

    1 Windowsを管理者アカウントで起動します。

    2スタートボタンスタート]>[設定設定]とクリックします。

    3 メニューの中から[Windows Update]をクリックします。

    WindowsUpdateを選択

    [Windows Update]をクリックします。

    4 更新プログラム名の横にある[再試行]をクリックします。

    再試行をクリック

    [再試行]をクリックします。

  • 補足
  • - 複数の更新プログラムでエラーが発生している場合は、更新プログラム毎にWindows Updateを再試行してください。
  • テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    複数のユーザーアカウントを登録していて、どのアカウントが管理者権限を持っているか分からない場合は、下記の手順で管理者権限を持つアカウントを確認してください。尚、ユーザーアカウントがひとつしかない場合、当該アカウントは必ず管理者権限を持っています。

    【管理者権限を持つアカウントの確認方法】

    • [スタート]ボタンを右クリックします。
    • [ファイル名を指定して実行]をクリックします。
    • 名前欄に netplwiz と入力して[OK]ボタンをクリックします。
    • 表示されたアカウント一覧で、グループの列にAdministratorsと含まれているアカウントが管理者権限を持つユーザーアカウントです。
    ユーザーアカウントの一覧
  • 補足
  • - 管理者権限を持つユーザーアカウントは、複数存在する場合もあります。
  • (対処B)トラブルシューティングを実行する

    Windows標準で用意されているトラブルシューティングツールを使って、Windows Updateの問題を修復します。

    1スタートボタンスタート]ボタンをクリックします。

    2設定設定]をクリックします。

    3[更新とセキュリティ]をクリックします。

    更新とセキュリティをクリック

    [更新とセキュリティ]をクリックします。

    4[トラブルシューティング]をクリックします。

    更新とセキュリティ

    [トラブルシューティング]をクリックします。

    5[追加のトラブルシューティングツール]をクリックします。

    追加のトラブルシューティングツールをクリック

    [追加のトラブル…]をクリックします。

    6 トラブルシューティングの一覧の中から、[Windows Update]をクリックします。

    追加のトラブルシューティング

    [Windows Update]をクリックします。

    7[トラブルシューティングツールの実行]ボタンをクリックします。

    WindowsUpdateのトラブルシューティングツール

    [トラブルシューティング…]をクリックします。

    8 トラブルシューティングが開始されたら、メッセージに従って修復します。

    トラブルシューティングが開始されます

    トラブルシューティングが開始されます。

    9 トラブルシューティングが完了したら、[閉じる]ボタンをクリックします。

    閉じるをクリック

    [閉じる]ボタンをクリックします。

    1スタートボタンスタート]ボタンをクリックします。

    2設定設定]をクリックします。

    3 メニューの中から[システム]をクリックします。

    Windowsの設定

    [システム]をクリックします。

    4[トラブルシューティング]をクリックします。

    システム

    [トラブルシューティング]を選択します。

    5[その他のトラブルシューティングツール]をクリックします。

    トラブルシューティング

    [その他のトラブル…]をクリックします。

    6 Windows Updateの項目にある[実行する]ボタンをクリックします。

    実行するをクリック

    [実行する]ボタンをクリックします。

    7 トラブルシューティングが開始されたら、メッセージに従って修復します。

    トラブルシューティングが開始されます

    トラブルシューティング開始されます。

    8 トラブルシューティングが完了したら、[閉じる]ボタンをクリックします。

    閉じるをクリック

    [閉じる]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • トラブルシューティングツールで検出されるエラーにより、表示されるメッセージは異なります。
  • テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    トラブルシューティングを実行したときに、「Windows Update データベースの破損を修復してください」とメッセージが表示された場合は、[この修正を適用します]をクリックしてデータベースを修復を実行してください。修復が完了しない場合は、次の対処方法へ進んでください。

    (対処C)常駐プログラムを停止する

    バックグラウンドで動作するアプリを停止させ、Windows Updateの実行を妨げる要因を取り除きます。(画面はWindows10ですが、Windows11でも手順は同じです)

