Windows10をセーフモードで起動する方法 Windows10では、システムが起動しない、エラーが発生する、動作が遅いなどのトラブルが発生した場合の回復、診断用のオプションとしてセーフモード(SAFEモード)が用意されています。トラブルが発生した場合は、セーフモードで起動させて診断・回復を行ってください。



セーフモード(SAFEモード)は、Windows10に用意された回復オプションの一つです。Windowsが起動できなくなった時にセーフモードで起動することで原因の特定システムの修復データのバックアップを行うことができます。


STEP1設定からセーフモードを起動する

設定画面から起動のカスタマイズ機能を使ってセーフモード(SAFEモード)を呼び出すもっとも確実な方法です。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が開いたら更新とセキュリティをクリックします。

設定画面で更新とセキュリティをクリック

[更新とセキュリティ]をクリックします。

更新とセキュリティ画面が表示されたら画面左に表示されたメニューの中から回復をクリックします。

回復をクリック

[回復]をクリックします。

セーフモード とは?
Windowsに用意された回復オプションの一つで必要最低限の機能およびデバイスドライバーのみを読み込んで起動させる診断用のモードのこと。


Windowsの通常起動で発生するトラブルがセーフモードで発生しない場合は、セーフモードで読み込まれなかったデバイスドライバー常駐アプリなどが原因の可能性があります。


設定を開く:スタートボタンI

回復画面に切り替わったらサブメニューPCの起動をカスタマイズするの中にある[今すぐ再起動]ボタンをクリックします。

今すぐ再起動をクリック

[今すぐ再起動]ボタンをクリックします。

Windowsが再起動してオプションの選択画面が表示されたら[トラブルシューティング]アイコンをクリックします。

トラブルシューティングをクリック

[トラブルシューティング]をクリックします。

トラブルシューティング画面に切り替わったら詳細オプションアイコンをクリックします。

詳細オプションをクリック

[詳細オプション]をクリックします。

詳細オプション画面に切り替わったらスタートアップ設定アイコンをクリックします。

スタートアップ設定をクリック

[スタートアップ設定]をクリックします。

スタートアップ設定画面に切り替わったら[再起動]ボタンをクリックします。

再起動をクリック

[再起動]ボタンをクリックします。

スタートアップ設定のオプション選択画面が表示されたらキーボードの4キーを押します。

4キーを押します

キーボードの[4]キーを押します。

セーフモードが起動しました。

セーフモードが起動しました

セーフモードが起動しました。



STEP2[Shift]キー + 再起動でセーフモードを起動する

キーボード操作によりSAFEモードを起動させるもっとも簡単な方法です。但し、キーを押すタイミングがずれると通常起動します。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

キーボードのShiftキーを押しながら、電源アイコン電源アイコンを

をクリックします。

Windowsが再起動してオプションの選択画面が表示されたらSTEP1:設定からセーフモードを起動する以降の手順を参考にセーフモードを起動してください。

トラブルシューティングをクリック

STEP1の手順を参考にセーフモードを起動します。

STEP3自動修復からセーフモードを起動する

Windowsが正常に起動できない場合は、自動修復画面からセーフモード(SAFEモード)を起動することができます。

自動修復画面が表示されたら[詳細オプション]ボタンをクリックします。

詳細をクリック

[詳細オプション]ボタンをクリックします。

オプションの選択画面が表示されたらSTEP1:設定からセーフモードを起動する以降の手順を参考にセーフモードを起動してください。

トラブルシューティングをクリック

STEP1の手順を参考にセーフモードを起動します。

自動修復とは?
Windowsの起動処理に問題が見つかった場合に表示される回復オプションの一つです。一時的な問題の場合、再起動して修復を試みることで問題から回復することができます。

自動修復はWindowsの起動に3回連続で失敗したときにも表示されます。


STEP4 ファイル名を指定して実行からセーフモードを起動する

ファイル名を指定して実行からセーフモード(SAFEモード)を起動させます。ファイル名を指定して実行からセーフモードを呼び出す場合は、Shutdownコマンドにオプションスイッチを指定して実行します。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリックします。

表示された右クリックメニューの中からファイル名を指定して実行をクリックします。

ファイル名を指定して実行をクリック

[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

ファイル名を指定して実行画面が表示されたら名前の入力欄に下記のコマンドを入力します。

shutdown /r /o /t 0

名前欄にコマンドを入力します

コマンドを入力します。

ShutdownコマンドはWindows PowerShellで実行することもできます。


ファイル名を指定して実行を開く:
スタートボタンR


コマンドを入力したら画面右下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリックします。

[OK]ボタンをクリックします。

Windowsが再起動してオプションの選択画面が表示されたらSTEP1:設定からセーフモードを起動する以降の手順を参考にセーフモードを起動してください。

トラブルシューティングをクリック

STEP1の手順を参考にセーフモードを起動します。

STEP5スタートアップ設定の起動オプションを確認する

スタートアップ設定で選択可能な起動オプションの一覧です。各起動オプションを選択したときの動作は次の通りです。

スタートアップ設定画面

他にも起動オプションが選択可能な場合はキーボードの F10 キーを押すと追加で起動オプションが表示されます。
追加の起動オプションで回復環境が指定できる場合は、選択することで詳細オプション画面を呼び出すことができます。

デバッグを有効にする
システム管理者用のトラブルシューティングモードで起動します。

ブートログを有効にする
起動時に読み込まれたドライバー一覧をログ(ntbtlog.txt)に残します。

低解像度でビデオを有効にする (640 x 480)
640 x 480の解像度とリフレッシュレートで起動します。

セーフ モードを有効にする
最低限のサービスとドライバーのみでWindowsを起動します。

SAFEモードとネットワークを有効にする
ネットワーク上のPCとインターネット接続に必要なサービスとドライバを読み込んで起動します。

セーフモードとコマンドプロンプトを有効にする
Windowsエクスプローラーの起動に問題がある場合に選択します。

ドライバー署名の強制を無効にする
署名が適切ではないドライバーのインストールを許可します。

起動時マルウェア対策を無効にする
マルウェアの含まれている可能性があるドライバーのインストールを許可します。

障害発生後の自動再起動を無効にする
障害発生時に自動的にWindowsが再起動されないようにします。




WindowsFAQ セレクト横へスクロール >>