Windows10のストレージセンサーを利用する Windows10でドライブの容量が不足している場合は、ストレージセンサーを使うことで不要なファイルを削除することができます。

クイックガイド

ストレージセンサーを有効にする

[スタート]>[設定]>[システム]をクリックします。

画面左のメニューの中から[ストレージ]をクリックします。

ストレージセンサーの項目を オン にします。

ストレージセンサー


ハードディスク(HDD)やSSDなどのディスク全体容量使用状況を確認します。Windows10ではディスクの使用状況をフォルダー別毎に確認できます。フォルダー別毎に容量をチェックすることでディスクの空き容量が少なくなった時にディスク容量を圧迫しているフォルダーを直ぐに特定することができます。

ディスクの空き容量が少なくなると、PCの動作が遅くなったり不安定になる原因となります。ディスクの使用状況を確認し、必要に応じて空き容量を確保してください。ディスクの空き容量の確保にはストレージセンサーが役立ちます。


STEP1Cドライブの空き容量を確認する

Windows10でCドライブ空き容量を確認します。全体の容量のほか、フォルダーやファイルの種類別に確認することもできます。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が開いたらシステムをクリックします。

システムをクリックします

[システム]をクリックします。

ストレージセンサーとは:
Windows10の機能のひとつで、指定したタイミングでアプリで使用されていない一時ファイルや一定期間を経過したダウンロードフォルダ内のファイルやごみ箱を自動で削除することができます。


一時ファイルとは:アプリが処理を実行する際に作業用として一時的に作成するファイルのことをいいます。Temporary(テンポラリ)とも言います。一時ファイルの主な格納場所は、C:\windows\temp または C:\ユーザー\(ユーザ名)\AppData\Local\Temp です。

システム画面に切り替わったら画面左のメニューの中から記憶域をクリックします。

記憶域をクリックします

[記憶域]をクリックします。

ディスク全体の容量および空き容量はエクスプローラーでPCを開いてチェックすることもできます。


エクスプローラーを開く:
スタートボタン + E


関連Q&AWindows10のドライブの空き領域を増やす(Microsoft社)

表示するカテゴリを増やすをクリックします。

表示するカテゴリを増やすをクリック

[表示するカテゴリを増やす]をクリックします。

Cドライブ全体のディスク使用状況およびフォルダ・ファイルの種類別の領域使用状況が確認できました。

ディスクの容量が表示されました

ディスクの使用状況が確認できました。

  • Cドライブの空き容量が少ないときは?

    Cドライブの空き容量が少なくなると、データの保存アプリのインストールができなくなるだけでなく、Windows10の動作が遅くなったり、システムが不安定になる原因となります。

    Cドライブの空き容量が少ない場合は、STEP2:ストレージセンサーを使って自動で不要なファイルを削除する以降の手順を参考に不要なファイルを削除または移動してください。

STEP2ストレージセンサーを使って自動で不要なファイルを削除する

ストレージセンサーを有効にすると指定したタイミングで不要なファイルを自動で削除することができます。

STEP1:Cドライブの空き容量を確認するの手順を参考に記憶域の設定画面を開きます。

記憶域の画面が開いたら、タイトル下にあるトグルスイッチをクリックして、ストレージセンサーをオンにします。

ストレージセンサーをオンにします

ストレージセンサーをオンにします。

ストレージセンサーが有効になりました。

  • ストレージセンサーを有効にすると?

    ストレージセンサーを有効にすると、以降、不要なファイルが自動で削除されます。また、トグルスイッチの下にあるストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行するをクリックするとストレージセンサーの動作設定を行うことができます。

    ストレージセンサーの構成をカスタマイズすることができます。詳しくは下記の補足を参照してください。


ヒントを参考にストレージセンサーの構成をカスタマイズしてください。

ストレージセンサーの構成を変更します

ストレージセンサー
ストレージセンサーのオン/オフを切り替えます。

ストレージセンサーを実行するタイミング
実行されるタイミングを毎日毎週毎月ディスクの空き容量の不足時から選択できます。

一時ファイルの設定
キャッシュ等の一時ファイルをストレージセンサー実行時に削除します。

ごみ箱の設定
指定した日数を経過したごみ箱内のファイルを削除します。既定値は30日です。

ダウンロードのファイルの設定
指定した日数を経過したダウンロードフォルダー内のファイルを削除します。既定値は許可しないです。

OneDrive
指定日数を経過したOneDrive内のファイルをPCローカル上から削除します。(OneDrive上には残ります)ファイルを開くとローカルにダウンロードされます。既定値は許可しないです。

