Windows11からWindows10へ戻す方法

Windows11をアップデート前のWindows10へ復元します。

テクニカルアドバイザー WindowsFAQからのヒント
PCテクニカルアドバイザー

Windows11へアップデート後に問題が発生した場合は、10日以内であればWindows10へ戻すことができます。


Windows11をWindows10へ復元

Windows10へ復元するときの注意事項

  • Windows11からWindows10へ復元しても、データはそのまま引き継がれますが、万が一に備えデータを事前にバックアップしてください。
  • Windows11へアップデート後に変更した設定内容は失われます。
  • ノートPCやタブレットで利用している場合は、AC電源へ接続する必要があります。
  • Windows10へ戻した後に、再度Windows11へアップデートすることもできます。

STEP1:Windows11からWindows10へ戻す

Windows11の復元機能を使ってWindows10へ戻す

Windows10からWindows11へアップデート後、10日以内であればWindows10へ戻すことができます。残り日数はDISMコマンドを使って確認することができます。


1[スタートスタートボタン]ボタンをクリックします。

スタートボタンをクリック

[スタート]ボタンをクリックします。

2 表示されたメニューの中から[設定設定]を選択します。

設定を選択

[設定]を選択します。

3[システム]を選択します。

システムを選択

[システム]を選択します。

4 メニューの中から[回復]を選択します。

回復を選択

[回復]を選択します。

5 サブメニュー[回復オプション」の中にある[復元]ボタンをクリックします。

復元ボタンをクリック

[復元]ボタンをクリックします。

6「以前のバージョンに戻す理由をお聞かせください」と表示されたら、選択肢の中から当てはまる項目にチェックをつけます。

当てはまる項目にチェック

当てはまる項目にチェックをつけます。

7 理由を選択したら[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

8「アップデートをチェックしますか?」と表示されたら[行わない]ボタンをクリックします。

行わないをクリック

[行わない]ボタンをクリックします。

9「知っておくべきこと」と表示されたら、[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

10「ロックアウトされないようにご注意ください」と表示されたら、[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

11「Windows11をお試しいただきありがとうございます」と表示されたら、[Windows10に復元する]ボタンをクリックします。

Windows10へ復元するをクリック

[Windows10に復元する]ボタンをクリックします。

12 Windows10の復元が開始されたら、完了するまでしばらく待ちます。(数分〜数十分程度掛かります)

完了するまで待ちます

完了するまでしばらく待ちます。

13 Windows10のサインイン画面が表示されたら、完了です。

復元が完了しました。

復元が完了しました。

STEP2:Windows10へ戻すことのできる期間を確認・変更する

Windows10へ戻すことができる期間は決められており、その期間はWindows11へアップデートした日から数えて10日間です。

(A)Windows10へ復元できる残り日数を確認する

DISMコマンドを使って、Windows10へ戻すことのできる残り日数を確認することができます。


1[スタートスタートボタン]ボタンを右クリックします。

スタートボタンをクリック

[スタート]ボタンを右クリックします。

2 表示されたメニューの中から[Windows ターミナル(管理者)]を選択します。

Windowsターミナル(管理者)を選択

[Windows ターミナル(管理者)]を選択します。

3「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

はいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。

4「Windows ターミナル(管理者)」が起動したら、次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

クリップボードコピー

DISM /Online /Get-OSUninstallWindow

コマンドを入力してEnterキーを押す

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

5 Windows10へ復元できる残り日数が表示されました。(Uninstall Windowの後ろに描かれた数字が残り日数です)

復元の残り日数が表示されました

残り日数が表示されました。

(B)Windows10へ復元できる残り日数を変更する

DISMコマンドを使って、Windows10へ戻すことのできる残り日数を変更することができます。


1[スタートスタートボタン]ボタンを右クリックします。

スタートボタンをクリック

[スタート]ボタンを右クリックします。

2 表示されたメニューの中から[Windows ターミナル(管理者)]を選択します。

Windowsターミナル(管理者)を選択

[Windows ターミナル(管理者)]を選択します。

3「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

はいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。

4「Windows ターミナル(管理者)」が起動したら、次のコマンドを入力して Enter キーを押します。(入力例:残り日数を30日に変更する場合)

クリップボードコピー

DISM /Online /Set-OSUninstallWindow /Value:30

コマンドを入力してEnterキーを押す

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

5 Windows10へ戻すことのできる残り日数が変更されました。

残り日数が変更されました

残り日数が変更されました。

ヒント
  • コマンド末尾の値(Value:の後ろの数字)を書き換えることで、Windows10へ戻すことのできる残り日数を変更することができます。

関連情報

Windows10へ復元するためのデータを削除する

Windows10へ復元することのできる残り期間中(デフォルトで10日間)、PCにはWindows10へ復元するためのデータが保存されています。残り期間が無くなると復元データは自動で削除されますが、残り日数が経過する前に手動で削除することもできます。


1[スタートスタートボタン]ボタンをクリックします。

スタートボタンをクリック

[スタート]ボタンをクリックします。

2 表示されたメニューの中から[設定設定]を選択します。

設定を選択

[設定]を選択します。

3[システム]を選択します。

システムを選択

[システム]を選択します。

4 メニューの中から[記憶域]を選択します。

記憶域を選択

[記憶域]を選択します。

5「記憶域」画面に切り替わったら、[クリーンアップ対象候補]を選択します。

クリーンアップ対象候補を選択

[クリーンアップ対象候補]を選択します。

6[以前のWindowsのインストール]にチェックをつけます。

以前のWindowsのインストールにチェック

[以前のWindowsのインストール]にチェックをつけます。

7[○GBをクリーンアップします]ボタンをクリックします。

クリーンアップしますボタンをクリック

[クリーンアップします]ボタンをクリックします。

8「選択対象をクリーンアップします」とメッセージが表示されたら、[続行]ボタンをクリックします。

続行ボタンをクリック

[続行]ボタンをクリックします。

ヒント
  • [以前のWindowsのインストール]をクリーンアップすると、Windows10への復元機能は利用できなくなります。
  • ご使用環境により、クリーンアップで解放されるディスク容量は異なります。

このページをシェアする 


公開日 公開日: 2021/10/07 / 最終更新日 最終更新日: 2021/10/15

外付けDVDドライブ
  • USB3.0 ポータブルドライブ
  • 本日タイムセール(数量限定)

Win10搭載 薄型ノートPC
  • メモリ8GB+SSD256G
  • 本日タイムセール(数量限定)