Windows10のシステムを修復する Windows10の動作が不安定になった場合の確認ポイントのまとめとトラブルシューティングです。Windows10にはいくつかの回復オプションが用意されています。Windowsシステムの動作が不安定になった場合は、各STEPの手順を参考にシステムを回復させてください。


システムの動作が不安定になった場合、Windows10にはいつくかの回復オプションが用意されています。はじめにSTEP1:Windowsトラブルチェックシートを参考に診断・原因の特定を行ってください。改善が見られない場合は、Windows10で用意された回復オプションを利用して修復を行ってください。


STEP1Windowsトラブルチェックシートで診断する

Windowsトラブルチェックシートで状態を診断し、原因の特定を行います。

  • Windowsトラブルチェックシート

    Windowsのトラブルチェックシートです。PCの電源が入らない、PCから異常音がするなど、PC本体側の物理的なトラブルが考えられる場合は、PC本体のマニュアルを参照してください。

    Windowsの動作が不安定になる直前にインストールしたアプリはありますか?
    → Windowsの動作が不安定になる直前にインストールしたアプリがある場合は、該当するアプリをアンインストールしてください。アンインストール方法はアプリ付属のマニュアルを参照するか【Q&A】アプリを削除するを参照してください。

    Windowsの動作が不安定になる直前に追加した周辺機器(増設機器)はありますか?
    → 周辺機器(増設機器)を追加したあとにシステムの動作が不安定になった場合は、該当の機器を取り外してください。変化が見られない場合は、該当機器のデバイスドライバーを削除または最新バージョンに更新してください。詳しい手順は、接続した周辺機器のマニュアルを参照してください。

    PCの放電を行っても変化はありませんか?
    → PCの電源を切って、電源ケーブルを一旦外します。ノートPCでバッテリーパックの取り外しが可能な場合は、バッテリーパックも取り外してください。1〜2分程度電源ケーブルを外してPC内部に溜まった電荷を放電(ほうでん)してください。時間がたったらケーブルおよびバッテリーパックを元に戻してPCを起動します。

    BIOSを初期化しても変化ありませんか?
    → BIOS(バイオス)を初期化することで動作が安定する場合があります。PC本体付属のマニュアルを参照してBIOSを初期化してください。

    SAFEモードで動作は安定しますか?
    → Windows10には診断・復旧用の起動モードとしてSAFEモードが用意されています。WindowsをSAFEモードで起動させ、動作を確認します。SAFEモードで動作が安定する場合は、PCにインストールされたアプリ(特に常駐しているアプリ)または内蔵・周辺機器のデバイスドライバーが原因である可能性があります。SAFEモードの起動方法はWindows10をSAFEモードで起動するを参照してください。

    WindowsUpdate実行直後の症状ですか?
    → WindowsUpdate後にシステムの動作が不安定になる場合があります。該当するWindowsUpdateの更新プログラムをアンインストールしてください。

    状態に変化が見られない場合は、STEP2:高速シャットダウンを無効にして再起動するへ進んでください。

取り外し可能な機器(マウスやプリンターなど)があれば、PC放電時にケーブルを外してください。

BIOS (バイオス)とは?
コンピュータに組み込まれたデバイス間のデータ入出力を制御するプログラムを指します。Basic Input/Output Systemの略。


STEP2高速スタートアップを無効にして再起動する

Windows10には高速スタートアップと呼ばれるPCの起動時間を短縮するための機能が搭載されています。Windowsの動作が不安定になった場合は、高速スタートアップを一時的に無効にして再起動してください。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から電源アイコン電源アイコンをクリックします。

キーボードの Shift キーを押しながら再起動をクリックします。

オプションの選択画面が表示されたらPCの電源を切るアイコンをクリックします。

オプションの選択画面で電源を切るをクリック

[PCの電源を切る]をクリックします。

Shift キーを押しながら再起動またはシャットダウンすることで、次回起動時に、PCの電源が完全に切れた状態から起動(コールドブート)することができます。


高速スタートアップとは?
Windows10に用意されたPCの起動時間を短縮する機能の一つです。前回シャットダウン時に休止状態として保存されたデバイス情報やサービスを読み込むことで起動時の読み込み処理を短縮することができます。


オプションの選択画面が表示されない場合は、もう一度操作をやり直してください。

PCの電源が切れたことを確認して、PCの電源を入れ直してください。

  • 解決しないときは?