  • 関連Q&A Windowsの起動・動作が遅い時の9つの確認ポイント リンク
  • 1スタートボタンスタート]ボタンを右クリックします。

    2[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

    3名前の欄に msconfig とコマンドを入力します。

    コピー

    msconfig

    コマンドを入力します

    コマンドを入力します。

    4 コマンドを入力したら、[OK]ボタンをクリックします。

    OKをクリック

    [OK]ボタンをクリックします。

    5 システム構成が開いたら、[サービス]タブをクリックします。

    サービスタブをクリックします

    [サービス]タブをクリックします。

    6[Microsoft のサービスをすべて隠す]にチェックをつけます。

    Microsoft のサービスをすべて隠すにチェックをつけます

    [Microsoftの…]にチェックをつけます。

    7 画面右下にある[すべて無効]ボタンをクリックします。

    すべて無効をクリック

    [すべて無効]ボタンをクリックします。

    8 画面右下にある[適用]ボタンをクリックします。

    適用をクリック

    [適用]ボタンをクリックします。

    9 続けて、[スタートアップ]タブをクリックします。

    スタートアップをクリック

    [スタートアップ]タブをクリックします。

    10[タスクマネージャーを開く]をクリックします。

    タスクマネージャーを開くをクリック

    [タスクマネージャーを開く]をクリックします。

    11 状態が 有効 と表示されているアプリ名を選択します。

    アプリ名を選択します

    アプリ名を選択します。

    12 画面右下にある[無効にする]ボタンをクリックします。

    無効にするを開くをクリック

    [無効にする]ボタンをクリックします。

    13 同じ手順ですべてのアプリを無効に切り替えます。

    すべてのアプリを無効に切り替えます

    すべてのアプリを無効に切り替えます。

    14 画面右上の[閉じる]ボタンで画面を閉じます。

    閉じるボタンをクリック

    [閉じる]ボタンで画面を閉じます。

    15 システム構成の画面に戻ったら、[OK]ボタンをクリックします。

    OKをクリック

    [OK]ボタンをクリックします。

    16 確認メッセージが表示されたら、[再起動]ボタンをクリックします。

    再起動ボタンをクリック

    [再起動]ボタンをクリックします。

    17 常駐プログラムが停止されました。Windows Updateを再試行して正常に完了するか確認してください。

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    停止した常駐プログラムは、後から手動で元に戻す必要があります。設定を変更する前に、必要に応じて サービス および スタートアップ に登録された各プログラムの状態をメモに控えてください。

    セキュリティソフトなども停止した状態になります。Windows Update完了後は必ず設定を元に戻してください。

    (対処D)サービススタック更新プログラムの適用

    Windows Updateが長期のあいだ実行されていないときや、Windowsの初期化直後など、適用済み更新プログラムのバージョンが古いことが原因で、Windows Updateが正常に完了しないことがります。そのような場合は、Microsoft Update カタログのページから、サービススタック更新プログラム(SSU)をダウンロードして手動で適用します。

    PC用語 サービススタックとは

    Windows更新プログラムのインストールを実行するコンポーネントのことをサービススタックと言います。幾つかの問題を修正した最新版がサービススタック更新プログラム(SSU)として公開されており、適用することでWindows Updateの実行を安定化させることができます。

    Windows Updateで配信されるセキュリティ更新プログラムは、過去の更新内容を累積的に含みますが、現在配信されているSSUよりも以前の更新プログラムが未適用の場合、アップデートに失敗することがあります。そのようなときは、Microsoft Updateカタログから最新のサービススタック更新プログラム(SSU)をダウンロードしてください。

    1 ブラウザを起動して、Microsoft Update カタログ(KB5005260)外部リンク のページを開きます。

    Microsoft Updateカタログを開きます

    Microsoft Updateカタログを開きます。

  • 外部リンク
  • 2021-08XXX ベースシステム用 Windows10 Version XXXX サービススタック更新プログラム(KB5005260) リンク
  • 2 該当する更新プログラムの[ダウンロード]ボタンをクリックします。

    ダウンロードをクリック

    [ダウンロード]ボタンをクリックします。

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    サービススタック更新プログラム(SSU)は、Windowsのバージョン および ビット数 ごとに分けて配信しています。更新プログラムをダンロードする前に、ご利用のシステムのバージョンやビット数を確認してください。

    【システムのバージョンやビット数を確認する方法】

    • [スタート]>[設定]>[システム]とクリックします。
    • [詳細情報]*をクリックします。
    • 表示されたシステムのバージョンやビット数を確認します。

    *Windows11の場合は、[バージョン情報]をクリックしてください。

    システムの詳細情報

    3 ダウンロードのページが開いたら、更新プログラムの[リンク]をクリックします。

    リンクをクリック

    [リンク]をクリックします。

    4[開く]ボタンをクリックします。(画面はMicrosoft Edgeです)

