Windows 10でスタートボタンが反応しない Windows 10でスタートボタンをクリックしても開かない(反応がない)またはスタートメニューが表示されてもすぐに消えてしまう場合のトラブルシューティングです。PCを再起動しても症状が改善しない場合は、Windowsで用意された回復オプションを使って、StartMenu Experience Hostの修復を行います。



Windows 10スタートボタンスタートボタンをクリックしても反応しない、またはスタートメニューが表示されてもすぐに消えてしまう不具合が発生した場合のトラブルシューティングです。スタートボタンが反応しない場合は、はじめにタブレットモードの確認PCの再起動をしてください。PC再起動後も変化がない場合は、Windows PowerShellを使ってStartMenu Experience Hostの修復を行います。StartMenu Experience Hostはエクスプローラーの動作中は修復することができません。修復前にタスクマネージャーを使ってエクスプローラーを終了させてください。


StartMenu Experience Hostとは?
Windows 10でスタートメニューの動作を制御するアプリです。StartMenu Experience Hostによってエクスプローラー(シェル)との連携やスタートメニューから選択したアプリの読み込みがされます。


関連Q&Aスタートボタンを右クリックしても反応しない|Windows ヘルプ

STEP1タブレットモードのオン/オフを確認する

タブレットモードのオン/オフを確認します。タブレットモードがオンの状態ではスタートボタンクリック しても反応しません

スタートボタンの修復オプション(StartMenu Experience Hostの修復)前にタブレットモードの状態を確認してください。タブレットモードが有効になっている場合はスタートボタンスタートボタンをクリックしても反応しません。タブレットモードをオフに切り替えてスタートボタンが反応するか確認してください。

デスクトップ画面右下にある アイコンをクリックします。


クイックアクション内にあるタブレットモードをクリックしてオフにします。

アクションセンター

[タブレットモード]をクリックします。

タブレットモードがはじめからオフの場合は、STEP2:PCを再起動するに進んでください。


タブレットモードのパネルが濃い青色のときはタブレットモードがオン薄いグレーのときはタブレットモードがオフの状態です。

STEP2PCを再起動する

Windowsシステムの一時的な問題の場合、PCを再起動させることで改善することがあります。

キーボードのCtrlAlt + Delキーを同時に押します。

ブルーの画面に切り替わったら、画面右下にある電源アイコン電源アイコンをクリックします。

表示されたメニューの中から再起動をクリックします。再起動後、スタートボタンが反応するか確認してください。

マウスの右クリックが反応する場合は、スタートボタンスタートボタンを右クリック して[シャットダウンまたはサインアウト][再起動]を選択してください。



STEP3StartMenu Experience Hostの修復を行う

Windows PowerShellを使ってStartMenu Experience Hostの修復を行います。

StartMenu Experience Hostの修復を行います。修復はユーザーフォルダー内にあるStartMenu Experience Hostをパッケージごとリネーム(名前の変更)させ、デフォルトのフォルダーから自動コピーさせることによって修復させます。




デスクトップ画面左下にある ボタンを右クリック します。


表示されたメニューの中からタスクマネージャーをクリックします。

スタート右クリックメニュー

[タスクマネージャー]をクリックします。

右クリックも反応がない場合は、キーボードのCtrl+Shift+Escキーを同時に押してタスクマネージャーを起動してください。


タスクマネージャーの起動:
Ctrl + Shift + Escキー

タスクマネージャーの画面が表示されたら、画面左下にある詳細をクリックします。

タスクマネージャー簡易画面

[詳細]をクリックします。

画面左下の文字が簡易表示と表記されている場合は既に詳細(画面)に切り替わっている状態です。その場合は④に進んでください。


関連Q&Aスタートボタンを右クリックしても反応しない|Windows ヘルプ

下図のように詳細(画面)に切り替わったら、プロセスタブ内のプロセス一覧の中からエクスプローラーと書かれた項目を右クリック します。

タスクマネージャー詳細画面

「エクスプローラー」を右クリックします。

カタカナでエクスプローラーと表記されています。


表示された右メニューの中からタスクの終了をクリックします。


タスクマネージャー右クリックメニュー

[タスクの終了]をクリックします。

エクスプローラーを終了すると、画面下のタスクバーが閉じられスタートボタンの表示も消えます。これはWindowsのシェルであるエクスプローラーを終了したためです。StartMenu Experience Hostの修復に必要な操作となるので、そのまま手順を進めてください。このあとの操作で表示は元に戻ります。


シェルとは?
Windowsへアクセスするためのプログラムのことを指します。Windows内で管理されているファイルやプログラムなどはWindows標準シェルであるエクスプローラーを介して読み込みがされます。