    PCの電源を入れ直したらWindowsの動作を確認してください。動作が不安定なままであれば次のSTEPに進んでください。

STEP3Windows PowerShellを使ってシステムファイルを修復する

Windowsの正常な動作に必要不可欠なシステムファイルを修復します。システムファイルの修復にはWindows標準で用意されているDism(展開イメージのサービスと管理)SFC(システムファイルチェッカー)の2つのツールを利用します。

システムファイルの修復は完了までに時間がかかることがあります。時間に余裕があるときに行ってください。

デスクトップ画面左下の ボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中から Windows PowerShell(管理者) をクリックします。


スタート右クリックメニュー

[Windows PowerShell]をクリックします。

Dismとは?
Windowsイメージファイルを管理・展開するためのツールです。Windowsイメージからシステムファイルを展開することで破損したファイルを置き換えることができます。正式名は「展開イメージのサービスと管理」です。

SFCとは?
Windowsシステムファイルをスキャンしてファイルの破損・整合性をチェックします。問題が見つかった場合は、システムファイルのキャッシュを使い修復を行います。正式名は「システムファイルチェッカー」です。

ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、[はい]ボタンをクリックします。


ユーザーアカウント制御画面

[はい]をクリックします。

Windows PowerShellの画面が表示されたら、次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

コマンドを入力してEnterキーを押す

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

操作可能なプログラムの名前として認識されませんとメッセージが表示される場合は入力したコマンドに誤りがあります。入力内容を確認してください。


システムファイルの修復完了までに時間がかかることがあります。

続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

sfc /scannow

コマンドを入力してEnterキーを押す

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

他のサービスまたは修復操作が実行中ですとメッセージが表示された場合はしばらく待ってから実行し直してください。


システムファイルの修復完了までに時間がかかることがあります。


関連Q&ADism.exeで「ソースファイルが見つかりませんでした」エラー|Windows ヘルプ

修復が完了したら、すべての画面を閉じてWindowsを再起動します。

  • 解決しないときは?

    Windowsが再起動したら症状が改善しているか確認してください。症状に変化が見られない場合はSTEP4:システムの復元でWindowsを以前の状態に復元するに進んでください。

STEP4システムの復元でWindowsを以前の状態に復元する

Windows10標準で用意されているシステムの復元を使ってPCの動作が不安定になる以前の状態に戻します。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリック クリックします。

表示されたメニューの中からファイル名を指定して実行をクリックします。

ファイル名を指定して実行をクリック

[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

ファイル名を指定して実行画面が表示されたら、名前の枠の中に次のコマンドを入力します。

コピー

rstrui.exe

コマンドを入力

コマンドを入力します

コマンドを入力したら画面下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリックします

[OK]ボタンをクリックします。

システムの復元が起動したら、別の復元ポイントを選択するにチェックをつけます。

別の復元ポイントを選択

[別の復元ポイントを選択]にチェックをつけます。

システムの復元を行うと復元日以降にインストールしたソフトウェアは削除されます。保存データは保持されますが、万が一に備え、データや設定のバックアップを取ってください


推奨される復元ポイントが最適と考えられる場合は、推奨される復元にチェックをつけたまま[次へ]と進んでください。

表示された復元ポイントの一覧の中から復元したいポイントを選択します。

復元ポイントを選択

[復元ポイント]を選択します。

PCの動作が正常だった頃の復元ポイント(日時)を選択してください。


画面左下に他の復元ポイントを表示すると書かれた項目がある場合、チェックをつけると他の日付の復元ポイントが表示されます。

[影響を受けるプログラムの検出]ボタンをクリックすると、選択した復元ポイントにより影響を受ける(削除またはバージョンが戻る)アプリやドライバ名を確認することができます。

復元ポイントを選択したら、画面右下にある[次へ]ボタンをクリックしてください。

次へをクリック

[次へ]をクリックします。

復元ポイントの確認画面が表示されたら、画面右下の[完了]ボタンをクリックします。


システムの復元確認画面

[完了]ボタンをクリックします。

いったん復元を開始したら、中断することはできません。続行しますか?と復元開始の確認メッセージが表示されたら[はい]ボタンをクリックします。


システムの復元開始画面

[はい]ボタンをクリックします。

[はい]ボタンをクリックすると、システムの復元が開始されます。


システムの復元の完了までには時間が掛かる場合があります。復元中はPCの電源を切らないでください。ノートPCの場合はAC電源をつなげてください。

システムの復元を行ったことでPCの動作に異常が発生した場合は、システムの復元で復元前の状態に戻してください。


関連Q&AWindows10でシステムの復元を行う

システムの復元完了のメッセージが表示されたら[閉じる]ボタンをクリックします。


システムの復元完了画面

[閉じる]ボタンをクリックします。

  • 解決しないときは?

    システムの復元が完了したらPCを再起動してWindowsの動作を確認してください。症状が改善していない場合は、STEP5:Windows10をシステムをリセットするに進んでください。

STEP5Windows10のシステムをリセットする

Windows10のリセット機能を使ってPCの状態を初期化します。リセットを実行する際には、ドキュメントやピクチャなどに保存されている個人用ファイルを保持するか選択できますが、万が一に備えて別途データや設定をバックアップしてください。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示された右クリックメニューの中から設定アイコン設定ボタンをクリックします。

設定画面が表示されたら更新とセキュリティをクリックします。

設定画面で更新とセキュリティをクリック

[更新とセキュリティ]をクリックします。

システムのリセットを実行すると(Windows10標準アプリを除く)追加したアプリ設定はすべて削除されます。必要なデータや設定は必ずバックアップしてください。

メーカー製PCの一部のモデルではリセットをサポートしていない場合があります。ご利用の機種でリセットを実行しても問題ないか事前に確認してください。

リセットをサポートしていないメーカー製PCの場合、リセットを実行するとプリインストールのアプリおよびデバイスドライバー等がすべて削除され 復旧できなくなる 場合があります。


設定を開く:
スタートボタン + I

更新とセキュリティ画面に切り替わったら画面左側のメニューの中から回復をクリックします。

回復をクリック

[回復]をクリックします。

回復画面に切り替わったら、サブメニューこのPCを初期状態に戻すの中にある[開始する]ボタンをクリックします。

開始するボタンをクリック

[開始する]ボタンをクリックします。

オプションを選択してくださいと画面が表示されたら[個人用ファイルを保持する]をクリックします。

個人用ファイルを保持するをクリック

[個人用ファイルを保持する]をクリックします。

リセットオプション

個人用ファイルを保持する
ドキュメントやピクチャなどに保存された個人用ファイルを残したままシステムをリセットします。設定や追加したアプリ、デバイスドライバーは削除されます。

すべて削除する
個人用ファイルや設定、追加したアプリ、デバイスドライバーなどすべてを削除してWindowsを初期状態に戻します。

Windowsを再インストールする方法を選択します画面が表示されたら[ローカル再インストール]をクリックします。

ローカル再インストールをクリック

[ローカル再インストール]をクリックします。

クラウドからダウンロードを選択すると、Windowsのイメージファイルをインターネットからダウンロードすることができます。

イメージファイルは大容量です。4GBを超える可能性があるためダウンロードする場合は固定回線でご利用ください。

追加の設定画面が表示されたら画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。

リセットボタンをクリックします追加設定画面で次へ

[次へ]ボタンをクリックします。

リセットのオプション選択画面ですべて削除を選択していた場合は、設定の変更からクリーニングの実行オプションを選択することができます。データのクリーニングを有効にするとすべてのデータを削除して且つデータ復旧を困難にします。

データクリーニングには完了までに数時間以上かかる可能性があります。データのクリーニングはPCを譲渡する場合などに選択してください。

このPCをリセットする準備ができましたと画面が表示されたら画面右下にある[リセット]ボタンをクリックします。

リセットボタンをクリックします

[リセット]ボタンをクリックします。

リセット実行中はPCの電源を切らないでください。

ノートPCの場合は電源に接続する必要があります。

リセット完了までに数十分程度かかる可能性があります。Windowsの再インストール方法でクラウドからダウンロードを選択した場合は、ファイルのダウンロードにも時間を要します。

リセットが完了したらPCの動作が正常に戻っていることを確認します。