Question

Chromeのflags設定とおすすめ機能20選

Google Chromeで、Flags(試験運用版の機能)を有効にする方法と、おすすめのflagsを教えてください。

  • 概要
  • Chromeでflagsを有効にする方法の紹介です。Google Chromeには、標準では有効化されていない多くの隠し機能(試験運用版の機能)が用意されてます。本記事では、flagsの基本的な設定方法と、flagsのおすすめ機能を紹介します。

    Chrome flag 設定
  • 対象OS
  • Windows10、Windows11

  • STEP1 Chromeのflags(試験運用版)を使う
  • (1)Chromeのflagsを有効にする

  • STEP2 Chrome flagsのおすすめ機能20選
  • (1)Chromeの機能を拡張するflags

    (2)Chromeを高速化させるflags

    はじ
    めに
    Chromeのflagsを有効にすることで、標準では利用することができない実験的な機能が利用できるようになります。flagsの中には、標準搭載でもおかしくない機能や、他のブラウザーで既に実装されている機能など、便利なものが多く用意されています。

    flagsを有効にするには、flagsの設定ページを開く必要があります。開いた設定ページで、利用したいflagsのプルダウンメニューから、動作方法を選択するだけで簡単に機能を有効・無効化することが可能です。但し、flagsのページはすべて英文で表記されており、説明も簡略化されています。本記事の内容も参考にして、使ってみたいflagsを探してみてください。

    Chrome

    Chrome標準では有効化されていない、実験的な機能(flags)を有効にすることで、Chromeno先進的な機能をいち早く試すことができます。

    Chrome flags設定

    Chromeのflagを利用するには、アドレスバーに chrome://flags/ と入力。開いたflagsの設定ページで、機能を個別に有効化できます。

    flag 機能

    flagsは、Chromeを再起動するとすぐに使用できます。有効化したflagsが期待したものではなかったり、動作が不安定な場合は、いつでも無効にすることができます。

    flagsは、Chromeで試験的に用意されている、正式な動作保証がされていない機能を有効にするものです。flagsによってはChromeの設定が失われたり、セキュリティに影響を及ぼす可能性があります。対象となるflagsによる影響を理解した上で、有効化してください。


    公開日 公開日: 2022/05/14 / 最終更新日 最終更新日: 2023/01/23 / author  / twitterこの記事をシェアする

    step1 Chromeのflags(試験運用版)を使う

    本ステップでは、Google Chromeで、flagの設定ページを開く方法と、選択した機能を有効化する方法を紹介します。Chromeには多くの試験的機能が用意されており、機能毎に有効/無効化することができます。尚、本記事では、たくさんのflagsの中から、おすすめの機能をいくつか紹介しています。flags有効化の方法と併せてご覧ください。

    (1)Chromeのflagsを有効にする

    Chromeのflags(実験的機能)を有効にする方法の紹介です。flagsを有効にするためには、各機能ごとに設置されたプルダウンメニューから、[Enabled(有効)]、[disabled(無効)]および その他の動作を選択します。Windowsを複数のユーザーアカウントで利用している場合、有効化したChromeのflagsは、アカウントごとに反映されます。

    1 Chromeのアドレスバーに chrome://flags と入力してEnterキーを押します。

    アドレスバーに入力

    chrome://flagsと入力して[Enter]を押す。

    2 表示されたflagsの中から、有効にしたい項目のプルダウンメニューをクリックします。

    プルダウンメニューをクリック

    プルダウンメニューをクリックします。

    ポイント

    [Relaunch]ボタンをクリックするとChromeが再起動され、設定が有効になります。設定を元に戻したいときは、[Default]または[Disabled]を選択するか、flags設定をリセットしてください。

    3 表示されたメニューの中から[Enabled]または[Enabled XXX]*を選択します。

    Enabledを選択

    [Enabled]を選択します。

    *flagsによりプルダウンメニューで選択できる項目は異なります。

    4 画面右下に表示された[Relaunch]ボタンをクリックします。

    Relaunchをクリック

    [Relaunch]ボタンをクリックします。

    ヒント

    Chromeのflagsを有効にしたことで動作が不安定になったときは

    テクニカルアドバイザー

    Chromeのflagsの中には、標準仕様でもおかしくない便利な機能が多数ありますが、あくまで「実験的機能」であるため、環境によっては意図しない動作をする可能性があります。

    flagsを有効にしたことにより、Chromeの動作が不安定になった場合は、下記の手順でflags設定をリセットしてください。flagsのリセットを実行することで、すべてのflags設定を初期値に戻すことができます。(リセットされるのは、flagsの設定のみです)

    Chromeのflags設定をリセットする方法

    Chrome アドレスバー

    Google Chromeを起動し、アドレスバーに chrome://flags と入力して[Enter]キーを押します。

    Chrome flags

    flagsのページに切り替わったら、ページ右上にある[Reset all]ボタンをクリックします。

    flag リセット

    画面右下の[Relaunch]をクリックすると、Chromeが再起動され、すべてのflags設定がリセットされます。

  • 関連Q&A Chromeのキャッシュをクリアする リンク
  • step2 Chrome flags のおすすめ機能20選

    Chromeのflagの中からおすすめの機能を紹介します。ここで紹介する機能は、どれもChrome標準で実装されていてもおかしくない機能ばかりです。気になるflagsがあれば、プルダウンメニューから有効化することで、すぐに利用を試すことができます。尚、用意されているflagsは、Chromeのバージョンにより異なります。また、Chrome標準で有効になっている場合もあります。

    (1)Chromeの機能を拡張するflags

    ここでは、Chromeの機能を拡張して、ページ閲覧をもっと便利にしてくれるflagsを紹介します。特にタブやサイドパネルのflagsの中には、便利な機能が多く用意されています。ご自身の利用スタイルにあったflagsを探してみてください。

    ヒント

    気になるflagを簡単に見つけるには

    ページ上部にある検索ボックスに英語でキーワードを入力すると、関連するflagsを抽出して表示することができます。また、flagsのリンク(URL)が分かっている場合は、Chromeのアドレスバーにリンクを入力することで、該当のflagsの項目までジャンプすることができます。

    chrome://flags

    リンクをChromeのアドレスバーに入力すると、該当するflag項目へジャンプします。

    Overlay Scrollbars(Chromeのスクロールバーをオーバレイで表示する)

    Chromeでオーバーレイスクロールバーの実装を有効化します(スクロールバーがウインドウ枠ではなく、ページ内に表示されます)。これによりページの表示幅が少し広がり、スクロールバーが非表示になることで、デザイン性も向上します。

    オーバーレイスクロールバーを有効にしたいときは、Overlay Scrollbarsのプルダウンメニューを[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#overlay-scrollbars

    Overlay Scrollbars

    スクロールバーの領域が消え、スクロールバーがページの上にオーバーレイ表示します。

    Auto Dark Mode for Web Contents(ページをダークモードで表示します)

    Chromeで開いたWebページを、ダークモードで表示します。ダークモードにはいくつかのテーマが用意されており、プルダウンメニューで後ろに[with ○○○○]と書かれた項目を選択することにより、ボタンやラベルなどのコンテンツの色を変更することができます。

    ダークモードを有効にしたいときは、Auto Dark Mode for Web Contentsを[Enabled]または[Enabled with XXXX]に設定してください。

    リンク chrome://flags/#enable-force-dark

    Auto Dark Mode for Web Contents

    Chromeで開くページをダークモードで表示します。

    Tab audio muting UI control(タブのミュート切り替えを簡単にします)

    タブに表示されるスピーカーアイコンをクリックすると、タブで開いているサイトの音声を素早く消音(ミュート)にすることができます。アイコンクリックだけで、音声のオン/オフを切り替えができるので、タブメニューを開く必要がなくなります。

    Tab audio muting UI controlを有効にしたいときは、[Enabled]に設定してください。

    リンク chrome://flags/#scrollable-tabstrip

    Tab audio muting UI control

    アイコンをクリックする度に、音声のオン/オフを切り替えできます。

    Tab Scrolling(Chromeのタブをスクロールできるようにします)

    Tab Scrollingを有効にすることで、タブが画面に収まらなくなったときに、タブの右端に矢印ボタンが表示され、タブをスクロールできるようになります。タブは、マウスを使って左右スクロールすることも可能です。

