Windows10でCortanaを削除する Cortana(コルタナ)はWindows10に標準でインストールされている音声入力対応のAIアシスタントです。PCの利用をアシストしてくれる便利なアプリですが、利用していない場合は無効または削除することができます。



Cortana(コルタナ)は、Windows10に標準でインストールされている音声対応AIアシスタントです。iPhoneのSiriやAndroidのGoogleアシスタントと同様に音声で要件を伝えることで、PC操作のアシスタントをしてくれます。Cortanaを利用しない場合は、Cortanaのアイコンを非表示にしたり、無効にすることができます。また、Cortanaを完全に削除したい場合は、Windows PowerShellを使ってアンインストールのコマンドを実行する必要があります。


STEP1タスクバーからCortanaのアイコンを非表示にする

タスクバーにあるCortanaのアイコンを非表示にします。バックグラウンドでは動作しておりスタートメニューまたはショートカットキー操作でCortanaを呼び出すことができます。

タスクバー上のアイコンのない場所でマウスを右クリックします。

表示されたメニューの中から Cortanaのボタンを表示する をクリックしてチェックを外します。

Cortanaのボタンを表示するのチェックを外す

[Cortanaのボタンを表示する]のチェックを外します。

Cortanaのアイコンがタスクバーから削除(非表示に)されました。

Cortana(コルタナ)とは?
マクロソフト社が開発した音声対応のAIアシスタントです。マイクやテキスト入力をすることでコルタナがPCの操作をアシスタントしてくれたり、Bingで検索した結果を表示してくれます。尚、iOS版やAndroid版、Xbox版のCortanaは開発が終了しており、現在はWindows10版のみが提供されています。


Cortanaを起動する:
スタートボタン + C


タスクバーから非表示にしたあとにCortanaを利用したい場合はスタートボタンスタートボタンをクリックして表示されたアプリの一覧からCortanaを選択するかショートカットキーで起動してください。



STEP2Cortanaの自動起動を停止させ無効にする

Cortanaの自動起動停止してメモリーの消費を押さえます。Cortanaは停止した状態となりますがPCにはインストールされたままなので、利用したい場合はスタートボタンスタートメニューまたはキーボードのショートカットキー操作で起動させることができます。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定アイコン設定アイコンをクリックします。

表示された設定画面の中からアプリアイコンをクリックします。

アプリをクリックします

[アプリ]アイコンをクリックします。

アプリ画面に切り替わったらメニューの中からスタートアップをクリックします。

スタートアップをクリックします

[スタートアップ]をクリックします。

スタートアップとは?
Windowsのシステムと同時に自動で起動する機能およびアプリのことを指します。スタートアップには起動時に1度のみ処理されるアプリやWindows起動中、常駐しているアプリなどが登録されています。


PCの起動が遅いときはスタートアップのアプリを無効にすることで起動が速くなる場合があります。

表示されたスタートアップ画面の中からCortanaの項目にあるトグルボタンをクリックしてオフにしますます。

Cortanaをオフにします

[Cortana]の項目をオフにします。

すべての画面を閉じてWindowsを再起動します。

タスクマネージャースタートアップタブからもCortanaの自動起動を停止することもできます。


タスクマネージャーを開く:
Ctrl + Shift + Escキー


スタートアップを停止したあとにCortanaを利用したい場合はスタートボタンスタートボタンをクリックして表示されたアプリの一覧からCortanaを選択するかショートカットキーで起動してください。

STEP3Windows PowerShellを使ってCortanaをPCから削除する

CortanaをPCから削除します。Cortanaは他のアプリと異なり通常の方法では削除することができません。削除するためにはWindows PowerShellを使って削除のコマンドを実行する必要があります。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリックします。

表示された右クリックメニューの中からWindows PowerShellをクリックします。

Windows PowerShellをクリックします。

[Windows PowerShell]をクリックします。

Windows PowerShellの画面が表示されたら、下記のコマンドを入力してEnterキーを押します。

Get-AppxPackage Microsoft.549981C3F5F10 | remove-appxpackage

コマンドを入力してEnterキーを押す

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

すべての画面を閉じてWindowsを再起動します。

「操作可能なプログラムの名前として認識されません」とメッセージが表示される場合は入力したコマンドに誤りがあります。入力内容を確認してください。


コマンドをコピーボタンをクリックするとコマンドが自動でコピーされます。コピー後、Windows PowerShellの画面に貼り付けしてください。(Windows PowerShell画面で右クリックすると貼付されます)


アプリはユーザアカウント毎に削除が必要です。Get-AppxPackageコマンドの後ろに-allusersを追加すると、すべてのユーザーアカウントに対してCortanaの削除を実行します。




WindowsFAQ セレクト横へスクロール >>