Question

Chromeのflags設定とおすすめ機能14選
Google Chromeで、Flags(試験運用版の機能)を有効にする方法を教えてください。

  • 概要
  • Chromeのflags設定の紹介です。Google Chromeには、デフォルトでは有効化されていない多くの隠し機能(試験運用版の機能)が用意されてます。ここでは、Chromeのflagsを有効化する方法とおすすめの機能を紹介します。

    Chrome flag 設定
  • 対象OS
  • Windows10、Windows11

  • もくじ
  • STEP1 Chromeのflagsを設定する
  • (A)Chromeのflags設定の有効化 リンク

    (B)flags設定をリセットする リンク

  • STEP2 Chrome flagsのおすすめ機能14選
  • (A)Chromeの機能を拡張する リンク

    (B)Chromeのパフォーマンス向上 リンク

  • 操作手順
  • STEP1 Chromeのflagsを設定する
    Google Chromeのflagの設定方法です。Chromeでは多くの試験的機能が用意されており、機能毎に有効/無効化を設定することができます。

    (A)Chromeのflags設定の有効化
    Chromeの実験的機能を有効化します。機能を有効にするためには、各項目にあるプルダウンメニューで設定します。Windowsを複数のユーザーアカウントで利用している場合、有効化した機能は、アカウントごとに反映されます。


  • flags設定は、Google Chromeで実験的に用意されている機能を有効にするものです。機能によってはChromeの設定が失われたり、セキュリティに影響を及ぼす可能性があります。対象となる実験的機能による影響を理解した上で有効化してください。
  • 1 Chromeを起動して、アドレスバーに chrome://flags と入力してEnterキーを押します。

    クリップボードコピー

    chrome://flags

    アドレスバーに入力

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    2 表示されたflagsの中から、有効にしたい項目のプルダウンメニューをクリックします。

    プルダウンメニューをクリック

    プルダウンメニューをクリックします。

    3 表示されたメニューの中から[Enabled]または[Enabled XXX]を選択します。

    Enabledを選択

    [Enabled]を選択します。

    4 画面右下に表示された[Relaunch]ボタンをクリックします。

    Relaunchをクリック

    [Relaunch]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • -[Relaunch]ボタンをクリックするとChromeが再起動され、選択した機能が有効になります。
  • - 選択した機能により、プルダウンメニューで選択できる項目は異なります。
  • - 有効化した機能を元に戻したい場合は、プルダウンメニューで[Default]または[Disabled]を選択するか、(B)flags設定をリセットする リンク を参考に設定を初期化してください。
  • (B)flags設定をリセットする
    変更したすべての試験的機能を初期値に戻します。Chromeの動作に問題が発生した場合は、以下の手順でflags設定を初期化してください。(初期化される設定は、flagsのみです)


    1 Chromeを起動して、アドレスバーに chrome://flags と入力してEnterキーを押します。

    クリップボードコピー

    chrome://flags

    アドレスバーに入力

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    2 flagsのページに切り替わったら、ページ右上にある[Reset all]ボタンをクリックします。

    Reset allをクリック

    [Reset all]ボタンをクリックします。

    3 画面右下に表示された[Relaunch]ボタンをクリックします。

    Relaunchをクリック

    [Relaunch]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • -[Relaunch]ボタンをクリックするとChromeが再起動され、すべてのflags設定が初期値に戻ります。
  • STEP2 Chrome flagsのおすすめ機能14選
    Google Chromeのflagで利用できるおすすめ機能の紹介です。対象の機能を有効にすることで、Chromeに実装された実験的機能を利用できます。

    (A)Chromeの機能を拡張する
    ここでは、Chromeの機能を拡張するflagsを紹介します。各flagsの リンク 欄に書かれたURLをChromeのアドレスバーに入力すると、該当のflagsへジャンプできます。


    (1)Overlay Scrollbars
    スクロールバーをオーバレイ表示

    Overlay Scrollbars
  • 効果
  • オーバーレイスクロールバーの実装を有効化します。(スクロールバーがウインドウではなく、ページ上に表示されます)
  • 有効化の方法
  • Overlay Scrollbarsを[Enabled]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#overlay-scrollbars
  • (2)Auto Dark Mode for Web Contents
    ページをダークモードで表示

    Dark mode
  • 効果
  • Webページをダークモードで表示します。ボタンやラベルなどのWebコンテンツは、複数のテーマから選択できます。
  • 有効化の方法
  • Auto Dark Mode for Web Contentsを[Enabled]または[Enabled with XXXX]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#enable-force-dark
  • (3)Tab Scrolling
    タブをスクロール

    Tab Scrolling
  • 効果
  • タブが画面に収まらなくなると、タブの右端に表示されるボタン または マウスでタブを左右スクロールできるようになります。
  • 有効化の方法
  • Tab Scrollingを[Enabled]または[Enabled - XXXX]に設定します。
    ※画面は[Enabled -tabs shrink to a large with]を選択した場合のタブ表示です。
  • リンク
  • chrome://flags/#scrollable-tabstrip
  • (4)Tab Hover Card Images
    タブのプレビュー表示

