PC起動時に付箋を自動的で表示 「付箋」アプリを自動的に起動させるためにはスタートアップフォルダへ付箋のショートカットを登録してください。ショートカット登録後はWindows起動時に自動で付箋が立ち上がるようになります。


付箋(ふせん)アプリは、一時的なメモなどをデスクトップに貼り付けることのできるWindows10標準のアプリです。利用するためにはスタートメニューから起動させる必要がありますが、スタートアップに登録することで起動の操作を省略することができます。付箋アプリはバージョンによっては「Sticky Notes」と表記されています。

付箋

キーボードの スタートボタン キーを押しながら R キーを押します。


「ファイル名を指定して実行」画面が表示されたら名前の枠の中に下記のコマンドを入力します。

shell:startup

ファイル名を指定して実行

コマンドを入力します。


コマンドを入力したら画面下にある[OK]ボタンをクリックします。

ファイル名を指定して実行画面

[OK]をクリックします。


エクスプローラー(Startupフォルダ)の画面が開きます。

エクスプローラー画面

エクスプローラーが開きます。


エクスプローラー画面を開いたまま、デスクトップ画面左下にある スタートボタン ボタンをクリックします。


表示されたスタートメニューの中にある「付箋」アプリのアイコンを、先ほど開いたエクスプローラー画面にドラッグします。

スタートメニューとエクスプローラー画面

付箋アイコンをドラッグします。

「付箋」アイコンが見つからない場合は「Sticky Notes」で探してください。バージョンによりアプリの名前が異なります。

スタートアップフォルダに付箋アプリが登録されました。次回Windows起動時より自動的に付箋アプリが立ち上がるようになります。

エクスプローラー画面

スタートアップに登録されました。

付箋アプリの最新バージョンでは、付箋に画像を貼り付けたり文字を装飾することができます。またMicrosoftアカウントでサインインすることで付箋の内容をデバイス間で同期することができます。

マイクロソフトアカウントにサインインする






新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット

created by Rinker
FOSSIL(フォッシル)
¥29,556 (2021/04/15 21:55:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)

目次