    開くをクリック

    [開く]ボタンをクリックします。

    5 インストーラー画面が表示されたら[はい]ボタンをクリックします。

    はいをクリック

    [はい]ボタンをクリックします。

    6「インストールの完了」と表示されたら、[閉じる]ボタンをクリックします。

    開くをクリック

    [閉じる]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • - ダウンロードしたサービススタック更新プログラム(SSU)よりも新しい更新プログラムが適用済みの場合は、「この更新プログラムはお使いのコンピュータには適用できません」とメッセージが表示されます。但し、異なるバージョン、ビット数のSSUを適用しようとした場合でも同様のメッセージが表示されます。
  • テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    現在配信されているサービススタック更新プログラム(SSU)の最新バージョンは、KB5005260 外部リンク で提供されています。(2022年8月時点)

    最新のサービススタック更新プログラム(SSU) および Windows10の旧バージョン向け更新プログラムの配信状況についてはWindows10 サービススタック更新プログラム(Microsoft)外部リンク のページを参照してください。

    (対処E)Windows Updateクライアントのクリア

    ソフトウェアの再配布フォルダー(%systemroot%\system32\catroot2、%systemroot%\SoftwareDistribution\)の名前をリネームして対象のフォルダーを再構築し、Windows Updateの更新情報を再取得します。また、BITSキューに滞留したWindows Updateのダウンロード情報を同時にクリアします。(画面はWindows10ですが、Windows11でも手順は同じです)

    1スタートボタンスタート]ボタンを右クリックします。

    2[Windows PowerShell(管理者)]*をクリックします。

    *Windows11の場合は、[Windowsターミナル(管理者)]をクリックしてください。

    3 ユーザーアカウント制御が表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

    はいをクリック

    [はい]ボタンをクリックします。

    4 Windows PowerShell(管理者)が起動したら、cmd と入力して Enter キーを押します。

    コピー

    cmd

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    5 続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    net stop usosvc

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    6 続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    net stop wuauserv

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    Windows PowerShelの画面上でマウスを右クリックすると、コピーしたコマンドを貼り付けることができます。

    Windows PowerShell

    7 続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    net stop bits

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    8 続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    net stop cryptsvc

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    9 続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    10 続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    ren %systemroot%\system32\catroot2 catroot2.bak

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    【困ったときは】
    「重複するファイル名が存在するか、またはファイルが見つかりませんでした」と表示されます
    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    過去に SoftwareDistribution フォルダーや catroot2 フォルダーのリネーム(名前の変更)を行ったことがある場合、「重複するファイル名が存在するか、またはファイルが見つかりませんでした」とメッセージが表示される場合があります。そのようなときは、下記のいずれかの方法で対処してください。

  • 【対処方法1】フォルダーを別の名前に変える
  • コマンド末尾(〜Distribution.old や 〜catroot2.bak)の後ろに文字や数字を追加してから、コマンドを実行します。

    【コマンド入力例】末尾に123と追加する

  • (変更前)ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
  • (変更後)ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old123
  • 【対処方法2】過去にリネームしたフォルダーを削除する*
  • 【コマンド入力例】下記のコマンドを入力して指定したフォルダーを削除します。

  • rd %systemroot%\SoftwareDistribution.old /s /q
  • *フォルダーを削除した後、実行できなかったコマンドを再実行してください。
  • Windows PowerShell

    11 続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr0.dat

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    12 続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr1.dat

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    13 続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    net start cryptsvc

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    14 続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    net start bits

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    15 下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    net start wuauserv

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    16 下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    net start usosvc

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    17 Windows PowerShellの画面を閉じて、Windows Updateを再試行します。

    (F)システムファイルを修復する

    Windowsに標準で用意されているSFC(システムファイルチェッカー)およびDism(展開イメージのサービスと管理)を使ってシステムファイルを修復します。(画面はWindows10ですが、Windows11でも手順は同じです)

  • 関連Q&A Windowsを修復する(システム修復とセットアップ) リンク
  • 1スタートボタンスタート]ボタンを右クリックします。

    2[Windows PowerShell(管理者)]*をクリックします。

    *Windows11の場合は、[Windowsターミナル(管理者)]を選択してください。

    3 ユーザーアカウント制御が表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

    はいをクリック

    [はい]ボタンをクリックします。

    4 PowerShellが起動したら、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    システムファイルチェッカー(sfc.exe) および Dismの処理が完了するまでに、数十分程度かかる場合があります。処理が完了するまで、PCの電源を切らずにそのままお待ちください。

    5 Dismの処理が完了したら、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    コピー

    sfc /scannow

    コマンドを入力してEnterキーを押す

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    6 システムファイルの修復が完了したら、画面を閉じてWindows Updateを再試行してくだい。

    こちらもおすすめ