Question

セーフモードを起動する5つの方法【Windows10・11】
Windows10 または Windows11で、セーフモード(Safeモード)を起動する方法を教えてください。

  • 概要
  • セーフモードとは、必要最小限のシステムファイルとデバイスドライバーを使用してWindowsを起動する方法です。Windowsの起動に問題が発生したときは、セーフモードを利用することで、トラブルの原因を調査したり、システムを修復することができます。

    セーフモード
  • 対象OS
  • Windows10、Windows11

    Question

    セーフモードを起動させる方法はこちら

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    Windowsが正常に起動できないときは、自動修復Windowの起動に失敗した時に表示される画面のこと。[詳細オプション]からシステムの修復することができます。 の画面からセーフモード リンク を起動して、システムを修復したり、データをバックアップすることができます。


    公開日 公開日: 2021/04/14 / 最終更新日 最終更新日: 2022/07/05 / author  / twitterこの記事をシェアする

  • 操作手順
  • STEP1 セーフモードを起動する5つの方法

    セーフモードを起動するための5つの方法を紹介します。シーンに応じて、実行可能な起動方法を選択してください。

    (A)Windowsの設定から起動する

    Windowsの設定から起動する方法は、セーフモードを確実に起動させる方法の一つです。マウスで操作を進めることができるので、PC初心者でも安心です。


    1 [スタートスタートボタン]ボタンをクリックします。

    スタートボタンをクリック

    [スタート]ボタンをクリックします。

    2 メニューの中から[設定 設定 ]をクリックします。

    設定をクリック

    [設定]をクリックします。

    3 [更新とセキュリティ]をクリックします。

    更新とセキュリティをクリック

    [更新とセキュリティ]をクリックします。

    4 メニューの中から[回復]を選択します。

    回復を選択

    [回復]を選択します。

    5「PCの起動をカスタマイズする」の項目内にある[今すぐ再起動]ボタンをクリックします。

    今すぐ再起動をクリック

    [今すぐ再起動]ボタンをクリックします。

    6「オプションの選択」画面が表示されたら、[トラブルシューティング]をクリックします。

    トラブルシューティングをクリック

    [トラブルシューティング]をクリックします。

    7 [詳細オプション]をクリックします。

    詳細オプションをクリック

    [詳細オプション]をクリックします。

    8[スタートアップ設定]をクリックします。

    スタートアップ設定を選択

    [スタートアップ設定]をクリックします。

    9 スタートアップ設定の画面に切り替わったら、[再起動]ボタンをクリックします。

    再起動をクリック

    [再起動]ボタンをクリックします。

    10 キーボードの 4 キー(セーフモードを有効にする)を押します。

    [4]または[5]キーを押します

    [4]キーを押します。

    11 利用したいアカウントを選択して、Windowsにサインインします。

    サインインします

    Windowsにサインインします。

    12 Windowsがセーフモードで起動しました。(画面の四隅にセーフモードと表示されます)

    セーフモードが起動しました

    セーフモードが起動しました。

    1 [スタートスタートボタン]ボタンをクリックします。

    スタートボタンをクリック

    [スタート]ボタンをクリックします。

    2 メニューの中から[設定 設定 ]をクリックします。

    設定をクリック

    [設定]をクリックします。

    3 メニューの中から[システム]を選択します。

    システムを選択

    [システム]を選択します。

    4 表示された項目の中から[回復]をクリックします。

    回復をクリック

    [回復]をクリックします。

    5「回復オプション」の項目内にある[今すぐ再起動]ボタンをクリックします。

    今すぐ再起動をクリック

    [今すぐ再起動]ボタンをクリックします。

    6 確認メッセージが表示されたら、[今すぐ再起動]ボタンをクリックします。

    今すぐ再起動をクリック

    [今すぐ再起動]ボタンをクリックします。

    7「オプションの選択」画面が表示されたら、[トラブルシューティング]をクリックします。

    トラブルシューティングを選択

    [トラブルシューティング]を選択します。

    8 トラブルシューティングの画面に切り替わったら、[詳細オプション]をクリックします。

    詳細オプションをクリック

    [詳細オプション]をクリックします。

    9 詳細オプションの画面に切り替わったら、[スタートアップ設定]をクリックします。

    スタートアップ設定を選択

    [スタートアップ設定]をクリックします。

    10 スタートアップ設定の画面に切り替わったら、[再起動]ボタンをクリックします。

    再起動をクリック

    [再起動]ボタンをクリックします。

    11 キーボードの 4 キー(セーフモードを有効にする)を押します。

    [4]または[5]キーを押します

    [4]キーを押します。

    12 ユーザーアカウントの選択画面が表示されたら、Windowsにサインインします。

    サインインします

    Windowsにサインインします。

    13 Windowsがセーフモードが起動しました。(画面の四隅にセーフモードと表示されます)

    セーフモードが起動しました

    セーフモードが起動しました。

  • 補足
  • - スタートアップ設定の画面で、キーボードの[F10]キーを押すと、追加のオプションが表示されます。(追加オプションがある場合)
  • - スタートアップ設定で、4)セーフモードを有効にする を選択した場合は、インターネットに接続することができません。
  • - インターネットに接続する必要があり、且つ ネットワークアダプタインターネットやLANに接続するためのデバイス(装置)のこと。 の動作に問題がない場合は、キーボードの 5 キーを押して、セーフモードとネットワークを有効にする を選択してください。
  • (B)コマンドを使って起動する

    シャットダウンコマンドを使って、セーフモード(オプションの選択)起動します。コマンドは、ファイル名を指定して実行 または コマンドプロンプト[スタート]>[windowsシステムツール]>[コマンドプロンプト]と選択して起動します。(Windows11の場合は、[スタート]>[すべてのアプリ]>[Windowsツール]>[コマンドプロンプト])コマンドプロンプト を使って実行することができます。また、実行するコマンドを書き換えることにより、シャットダウンを開始するタイミングを変更することもできます。

