Question

Windowsで右クリックの 送る に追加する
Windowsで、ファイルを右クリックした時に表示される[送る]に、項目(ショートカット)を追加する方法を教えてください。

  • 概要
  • Windowsで、右クリックメニューの[送る]に、項目を 追加 する方法の説明です。[送る]メニューに、よく利用するフォルダを登録することで、指定したフォルダーへ簡単にファイルをコピーすることができます。

    Windows 送るに追加
  • 対象OS
  • Windows10、Windows11

  • STEP1 右クリックメニューの送るに追加する
  • (A)SendToフォルダーにショートカットを作成 リンク

    Question

    Windowsで右クリックの 送る に追加する方法はこちら

    テクニカルアドバイザー

    ワンポイント
    [送る]メニューに、ショートカットを作成した場合の動作は、以下の通りです。

    フォルダーのショートカット:ファイルを対象のフォルダーへコピーすることができます。
    アプリのショートカット:ファイルを対象のアプリで開くことができます。(Windwos10の場合)


    公開日 公開日: 2021/06/04 / 最終更新日 最終更新日: 2022/03/10 / author  / twitterこの記事をシェアする

  • 操作手順
  • STEP1 右クリックメニューの送るに追加する
    Windows10・Windows11で、ファイルを右クリックしたときに表示されるメニューの中にある[送る]は、自由にカスタマイズすることができます。項目を追加する方法は、フォルダなどのショートカットを SendTo というフォルダーへコピーするだけです。

    (補足)Windows11の場合は、右クリックメニューの[その他のオプションを表示]の中に[送る]があります。

    (A)SendToフォルダーにショートカットを作成
    ここでは例として、ピクチャフォルダーを[送る]メニューの中に追加する方法を説明します。画面はWindows10ですが、Windows11でも操作方法は同じです。


    1スタートボタンスタート]ボタンを右クリックします。

    スタートを右クリック

    [スタート]ボタンを右クリックします。

    2[ファイル名を指定して実行]を選択します。

    ファイル名を指定して実行を選択

    [ファイル名を指定して実行]を選択します。

    3 ファイル名を指定して実行が開いたら、shell:sendto とコマンドを入力します。

    クリップボードコピー

    shell:sendto

    コマンドを入力

    コマンドを入力します。

    4 コマンドを入力したら、画面下にある[OK]ボタンをクリックします。

    OKをクリック

    [OK]ボタンをクリックします。

    5 SendToフォルダーが開いたら、アイコンがない箇所でマウスを右クリックします。

    右クリックします

    マウスを右クリックします。

    6 表示された右メニューの中から[新規作成]>[ショートカット]と選択します。

    ショートカットを選択

    [新規作成]>[ショートカット]と選択します。

    7 ショートカットの作成画面が表示されたら、[参照]ボタンをクリックします。

    参照をクリック

    [参照]ボタンをクリックします。

    8 表示されたフォルダーツリーの中から[ピクチャ]を選択します。

    ピクチャを選択

    [ピクチャ]を選択します。

    9 ピクチャを選択したら、[OK]ボタンをクリックします。

    OKをクリック

    [OK]ボタンをクリックします。

    10 ショートカットの作成画面に戻ったら、[次へ]ボタンをクリックします。

    次へをクリック

    [次へ]ボタンをクリックします。

    11 必要に応じて、ショートカットの名前を変更して[完了]ボタンをクリックします。

    完了をクリック

    [完了]ボタンをクリックします。

  • 補足
  • - ショートカットの名前は自由に変更することができます。入力したショートカットの名前は、右クリックメニューの[送る]に表示される項目名になります。
  • - ピクチャ以外のフォルダーを、送るメニューに追加することもできます。
  • - ショートカットは、マウスドラッグなどで作成しても構いません。
  • - アプリのショートカットをSendToフォルダーへコピーすると、選択した時に対象のアプリでファイルを開くことができます。(Windows10の場合)
  • こちらもおすすめ