続けてタスクマネージャー画面の左上にあるメニューの中からファイルをクリックします。


タスクマネージャー詳細画面

[ファイル]をクリックします。

表示されたメニューの中から新しいタスクの実行をクリックします。


タスクマネージャーファイルメニュー

[新しいタスクの実行]をクリックします。

新しいタスクの作成画面が表示されたら入力枠内に powershell と入力します。

powershell

新しいタスクの作成画面

コマンドを入力します。

コマンドを入力したら画面下にある[OK]ボタンをクリックします。


新しいタスクの作成画面

[OK]ボタンをクリックします。

このタスクに管理者特権を付与して作成しますのチェックは不要です。このあとの操作はユーザー権限のみで実行できます。


Windows PowerShell画面が表示されたら下記のコマンドを入力し Enter キーを押します。

cmd /c ren %USERPROFILE%\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.StartMenuExperienceHost_cw5n1h2txyewy Microsoft.Windows.StartMenuExperienceHost_cw5n1h2txyewy.old

Windows PowerShell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

一部環境では ¥マークの箇所が \ (バックスラッシュ)で表示されますが¥マークに読み替えてください。(¥マークキーを入力してください)

キーは読み替えてください

コマンド実行時に「重複するファイル名が存在するか、またはファイルが見つかりませんでした」とメッセージが表示される場合はコマンドの末尾(.oldの後ろ)に適当な英数字を追加してから実行してください。
例:〜cw5n1h2txyewy.old123

続けて explorer とコマンドを入力し Enter キーを押します。

explorer

Windows PowerShell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

「操作可能なプログラムの名前として認識されません」とメッセージが表示される場合は入力したコマンドに誤りがあります。入力内容を確認してください。


コマンドをコピーボタンをクリックするとコマンドが自動でコピーされます。コピー後、Windows PowerShellの画面に貼り付けしてください。(Windows PowerShell画面で右クリックすると貼付されます)

画面下にタスクバーが起動したら10秒ほど待ってから ボタンをクリックして反応するか確認してください。


STEP4ユーザーアカウントを新規作成する

新しくユーザーアカウントを作成します。新しいアカウントを作成することで既定のアカウント設定でWindowsを起動することができます。

新しく作成するユーザーアカウントは、動作確認を兼ねてローカルアカウントで作成してください。Microsoftアカウントは1台のPCに同じMicrosoftアカウントを複数登録することができません。そのためローカルアカウントで正常に動作することを確認した上でMicrosoftアカウント情報を移行させてください。

スタートスタートボタンボタンが反応しないアカウントとは別のユーザーアカウントが既に存在する場合は、既存の別ユーザーアカウントでスタートスタートボタンボタンが反応するか確認してください。

キーボードの キーを押しながら R キーを押します。

ファイル名を指定して実行の画面が表示されたら名前の枠の中に netplwiz とコマンドを入力し、 [OK] ボタンをクリックします。


netplwiz

ファイル名を指定して実行画面

コマンドを入力して[OK]をクリックします。

スタートスタートボタンボタンが反応しないアカウントとは別のユーザーアカウントが既に存在する場合は、このSTEPの操作は不要です。既に存在する別のユーザーアカウントでスタートスタートボタンボタンが反応するか確認してください。(動作確認するアカウントはMicrosoftアカウント/ローカルアカウントのどちらでも構いません)

ユーザーアカウント画面が表示されたら、[追加]ボタンをクリックします。


ユーザーアカウント画面

[追加]ボタンをクリックします。

ユーザーアカウントとは?
PCを利用するためにPC内に登録された使用者名のことを指します。PCには複数のユーザーアカウント(使用者名)を登録することができ、それぞれのユーザーアカウント毎にデータを保存したり、個別に設定を行うことができます。

またユーザーアカウントにはそれぞれパスワード(暗証番号)を設定することができるので、1台のPCを複数人で使い分けることができます。

Microsoftアカウントを使わずにサインインするをクリックします。

アカウント作成画面

[Microsoftアカウントを使わずにサインインする]をクリックします。

インターネットに接続されていない場合は④および⑤の画面は表示されません。⑥の手順から進めてください。


Microsoftアカウントを使わずにサインインするを選択するとローカルアカウントを作成することができます。

[ローカルアカウント]ボタンをクリックします。


アカウント作成画面

[ローカルアカウント]をクリックします。

普段利用しているアカウントがMicrosoftアカウントでも[ローカルアカウント]を選択してください。アカウントの移行は症状が改善したことを確認したあとに行ってください。


関連Q&Aローカルアカウントを追加で作成する

ユーザ名を入力して[次へ]ボタンをクリックします。


アカウント作成画面

ユーザ名を入力して[次へ]をクリックします。

ユーザー名は半角英数で入力してください。ユーザー名を日本語(ひらがな、カタカナ、漢字)で登録することも可能ですが、一部のアプリで正常に動作しない可能性があります。