    Tab Scrollingを有効にしたいときは、[Enabled]または[Enabled - XXXX]に設定してください。

    リンク chrome://flags/#scrollable-tabstrip

    Tab Scrolling

    タブは、矢印ボタン または マウスの左右スクロールでスクロールできます。

    Tab Hover Card Images(タブにマウスカーソルを合わせるとプレビューが表示されます)

    タブにマウスカーソルを合わせると、ページのプレビューがカード形式で表示されます。設定のプルダウンメニューで[Enabled]を選択すると、カードのテキスト位置がプレビュー画像の上に、[Enabled alternate hover card format]を選択すると、テキストが下に表示されます。

    Tab Hover Card Imagesを有効にしたいときは、[Enabled]または[Enabled alternate hover card format]に設定します。

    リンク chrome://flags/#tab-hover-card-images

    Tab Hover Card Images

    設定により、カードのテキスト位置を、プレビュー画像の上 または 下に移動させることができます。

    Tab Groups Save(タブグループを保存します)

    Tab Groups Saveを有効にすると、タブグループを右クリックしたときに、メニューに[グループを保存する]という項目が追加され、タブグループを保存できるようになります。保存したタブグループを再表示したいときは、履歴に表示されたタブ名をクリックして開きます。

    Tab Groups Saveを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#tab-groups-save

    Tab Groups Save

    有効にすることで、タブグループを保存できるようになります。

    Fuzzy search for Tab Search(タブ検索であいまい検索を有効にします)

    タブ検索を実行するときに、あいまい検索を有効にします。あいまいのレベルは調整することが可能で、small、medium、largeの中から選択することができます。

    Fuzzy search for Tab Searchを有効にするには、[Enabled]または[Enabled Fuzzy level XXX]に設定します。

    リンク chrome://flags/#tab-search-fuzzy-search

    Fuzzy search for Tab Search

    タブ検索であいまい検索を有効にします。

    Password notes in settings(パスワードにメモを追加できるようにします)

    Chromeに保存されたアカウント名およびパスワードに、メモを追加登録することができるようになります。メモを追加するには、Chromeの設定を開き、[自動入力]>[パスワード マネージャー]とクリックして、パスワードの編集画面を開いてください。

    Password notes in settingsを有効にしたいときは、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#password-notes

    Password notes in settings

    アカウントとパスワード以外の情報をメモとして記録することができます。

    Fill passwords on account selection(アカウント選択後にパスワードを自動入力します)

    Chromeでパスワードが保存されたページのサインイン画面を開いたときに、パスワードが自動入力されるのを停止します。パスワードを入力するには、テキストボックスをクリックしたときに表示されるアカウント名の選択を必要にします。

    Fill passwords on account selectionを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#fill-on-account-select

    Fill passwords on account selection

    iPhone(Safari)などと同様にアカウント名を選択した後に、パスワードが自動入力されます。

    Search web in side panel(ページ内テキストの検索結果をサイドパネルに表示します)

    ページ内のテキストを選択して右クリック >[Googleで ○○○ を検索]をクリックすると、通常は新しいタブで検索結果を表示しますが、Search web in side panelを有効にすることで、選択したテキストの検索結果をサイドパネルで表示します。

    Search web in side panelを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#search-web-in-side-panel

    Search web in side panel

    分からない単語の意味を調べたいときに、サイドパネルですぐに確認できるようになります。

    Side panel webview(サイドパネルでWebページを表示します)

    Side panel webviewを有効にすると、サイドパネルでWebページを表示できるようになります(タートページとして、Chromeに内蔵する隠しゲームが開きます)。サイドパネルでページを開くときは、パネル内のアドレスバーにURLを貼り付けてください。

    Side panel webviewを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#side-panel-web-view

    Side panel webview

    サイドパネルでWebページを開くことができます。

    Desktop Screenshots(Chromeでスクリーンショットを撮影します)

    Chromeにスクリーンショットの機能を実装します。スクリーンショットを撮影するには、アドレスバー内にある[共有]アイコンをクリックし、メニューから[スクリーンショット]を選択してください。また、flagsの[Desktop Screenshots Edit Mode]を有効(Enabled)にすると、撮影したスクショを編集できるようになります。

    Desktop Screenshotsを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#sharing-desktop-screenshots

    Desktop Screenshots

    撮影したスクリーンショットは、[ダウンロード]ボタンをクリックするとファイル保存されます。

    Quick Commands(コマンドでChromeを操作できるようになります)

    Chromeをコマンドで操作できるようになります。コマンドを入力するインターフェースは、[Ctrl]+[Space]キーを押すと開くことができ、キーワードを入力すると、該当するアクションコマンドを検索できます。(一部のコマンドは日本語に対応しています)

    Quick Commandsを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#quick-commands

    Quick Commands

    キーボード操作のみで、各設定メニューを素早く開いたり、処理を実行することができます。

    Enable download bubble(ダウンロードの進行状況をバブル表示にする)

    Chromeでファイルをダウンロードしたときに、ダウンロードの進行状況を、Microsoft Edgeのようなバブル表示(ウインドウの右上にウインドウで通知)に切り替えることができます。ダウンロード通知を画面下部に表示させたくないときに有効な機能です。

    Enable download bubbleを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#download-bubble

    Enable download bubble

    ダウンロード通知を、EdgeやSafariなどの他ブラウザと同じ形式にします。

    Touch UI Layout(ChromeのUIをタッチパネル向けに最適化します)

    有効にすると、Chromeのデザインがタッチパネル搭載PC向けに最適化されます。この機能はタッチパネルが搭載されていないPCでも有効です。1.ウインドウが常にフルスクリーンで表示されます(ウインドウ表示はできません)2.ツールボタンやアドレスバーの表示サイズが大きくなります。

    Touch UI Layoutを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#top-chrome-touch-ui

    Touch UI Layout

    常にフルスクリーン表示したいときや、ツールバーアイコンを大きく表示したいときに有効な機能です。

    History Journeys(履歴のジャーニー機能を有効にします)

    履歴のジャーニー機能を有効にすると、閲覧した履歴やページ遷移を関連するサイト単位でまとめて表示することができます。また、Side panel Journeysを有効(Enabled)にすると、サイドパネルでジャーニーを開くことができるようになります。

    History Journeysを有効にするには、[Enabled]に設定します。[Enabled All Supported Locales]を選択すると、すべての履歴を対象とします。

    リンク chrome://flags/#history-journeys

    History Journeys

    サイト単位でページの閲覧履歴を確認することができます。

    (2)Chromeを高速化させるflags

    対象のflagsを有効にすることで、Chromeのページ表示速度やファイルダウンロードなどを高速化させます。これらのflagsを有効にすることで、Chromeのパフォーマンスが向上する可能性がありますが、環境によっては正しく動作しない場合もあります。flagsを有効にしたことで、Chromeの動作が不安定になった場合は、いつでも設定を元に戻すことができます。

    Smooth Scrolling(ページのスムーズスクロールを有効にします)

    スムーズスクロールを有効にすると、マウスでページをスクロールしたときに、ページの描画が滑らかに表示されます。

    Smooth Scrollingを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#smooth-scrolling

    GPU rasterization(画像描写のパフォーマンスを向上させます)

    GPUを使用してWebコンテンツをラスタライズするように設定します。有効にすることで、ページ表示のパフォーマンスが向上する可能性があります。ページ内のボタンやラベル、画像などの表示が乱れる場合は、無効にしてください。

    GPU rasterizationを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#enable-gpu-rasterization

    Parallel downloading(ファイルの並行ダウンロードを有効にします)

    ファイルの並行ダウンロードを有効にすることで、同一ホストからのダウンロード数を増やし、ダウンロード速度を向上させます。

    Parallel downloadingを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#enable-parallel-downloading

    Closed Tab Cache(閉じたタブのキャッシュを有効にします)

    閉じたタブのキャッシュを有効にします。この機能により、閉じたタブを開き直したときに、ページを素早く再表示できるようになります。(実験的な機能であるため、有効にすると問題が発生する可能性があります)

    Closed Tab Cacheを有効にするには、[Enabled]に設定します。

    リンク chrome://flags/#closed-tab-cache