    Tab Hover Card Images
  • 効果
  • タブにマウスカーソルを合わせると表示されるタブのホバーカードに、ページのプレビュー画像を表示します。
  • 有効化の方法
  • Tab Hover Card Imagesを[Enabled]または[Enabled XXXX]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#tab-hover-card-images
  • (5)Password notes in settings
    パスワードのメモ機能

    Password notes in settings
  • 効果
  • Chromeに保存したサイトパスワードに、メモを登録することができるようになります。パスワード編集の画面は、Chromeの設定画面から[自動入力]>[パスワード]と選択して開きます。
  • 有効化の方法
  • Password notes in settingsを[Enabled]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#password-notes
  • (6)Password import
    パスワードのインポート機能

    Password import
  • 効果
  • CSV形式のパスワードをインポートできるようになります。この機能により、Edgeや他アプリでエクスポートしたCSV形式のパスワードリストを、Chromeにインポートできます。
  • 有効化の方法
  • Password importを[Enabled]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#password-import
  • (7)Desktop Screenshots
    ページのスクリーンショット

    Desktop Screenshots
  • 効果
  • Chromeで表示したページのスクリーンショットを撮ることができるようになります。
    【スクリーンショットの手順】共有アイコン >[スクリーンショット]と選択します。
  • 有効化の方法
  • Desktop Screenshotsを[Enabled]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#sharing-desktop-screenshots
  • (8)Quick Commands
    コマンドでブラウザを操作

    Quick Commands
  • 効果
  • Chromeをコマンドで操作できるようになります。コマンドインターフェースは、CtrlSpace キーを押すと開きます。
  • 有効化の方法
  • Quick Commandsを[Enabled]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#quick-commands
  • (9)Enable download bubble
    ダウンロードのバブル表示

    Enable download bubble
  • 効果
  • ファイルダウンロードの進行状況を、Microsoft Edgeのようなバブル表示(ウインドウの右上に通知)に切り替えます。
  • 有効化の方法
  • Enable download bubbleを[Enabled]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#download-bubble
  • (10)Center-aligned Autofill suggestions.
    自動入力フィールドの位置設定

    Center-aligned Autofill suggestions.
  • 効果
  • 自動入力(住所やメールアドレス、パスワードなど)のポップアップフィールドの位置を設定します。デフォルトの表示位置は中央ですが、無効(Disabled)にすることで、左寄せに変更できます。
  • 設定方法
  • Center-aligned Autofill suggestions.を[Disabled]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#autofill-center-aligned-suggestions
  • (11)History Journeys
    履歴のジャーニー機能

    History Journeys
  • 効果
  • 履歴のジャーニー機能を有効にします。ジャーニーでは、閲覧履歴を関連するページ毎にまとめて表示することができます。
  • 有効化の方法
  • History Journeysを[Enabled]または[Enabled XXX]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#history-journeys
  • 補足
  • -「Center-aligned Autofill suggestions.」で自動入力のポップアップを左寄せにするには、プルダウンメニューで[Disabled]を選択してください。
  • (B)Chromeのパフォーマンス向上
    該当の機能を有効にすることで、Chromeのパフォーマンスが向上する可能性があります。有効にすることで動作が不安定になった場合は、設定を元に戻してください。


    (1)Smooth Scrolling
    ページのスムーズスクロール

  • 効果
  • スムーズスクロールを有効にします。有効にするとページスクロールが滑らかになります。
  • 有効化の方法
  • Smooth Scrollingを[Enabled]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#smooth-scrolling
  • (2)GPU rasterization
    画像描写のパフォーマンス向上

  • 効果
  • GPUを使用してWebコンテンツをラスタライズするように設定します。有効にすることで、ページ表示のパフォーマンスが向上する可能性があります。
  • 有効化の方法
  • GPU rasterizationを[Enabled]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#enable-gpu-rasterization
  • (3)Parallel downloading
    ファイルを並行ダウンロード

  • 効果
  • ファイルの並行ダウンロードを有効にします。有効にすることで、同一ホストからのダウンロード数を増やし、ダウンロード速度を向上させます。
  • 有効化の方法
  • Parallel downloadingを[Enabled]に設定します。
  • リンク
  • chrome://flags/#enable-parallel-downloading
  • 補足
  • - GPU rasterizationを有効化した場合、環境によっては表示が乱れる可能性があります。(ページ表示に問題が発生した場合は、機能を無効化してください)
  • 困ったときは
  • Q:flags設定を有効にしたところ、Chromeの動作が不安定になりました。
  • (B)flags設定をリセットする リンク を参考に、flags設定をリセットしてください。リセットを行なっても動作に変化が見られない場合は、Chromeの設定画面を開き、[リセットとクリーンアップ]>[設定を元の既定日戻す]>[設定のリセット]と選択し、Chromeの設定を初期化してください。

    こちらもおすすめ
  • Password Importを有効にすると、Microsoft Edgeに登録したログインパスワードをChromeにインポートすることができます。Edgeのパスワード管理については、こちら リンク