Question

チェックディスク で、ディスクのエラーを検出・修復する
Windows10、Windows11で、チェックディスク(CHKDSK)を使ってディスクをスキャンする方法を教えてください。

  • 概要
  • チェックディスクで、ディスクのエラーを検出・修復する方法の説明です。チェックディスクは、PCに内蔵 または 外付けされたドライブを対象に、破損した保存領域がないか診断するツールです。ディスクにエラーが検出された場合は、エラーを修復することができます。

    チェックディスク
  • 対象OS
  • Windows10、Windows11

  • STEP1 チエックディスクでエラーを修復する
  • (A)エクスプローラーからチェックディスクを実行 リンク

    (B)コマンドラインでチェックディスクを実行 リンク

    Question

    チェックディスクを実行する方法はこちら

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    ディスクにエラーが発生した可能性がある場合(イベントソース:NTFS、ID:55など)、チェックディスクは自動で開始されますが、本記事の操作を行うことで、手動でチェックディスクを実行することができます。


    公開日 公開日: 2022/03/28 / 最終更新日 最終更新日: 2022/03/28 / author  / twitterこの記事をシェアする

  • 操作手順
  • STEP1 チエックディスクでエラーを修復する
    チェックディスク(CHKDSK)を実行する方法は、エクスプローラーからドライブを選択して実行する方法と、Windows PowerShell(コマンドプロンプト)を使って、コマンドラインで実行する方法があります。

    (A)エクスプローラーからチェックディスクを実行
    エクスプローラーで、スキャンしたいドライブを選択して、チェックディスクを実行します。ここでは例としてCドライブのエラーチェックを行います。(画面はWindows10ですが、Windows11でも操作方法は同じです)


    1[エクスプローラー]のアイコンをクリックして、起動します。

    エクスプローラーを起動

    [エクスプローラー]を起動します。

    2 ナビゲーションウインドウの中から、[PC]をクリックします。

    PCをクリック

    [PC]をクリックします。

    3 スキャンしたいドライブのアイコンを右クリックします。

    ドライブ右クリック

    ドライブを右クリックします。

    4 表示されたメニューの中から、[プロパティ]を選択します。

    PCをクリック

    [プロパティ]を選択します。

    5 プロパティ画面が表示されたら、[ツール]タブをクリックします。

    ツールをクリック

    [ツール]タブをクリックします。

    6 エラーチェックの項目にある[チェック]ボタンをクリックします。

    チェックするをクリック

    [チェックする]ボタンをクリックします。

    7[ドライブをスキャン]をクリックします。(チェックディスクが開始されます)

    ドライブをスキャンをクリック

    [ドライブをスキャン]をクリックします。

    8 スキャンが完了したら[閉じる]ボタンをクリックします。

    閉じるをクリック

    [閉じる]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • - エラーが検出された場合は、修復確認のメッセージが表示されます。
  • (B)コマンドラインでチェックディスクを実行
    チェックディスクはコマンドラインで実行することもできます。コマンドラインで実行する場合は、開始前にオプションを指定してドライブをスキャン・修復することができます。ここでは例としてCドライブをチェックする方法を説明します。(画面はWindows10ですが、Windows11でも操作方法は同じです)


    1スタートボタンスタート]ボタンを右クリックします。

    スタートを右クリック

    [スタート]ボタンを右クリックします。

    2[Windows PowerShell(管理者)]を選択します。

    powershellを選択

    [PowerShell(管理者)]を選択します。

    3 ユーザーアカウント制御が表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

    はいをクリック

    [はい]ボタンをクリックします。

    4 PowerShellが起動したら、下記のコマンドを入力してEnterキーを押します。(Cドライブをスキャンする場合)

    クリップボードコピー

    chkdsk c: /f

    コマンドを入力してEnter

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

  • Dドライブをスキャンしたい場合は、 chkdsk d: /f と入力します。
  • /f スイッチを追加することで、エラーが検出されたときに自動で修復が開始されます。
  • 5 チェックをスケジュールしますか(Y/N)? と表示されたら、Yと入力してEnterキーを押します。

    Yを押してEnter

    [Y]と入力して[Enter]キーを押します。

    6[閉じる]ボタンで画面を閉じたあと、パソコンを再起動します。

    画面を閉じて再起動

    画面を閉じて、PCを再起動します。

    7 PCを再起動するとチェックディスクが開始されます。

    チェックディスクが開始されます

    チェックディスクが開始されます。

  • 補足
  • - チェックディスクが完了すると、Windowsが自動で起動します。
  • - コマンドラインでチェックディスク(CHKDSK)を実行するときに、指定できるオプションスイッチは以下の通りです。
  • スイッチ効果入力例
    [ボリューム]:チェックするドライブ(ボリューム)を指定します。chkdsk c:
    [ファイル名]断片化をチェックするファイル名を指定します。(FAT/FAT32のみ)chkdsk c:\hiberfil.sys
    /Fディスクにエラーが検出された場合、修復します。chkdsk c: /f
    /Vチェック時にファイル名とファイルのパスを表示します。(FAT/FAT32のみ)
    クリーンアップメッセージを表示します。(NTFSのみ)
    chkdsk c: /v
    /Rディスクに物理的な破損(不良セクター)がないかチェックします。エラーが検出された場合は、該当箇所にデータを保存しないようマークします。物理セクターに対する処理がされるため完了までに時間がかかる場合があります。chkdsk c: /r
    /L:(ファイルサイズ)ログファイルのファイルサイズ(上限)をKB(キロバイト)で指定します。ファイルサイズを指定しない場合は、現在のサイズを表示します。chkdsk /L:10240
    /Xボリュームのマウントを強制的に解除します。chkdsk c: /x
    /Iインデックス エントリのチェックをスキップします。(NTFSのみ)chkdsk c: /i
    /Cフォルダー構造内のサイクルのチェックをスキップします。(NTFSのみ)chkdsk c: /c
    /B不良クラスターの情報をクリアし、すべてのクラスタ情報を再スキャンします。(NTFSのみ)chkdsk c: /b
    /SCANオンラインスキャンを実行します。(NTFSのみ)chkdsk c: /scan
    /FORCEOFFLINEFIXすべてのオンライン修復を無視します。見つかったエラーは、オフライン修復(/spotfix など)のためにキューに追加されます。実行時は、/SCAN スイッチと一緒に利用します。(NTFSのみ)chkdsk c: /scan /forceofflinefix
    /PERFより多くのシステムリソースを割いて、できるだけ高速にスキャンを完了させます。実行時は、/SCAN スイッチと一緒に利用します。(NTFSのみ)chkdsk c: /scan /perf
    /SPOTFIXスポット修復を実行します。(NTFSのみ)chkdsk c: /spotfix
    /SDCLEANUP不要なセキュリティ記述子データを解放します。(NTFSのみ)chkdsk c: /sdcleanup
    /OFFLINESCANANDFIXボリュームをオフラインスキャンして修復します。chkdsk c: /offlinescanandfix
    /FREEORPHANEDCHAINSコンテンツを回復する代わりに、孤立したクラスター チェーンを解放します。(FAT/FAT32/exFATのみ)chkdsk c: /freeorphanedchains
    /MARKCLEAN/F スイッチが指定されていないときでも、エラーが検出されなかった場合は、ボリュームをクリーンとしてマークします。(FAT/FAT32/exFATのみ)chkdsk c: /markclean
    こちらもおすすめ