OneDriveの同期を解除する Windows10でOneDriveを有効にすると、ドキュメントやピクチャ、デスクトップへ保存したデータがOneDrive上に同期(保存)されます。OneDriveの同期を停止するには、バックアップ設定を解除するか、OneDriveを削除する必要があります。


  • このQ&Aで学べること

    OneDriveの同期機能を無効にすることでドキュメントピクチャデスクトップフォルダーに保存したデータがOneDrive(クラウド上)に保存されないようにします。同期のみを停止した場合は、OneDriveは別のデータ格納先としてそのまま利用することができます。

    OneDriveの機能そのものを完全に無効にしたい場合は、OneDriveを削除(アンインストール)してください。

    STEP1 OneDriveの同期を無効(停止)する

    STEP2 OneDriveを削除(アンインストール)する


OneDriveのフォルダーバックアップ機能を有効にするとドキュメントピクチャデスクトップフォルダーに保存したデータがOneDrive(オンライン)上にも保存されます。

ただし無料で利用できるストレージ容量は5GBまで(Office 365のサブスクリプションを契約すると1TBまで拡張できます)と大きな容量ではありません。OneDriveへのデータ保存されないようにしたい場合は、OneDriveの同期を無効(停止)してください。


OneDrive(ワンドライブ)とは?マイクロソフト社が提供するオンラインストレージサービス(=インターネット上にデータを保存するサービス)です。Microsoftアカウントを取得すると無料で5GBまでOneDrive(オンラインストレージ)上にデータを保存することができます。

OneDrive Standalone 200 GB(月額224円)を契約すると100GBまで、Microsoft 365 Personal(旧名Office 365 Personal、年額12,984円)を契約すると1TBまでデータ保存容量を拡張することができます。


外部サイトOneDrive クラウド ストレージの価格とプランを比較(マイクロソフト)

STEP1OneDriveの同期を無効(停止)する


デスクトップ右下の通知領域にある OneDriveアイコンをクリック OneDriveアイコンをクリックします。

通知領域にあるOneDriveアイコンをクリック

[OneDrive]アイコンを右クリックします。

通知領域内にOneDriveのアイコンが表示されていない場合は、上向き矢印(隠れているインジケータを表示)のアイコンをクリックしてOneDriveアイコンを表示させてください。

通知領域内の上向き矢印アイコン

通知領域内にあるOneDriveアイコンを右クリックすると直接に設定メニューを表示させることができます。


表示されたOneDriveメニュー右下にあるOneDriveメニューヘルプと設定アイコンをクリックします。

OneDriveメニュー

[ヘルプと設定]アイコンをクリックします。


表示されたメニューの中から設定をクリックします。

OneDriveヘルプと設定メニュー

[設定]をクリックします。

OneDriveのメニュー画面ではファイルの同期状況を確認することができます。

フォルダーを開く:
PC内にあるOneDriveフォルダーを開きます。

オンラインで表示:
オンライン上にあるOneDriveのデータをブラウザで開きます。



OneDriveのプレミアム機能とは?
OneDriveのストレージ容量を追加することができます(有料)。Microsoft 365のサブスクリプションを既に契約している場合は、ストレージ容量を200G〜1TBまで追加で増やすこともできます。


Microsoft OneDriveの設定画面が表示されたらバックアップタブをクリックします。

Microsoft OneDrive設定画面

[バックアップ]タブをクリックします。

OneDriveを無効にしたい場合は、アカウントタブ画面でこのPCのリンク解除をクリックしてください。

リンク解除後にOneDriveを再利用したい場合は、OneDriveのアイコンをクリックしてサインインしてください。

同期を停止してもOneDrive上のデータは削除されません


バックアップタブ画面に切り替わったら画面右上にある[バックアップを管理]ボタンをクリックします。

バックアップタブでバックアップを管理ボタンをクリック

[バックアップを管理]ボタンをクリックします。


フォルダーのバックアップを管理画面が表示されたらデスクトップと書かれた項目の下にあるバックアップを停止をクリックします。

バックアップ停止をクリック

[バックアップ停止]をクリック

OneDriveのバックアップ機能を停止することで、ドキュメントやピクチャ、デスクトップに保存したデータが勝手にOneDrive(オンライン)上にコピーされ無くなりますが、PCにトラブルがあった場合にOneDriveからのデータ復旧ができなくなります。

OneDriveのバックアップ機能を停止する場合は、別手段でデータのバックアップを取ることをおすすめします。


OneDriveのバックアップ機能はドキュメント、ピクチャ、デスクトップそれぞれのフォルダー単位で設定をすることができます。 例えばドキュメントのバックアップ機能のみを停止したい(ドキュメントに保存したデータがOneDriveに保存されないようにしたい)場合は、ドキュメントのみバックアップ停止を行ってください。


フォルダーのバックアップを停止しますか?と表示されたら画面下にある[バックアップを停止]ボタンをクリックします。

バックアップ停止ボタンをクリック

[バックアップを停止]ボタンをクリックします。


このフォルダーはバックアップされなくなりましたと表示されたら画面右下にある[閉じる]ボタンをクリックします。

閉じるボタンをクリック

[閉じる]ボタンをクリックします。


フォルダーのバックアップを管理画面に戻ったらデスクトップと同様にドキュメント写真の項目の下にあるバックアップを停止をそれぞれクリックしてバックアップを停止します。

バックアップ停止をクリック

ドキュメントと写真も同様に[バックアップ停止]をクリック

写真のバックアップを停止するとピクチャフォルダーに保存したデータが(勝手に)OneDriveに保存されなくなります。


デスクトップドキュメント写真の3つすべてのフォルダーのバックアップ停止を行ったら操作完了です。[閉じる]ボタンで画面を閉じてください。

すべてのフォルダーのバックアップ停止をクリックして完了

[閉じる]ボタンで画面を閉じます。

OneDriveのバックアップ機能を再び有効にしたい場合は、バックアップ機能を有効にしたいフォルダーを選択して画面右下にある[バックアップの開始]ボタンをクリックしてください。

STEP2OneDriveを削除(アンインストール)する


デスクトップ画面左下のボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中からアプリと機能をクリックします。

スタートボタン右クリックメニューでアプリと機能をクリック

[アプリと機能]をクリックします。


アプリと機能画面が表示されたら、アプリの一覧の中からMicrosoft OneDriveをクリックします。

アプリと機能画面でOneDriveをクリック

[Microsoft OneDrive]をクリックします。


表示されたサブメニューの中から[アンインストール]ボタンをクリックします。

アプリと機能画面でアンインストールをクリック

[アンインストール]ボタンをクリックします。


このアプリとその関連情報がアンインストールされますと表示されたら[アンインストール]ボタンをクリックします。

アンインストールボタンをクリック

[アンインストール]ボタンをクリックします。


ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は[はい]ボタンをクリックします。

ユーザーアカウント制御ではいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。


以上でOneDriveの削除が完了です。

削除したOneDriveを再インストールしたい場合は、Microsoft OneDriveのダウンロードページからOneDriveをダウンロードしてください。


関連Q&AOneDrive (Microsoft社)






あなたへのおすすめガジェット
横へスクロール >>

目次