    (注意)画面はWindows11ですが、Windows10でも操作方法は同じです。


    1[スタートスタートボタン]ボタンを右クリックします。

    スタートを右クリック

    [スタート]ボタンを右クリックします。

    2 [ファイル名を指定して実行]ショートカットキー:[Win]+[R]キーを選択します。

    ファイル名を指定して実行を選択

    [ファイル名を指定して実行]を選択します。

    3「ファイル名を指定して実行」が開いたら、名前欄に下記のコマンドを入力します。

    クリップボードコピー

    shutdown /r /o /t 0

    コマンドを入力

    コマンドを入力します。

    4 コマンドを入力したら、[OK]ボタンをクリックします。(再起動が始まります)

    OKをクリック

    [OK]ボタンをクリックします。

    5「オプションの選択」画面が表示されたら、以降の操作方法は、(A)Windowsの設定から起動する リンク と同じです。

    トラブルシューティングを選択

    オプションの選択が表示されました。

  • 補足
  • - Shutdownコマンドで指定可能な主なオプションは、以下の通りです。
  • 引数 引数の説明
    /s コンピューターをシャットダウンします。
    /r コンピューターを完全にシャットダウンして再起動します。
    /p タイムアウトまたは警告なしでローカルコンピューターの電源を切ります。
    /h ローカルコンピューターを休止状態にします。
    /o 詳細ブートオプションメニューに移動し、コンピューターを再起動します。/r オプションと併用してください。
    /t XXX シャットダウンまでのタイムアウト期間を XXX 秒に設定します。有効範囲は0 から 315360000(10年)までで、既定は 30 です。

    (C)Shiftキーを使って起動する

    キーボードの[Shift]キーを使った方法は、セーフモードを最も簡単に起動できる方法です。但し、タイムアウトが発生したらり、キー操作のタイミングを誤ると、Windowsが通常通り再起動してしまうことがあります。

    (注意)画面はWindows10ですが、Windows11でも操作方法は同じです。


    1[スタートスタートボタン]>[電源] と選択し、Shiftキーを押しながら、[再起動]をクリックします。

    Shift押しながら再起動

    Shiftキーを押しながら[再起動]をクリックします。

    2 以降の操作方法は、(A)Windowsの設定から起動する リンク と同じです。

    トラブルシューティングを選択

    オプションの選択が表示されました。

  • 補足
  • - オプションの選択画面が表示されなかった場合は、手順をやり直すか、別の方法でセーフモードを起動してください。
  • (D)システム構成から起動する

    システム構成Windowsの管理ツールのひとつで、起動オプションやサービスの実行をカスタマイズすることができます。を使って、Windowsをセーフモードで起動します。この方法は、セーフモードを繰り返し起動する必要があるときに便利な方法です。

    (注意)画面はWindows11ですが、Windows10でも操作方法は同じです。


    1[スタートスタートボタン]ボタンを右クリックします。

    スタートを右クリック

    [スタート]ボタンを右クリックします。

    2[ファイル名を指定して実行]ショートカットキー:[Win]+[R]キーを選択します。

    ファイル名を指定して実行を選択

    [ファイル名を指定して実行]を選択します。

    3「ファイル名を指定して実行」が開いたら、名前欄に下記のコマンドを入力します。

    クリップボードコピー

    msconfig

    コマンドを入力

    コマンドを入力します。

    4 コマンドを入力したら、[OK]ボタンをクリックします。

    OKをクリック

    [OK]ボタンをクリックします。

    5「システム構成」が起動したら、[ブート]タブをクリックします。

    ブートをクリック

    [ブート]タブをクリックします。

    6 ブートオプションの項目内にある、[セーフブート]にチェックをつけます。

    セーフブートにチェック

    [セーフブート]にチェックをつけます。

    7 セーフブートにチェックをつけたら、[OK]ボタンをクリックします。

    OKをクリック

    [OK]ボタンをクリックします。

    8 確認のメッセージが表示されたら、[再起動]ボタンをクリックします。

    再起動をクリック

    [再起動]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • - 次回以降、毎回セーフモードで起動します。
  • - セーフモードの起動を解除するには、システム構成で[セーフブート]のチェックを外してください。
  • - システム構成は、[スタート]>[windows管理ツール]>[システム構成]と選択して起動することもできます。(Windows11の場合は、[スタート]>[すべてのアプリ]>[Windowsツール]>[システム構成]と選択します)
  • (E)自動修復から起動する

    Windowsに何らかの問題が発生し、システムの起動に失敗すると、自動修復Windowの起動に失敗した時に表示される画面のこと。[詳細オプション]からシステムの修復することができます。 の画面が表示されることがあります。自動修復のメッセージが表示された場合は、下記の手順でセーフモードの起動を試すことができます。


    1 Windows起動時に自動修復が表示されたら、[詳細オプション]ボタンをクリックします。

    詳細オプションをクリック

    [詳細オプション]をクリックします。

    2 以降の操作方法は、(A)Windowsの設定から起動する リンク と同じです。

    トラブルシューティングを選択

    オプションの選択が表示されました。

  • 補足
  • - システムに深刻な問題が発生している場合は、セーフモードの起動に失敗することがあります。
  • - Windowsが正常に起動できない状態が続く場合は、自動修復でPCを修復できませんでしたと表示されます リンク を参考に、システムの問題を解決してください。
  • - システムの一時的な問題であった場合、Windowsを再起動することで症状が改善することがあります。
  • こちらもおすすめ