ドキュメント、ピクチャフォルダとOneDriveの紐付けを解除する方法|OneDriveのヘルプ ドキュメントやピクチャへデータを保存するとOneDrive上にもデータが保存されます。OneDriveとの同期を停止するためには設定の変更が必要です。


Windows10の初回セットアップ時に推奨設定で進めるとデータの保存先がOneDriveとして指定されます。ただし無料で利用できるストレージ容量は5GBまで(Office365サービス利用時は1TBまで)とあまり大きな容量ではありません。OneDriveへのデータ保存が不要な場合は、同期を解除してください。


デスクトップ右下の通知領域にある「OneDrive」のアイコン(雲の形)を右クリックします。

通知領域OneDriveアイコン

アイコンを右クリックします。

アイコンが表示されていない場合は、上向き矢印(隠れているインジケータを表示)のアイコンをクリックしてください。

表示されたメニューの中から[設定]をクリックします。

OneDriveメニュー

[設定]をクリックします。


[自動保存]タブをクリックします。

OneDrive設定画面

[自動保存]をクリックします。


ドキュメントと書かれた項目の右横にあるプルダウンメニューをクリックします。

OneDrive自動保存タブ

プルダウンメニューをクリックします。


表示されたメニューの中から[このPCのみ]をクリックします。

保存先メニュー

[このPCのみ]をクリックします。


同様の手順で「ピクチャ」の項目も[このPCのみ]に変更します。


画面右下の[OK]ボタンで画面を閉じます。設定は以上です。エクスプローラーを開いて、OneDriveとの紐付けが解除されていることを確認してください。


広告スペース




新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。
  • Microsoft Edgeでお気に入りを登録するNEW
    よく閲覧するホームページはMicrosfot Edgeにお気に入りとして登録するとページの再閲覧が簡単にできて便利です。また、お気に入りバーに登録させることで常にMicrosoft Edgeの画面上にリンクを表示させることもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット