Question

Windows11からWindows10に戻す 期限を 10日以上 にする
Windows11 から 前のバージョンに戻す ことができる日数を 10日以上 に変更する方法を教えてください。

  • 概要
  • Windows11からWindows10に戻す 期限を 10日以上 にする方法の説明です。Windows10・Windows11は、バージョンアップしたことでトラブルが発生したときのために、前のバージョンのデータを デフォルトで10日間 保存しています。期限内であれば、いつでも旧バージョンに戻すことができますが、期限を過ぎると前のバージョンのデータは削除され、元のバージョンに戻すことができなくなります。

    バージョンアップの評価テストに10日以上要する場合は、Dismコマンドを使って残り日数を変更することができます。

    windows11からwindows10に戻す 10日以上
  • 対象OS
  • Windows10、Windows11

  • STEP1 Windows11を戻す期限を10日以上にする
  • (A)Windows11を戻す日数の変更する リンク

    (B)Windows11を戻す残り日数の確認 リンク

    Question

    Windows11からWindows10に戻す 期限を 10日以上 にする方法はこちら

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    Windows11 から 10に戻す ことができる日数を 10日以上 に変更するためには、10日間を過ぎる前に 設定を変更する必要があります。また、ここで紹介している手順は、Windows10 で 前のバージョンに戻す 日数を 10日以上 に変更したい場合も、同じ手順で変更することができます。


    公開日 公開日: 2020/03/02 / 最終更新日 最終更新日: 2022/02/18 / author  / twitterこの記事をシェアする

  • 操作手順
  • STEP1 Windows11 を 戻す 期限を 10日以上 にする
    Windowsの前のバージョンに戻すことのできる期限は、デフォルトでアップデートから10日間ですが、任意の日数に変更することができます。戻すことができる期間を10日以上に変更したいときは、Windows PowerShellでDismコマンドを使います。

    (A)Windows11を戻す日数の変更する
    DISMコマンドを使って、前のバージョンのWindowsへ戻すことのできる残り日数を変更します。変更はデフォルトで、10日以内に設定する必要があります。残り日数の確認方法は、(B)Windows11を戻す残り日数の確認 リンク を参照してください。(画面はWindows11ですが、Windows10でも操作方法は同じです)


    1 [スタートスタートボタン]ボタンを右クリックします。

    スタートを右クリック

    [スタート]ボタンを右クリックします。

    2 メニューの中から[Windows ターミナル(管理者)]*を選択します。

    Windowsターミナルを選択

    [Windows ターミナル(管理者)]を選択します。

  • * Windows10の場合は、[Windows PowerShell(管理者)]を選択してください。
  • 3「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

    はいをクリック

    [はい]ボタンをクリックします。

    4「Windows PowerShell」が起動したら、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    (例)期限を30日に伸ばす場合
    クリップボードコピー

    DISM /Online /Set-OSUninstallWindow /Value:30

     コマンドを入力してEnter

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    5前のバージョンに戻すことのできる期限を変更しました。

    期限が変更されました

    期限が変更されました。

  • 補足
  • - コマンド末尾の数字を書き換えて実行することで、前のバージョンに戻すための期限(残り日数)を10日以上に変更することができます。
  • - Windows10 を Windows7や8.xからアップデートした場合や、Windows10をメジャーアップデートしたときも、同じ方法で旧バージョンに戻すことのできる期限を変更することができます。
  • (B)Windows11を戻すことのできる残り日数を確認する
    DISMコマンドを使って、前のバージョンのWindowsへ戻すことのできる残り日数を確認することができます。(画面はWindows11ですが、Windows10でも操作方法は同じです)


    1 [スタートスタートボタン]ボタンを右クリックします。

    スタートを右クリック

    [スタート]ボタンを右クリックします。

    2 メニューの中から[Windows ターミナル(管理者)]*を選択します。

    Windowsターミナルを選択

    [Windows ターミナル(管理者)]を選択します。

  • * Windows10の場合は、[Windows PowerShell(管理者)]を選択してください。
  • 3「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

    はいをクリック

    [はい]ボタンをクリックします。

    4「Windows PowerShell」が起動したら、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

    クリップボードコピー

    DISM /Online /Get-OSUninstallWindow

     コマンドを入力してEnter

    コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

    5前のバージョンに戻すことのできる期限が表示されました。

    期限が表示されました

    期限が表示されました。

  • 補足
  • - Uninstall Window の後ろに書かれた数字が、前のバージョンに戻すことのできる期限(残り日数)です。
  • こちらもおすすめ