パスワードは設定しなくても構いません(あとでパスワードを設定することもできます)。パスワードを設定しない場合はパスワード欄を空白にしてください。


関連Q&Aパスワードを変更する|Microsoftアカウントのヘルプ

[完了]をクリックします。


アカウント作成画面

[完了]をクリックします。

新しく作成したユーザー名をクリックして選択します。


新しいユーザーを選択します

新しく作成したユーザー名をクリックします。

新しく作成したユーザー名を選択したら[プロパティ]ボタンをクリックします。


ユーザーアカウント画面でプロパティをクリック

[プロパティ]ボタンをクリックします。

新しく作成したユーザーアカウントの種類(権限)を標準ユーザーから管理者に変更します。標準ユーザーでも動作確認は可能ですが、後でデータ等を移行させることを考慮して先にアカウントの種類を変更します。


新しく作成したユーザーのグループ列の項目はUsersと表記されています。

[グループメンバーシップ]タブをクリックします。


ユーザーアカウント画面

[グループメンバーシップ]をクリックします。

[管理者]の項目にチェックをつけます。


ユーザーアカウント画面

[管理者]にチェックをつけます。

[グループメンバーシップ]タブではアカウント毎にPCの操作権限を付与することができます。

標準ユーザー:一般的な操作すべてが可能ですが、システム設定の変更を許可されていない制限されたユーザーです。

管理者:PCのすべての設定を変更することが許可されたユーザーです。PC初回起動時に作成したユーザーアカウントは必ず管理者になります。PC1台につき管理者権限を持つユーザーを必ず一つ以上作成する必要があります。

[OK]をクリックします。


OKボタンをクリックします。

[OK]をクリックします。

ユーザーアカウント画面に戻ったら[OK]ボタンをクリックして画面を閉じます。


ユーザーアカウント画面

[OK]ボタンをクリックします。

画面が閉じたらPCを再起動させ、新しく作成したユーザーで起動してスタートボタンが反応するか確認します。

改善がない場合は、STEP5:システムファイルを修復するに進みます。


  • PC再起動したら?

    PCを再起動するとユーザーアカウントの選択画面が表示されます。そのときこのページのQ&Aで作成したユーザーを選択して起動させてください。新しく作成したアカウントを選択するとアカウントのセットアップが始まるので完了するまでしばらく待ちます。

    新しいユーザーアカウントでデスクトップ画面が表示されたらスタートボタンスタートボタンが反応するか確認してください。

    新しいユーザーアカウントでスタートボタンスタートボタンが反応する場合は、新しいアカウントでPC利用することを検討してください。その際、必要に応じて保存していたデータや設定を新しいアカウントに移動させてください。


    解決しないときは?

    STEP5Windows PowerShellを使ってシステムファイルを修復する

    新しく作成したユーザーアカウントでも改善が見られない場合は、システムファイルに問題が発生している可能性があります。Windows標準の修復ツールであるDism(展開イメージのサービスと管理)およびSFC(システムファイルチェッカー)を使ってシステムファイルを修復してください。

STEP5システムファイルを修復する

Windowsの正常な動作に必要不可欠なシステムファイルを修復方法を確認します。システムファイルの修復にはWindows標準で用意されているDism(展開イメージのサービスと管理)SFC(システムファイルチェッカー)の2つのツールを利用します。

システムファイルの修復は完了までに時間がかかることがあります。時間に余裕があるときに行ってください。

デスクトップ画面左下の ボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中から Windows PowerShell(管理者) をクリックします。


スタート右クリックメニュー

[Windows PowerShell(管理者)]をクリックします。

Dismとは?
Windowsイメージファイルを管理・展開するためのツールです。Windowsイメージからシステムファイルを展開することで破損したファイルを置き換えることができます。正式名は「展開イメージのサービスと管理」です。

SFCとは?
Windowsシステムファイルをスキャンしてファイルの破損・整合性をチェックします。問題が見つかった場合は、システムファイルのキャッシュを使い修復を行います。正式名は「システムファイルチェッカー」です。


関連Q&A不安定になったWindows10パソコンの動作を修復する|Windows ヘルプ
関連Q&Aスタートボタンを右クリックしても反応しない|Windows ヘルプ

ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、[はい]ボタンをクリックします。


ユーザーアカウント制御画面

[はい]をクリックします。

Windows PowerShellが起動したら下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

Windows PowerShell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

「操作可能なプログラムの名前として認識されません」とメッセージが表示される場合は入力したコマンドに誤りがあります。入力内容を確認してください。


コマンドをコピーボタンをクリックするとコマンドが自動でコピーされます。コピー後、Windows PowerShellの画面に貼り付けしてください。(Windows PowerShell画面で右クリックすると貼付されます)

続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

sfc /scannow

Windows PowerShell画面

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

「他のサービスまたは修復操作が実行中です」とメッセージが表示された場合はしばらく待ってから実行し直してください。

システムファイルの修復完了までに時間がかかることがあります。


関連Q&ADism.exeで「ソースファイルが見つかりませんでした」エラー|Windows ヘルプ

修復が完了したら、Windowsを再起動させた後にスタートボタンスタートボタンが反応することを確認してください。



WindowsFAQ セレクト横へスクロール >>