今すぐ空き領域を増やす
ストレージセンサーで設定された各項目の内容でディスクのクリーンアップ直ぐに開始します。


STEP3システムの一時ファイルを削除する

アプリで不要となった一時ファイルごみ箱ダウンロードフォルダ内のファイルを削除します。

STEP1:Cドライブの空き容量を確認するの手順を参考に記憶域の設定画面を開きます。

一覧表示されたカテゴリの中から一時ファイルをクリックします。

一時ファイルをクリック

[一時ファイル]をクリックします。

一時ファイルの画面に切り替わったら、削除したいファイルにチェックをつけて[ファイルの削除]ボタンをクリックします。

620px

[ファイルの削除]ボタンをクリックします。

ファイルの各説明および削除されるファイルの容量を参考に選択してください。


ごみ箱およびダウンロード(フォルダ)は各フォルダの保存状況を確認の上、削除してください。その他の一時ファイルについては原則、すべてチェックしても問題ありません。

STEP4使用していないアプリを削除する

使用していないアプリを削除します。Windowsストアアプリの場合は、削除後も必要なときに直ぐにストアからダウンロードすることができます。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が表示されたら、アプリアイコンをクリックします。

アプリをクリック

[アプリ]をクリックします。

アプリ画面が開いたら、削除したいアプリを選択してアンインストールしてください。アプリのアンインストール方法の詳細はWindows10標準アプリのアンインストールを参照してください。

アプリをアンインストールします

アプリを選択してアンインストールします。

Windows10標準以外のアプリも同様の手順でアンインストールすることができます。


関連Q&AWindows10標準アプリのアンインストール

STEP5ドキュメントやピクチャフォルダのデータを別のドライブへ移動する

外付けHDDなどCドライブ以外のディスク領域がある場合は、ドキュメントピクチャなどのフォルダをCドライブ以外のドライブに移動することで、Cドライブの空き容量を確保することができます。

エクスプローラーを開きます。

エクスプローラーが開いたら、移動させたいフォルダを右クリックします。

フォルダを右クリック

移動したい[フォルダ]を右クリックします。

移動できるフォルダは、ドキュメントピクチャビデオミュージックデスクトップダウンロード3Dオブジェクトです。ここでは例としてピクチャフォルダをDドライブに移動します。


OneDriveバックアップ機能と連携されているフォルダは移動することができません。移動させたい場合は、下記のQ&Aを参考にOneDriveのバックアップ機能を解除してください。


関連Q&A OneDriveの同期を解除する

表示されたメニューの中からプロパティをクリックします。

プロパティをクリック

[プロパティ]をクリックします。

ピクチャプロパティ画面が開いたら、画面上部にある場所タブをクリックします。

場所タブをクリック

[場所]タブをクリックします。

場所タブが開いたら、画面中央にある[移動]ボタンをクリックします。

移動ボタンをクリック

[移動]ボタンをクリックします。

移動先の選択画面が表示されたら、移動先のドライブをクリックして開きます。

移動先のドライブをクリック

移動先のドライブを開きます。

移動先のドライブが開いたら、画面左上にある新しいフォルダーをクリックします。

新しいフォルダをクリック

[新しいフォルダー]をクリックします。

フォルダを移動するときは必ずフォルダを作成し、作成したフォルダを移動先として指定してください。ドライブ直下や既存のフォルダを移動先として指定すると、フォルダが元の場所に戻せなかったり、ファイル管理に支障が発生する場合があります。


誤ってドライブ直下にフォルダを移動してしまった場合は、下記のQ&Aを参考を参照してください。


関連Q&Aドキュメントなどフォルダーの場所を元に戻す

新しく作成されたフォルダーに名前を付けフォルダーを選択した状態で、画面右下にある[フォルダーの選択]ボタンをクリックします。

フォルダーの選択をクリック

[フォルダーの選択]ボタンをクリックします。

フォルダ(ピクチャ)のプロパティ画面に戻ったら、画面中央にある枠の中に先ほど選択したフォルダー名が入力されていることを確認して、画面下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

[OK]ボタンをクリックします。

フォルダー移動の確認メッセージが表示されたら[はい]ボタンをクリックします。

はいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。

以上で設定は完了です。指定したドライブに(ピクチャ)フォルダが移動されました。

移動したフォルダは簡単に元の場所に戻すことができます。移動したフォルダの場所を元の場所に戻したい場合はフォルダのプロパティを開き、場所タブで標準に戻すボタンをクリックしてください。

フォルダがOneDriveバックアップ機能と連携されている場合、同じ場所にリダイレクトできないフォルダーがあるため、フォルダーを移動できませんと警告メッセージが表示されます。


エラーが表示される場合は、下記のQ&Aを参考にOneDriveのバックアップ機能を解除してください。


関連Q&A OneDriveの同期を解除する