Question Microsoft Defendrで検出されたウイルスを駆除する
Windows10・Windows11で、PCがウイルスに感染してしまいました。ウイルスを駆除する方法を教えてください。

テクニカルアドバイザー

ワンポイント
「Windows セキュリティ(Microsoft Defender)」は、Windows10・11に標準でインストールされているセキュリティ対策ソフトです。ウイルスなどの脅威からPCをリアルタイムで保護し、ウイルスを検出した場合は、対象のファイルを駆除(削除)または検疫することができます。

Windows セキュリティ

【Microsoft Defenderのウイルス駆除機能】

  • - ウイルスを検出した場合、対処のファイルを駆除(削除)または検疫することができます。
  • - 検疫すると、PCに影響を及ばさない隔離された場所へ対象のファイルを移動します。
  • - 駆除することが困難なウイルスは、オフラインスキャンで駆除を行うことができます。
    • 補足

    • - Microsoft Defenderは、従来「Windows Defender」と呼ばれていたアプリです。
    • - McAfee アンチウイルスやウイルスバスターなど、他のセキュリティソフトがインストールされている場合、Microsoft Defenderは自動で無効化されます。

    公開日 公開日: 2022/06/17 / 最終更新日 最終更新日: 2022/06/17 / author  / twitterこの記事をシェアする

    STEP1 Windowsセキュリティでウイルスを駆除する
    クイックスキャン等でウイルスを検出すると、Windowsセキュリティが警告を通知します。ウイルスが検出されたときは、下記の手順で駆除または検疫してください。

    1 [スタートスタートボタン]ボタンをクリックします。

    2[Windows セキュリティ]をクリックします。

  • Windows11の場合は、[スタート]>[すべてのアプリ]>[Window セキュリティ]と選択します。
  • ウイルス検出の通知をクリックすることで、Windows セキュリティの画面を表示することもできます。
  • 3 Windows セキュリティが起動したら、メニューの中から[ウイルスと脅威の防止]を選択します。

    ウイルスと脅威の防止を選択

    [ウイルスと脅威の防止]を選択します。

    4「ウイルスと脅威の防止」画面に切り替わったら、検出されたウイルス名をクリックします。

    ウイルス名をクリック

    ウイルス名をクリックします。

    5 アクティブ化のオプションの中から、処置方法を選択します。(通常は削除を選択します)

    処置方法を選択

    処置方法を選択します。

    6 ウイルスに対する処置方法を選択したら、[操作の開始]ボタンをクリックします。

    操作の開始をクリック

    [操作の開始]クリックします。

    アクティブ化のオプションで選択できる処置方法は以下の通りです。

  • 削除:ウイルスおよび感染したファイルを削除します。
  • 検疫:ウイルスおよび感染したファイルを別の場所へ隔離します。ウイルスと断定できない場合などに選択します。
  • デバイスで許可:該当のファイルをスキャン対象から除外し、実行できるようにします。
  • 詳細:該当ウイルスの詳細と影響を受けた項目などを確認できます。
  • 補足
  • - Windows セキュリティのホーム画面で、「ウイルスと脅威の防止」に表示されている[操作の開始]ボタンをクリックした場合は、ウイルスの削除が実行されます。
  • - アクティブ化のオプションで、検疫を選択した場合は、あとで処置方法を決定することができます。
  • - オプションを選択後、「ユーザーアカウント制御」の画面が表示された場合は、[はい]ボタンをクリックしてください。
  • - 検出されたウイルスが駆除できなかった場合は、オフラインスキャン機能 リンク で駆除してください。
  • - リアルタイム保護でウイルスを検出した場合、対象のファイルは自動で削除されます。
  • STEP2 Microsoft Defenderで検疫したウイルスを処理する
    検疫されたファイルは、別の場所へ移動され、PCに影響を及ぼさないように隔離されます。隔離されたファイルの処置方法を決定したい場合は、下記の手順を参考に操作してください。

    1 [スタートスタートボタン]ボタンをクリックします。

    2[Windows セキュリティ]をクリックします。

  • Windows11の場合は、[スタート]>[すべてのアプリ]>[Window セキュリティ]と選択します。
  • 3 Windows セキュリティが起動したら、メニューの中から[保護の履歴]を選択します。

    保護の履歴を選択

    [保護の履歴]を選択します。

    4「保護の履歴」の中から、該当する検疫の履歴をクリックします。

    該当の履歴をクリック

    該当の履歴をクリックします。

  • 表示された履歴の数が多く、該当する検疫が見つけられない場合は、[フィルター]のプルダウンメニューで、[推奨]を選択して絞り込んでください。
  • 5「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

    はいをクリック

    [はい]ボタンをクリックします。

    6 表示された詳細情報の右下にある[操作]のプルダウンメニューをクリックします。

    操作をクリック

    [操作]をクリックします。

    7 表示されたメニューの中から、検疫されたファイルの処置方法を選択します。

    処置方法を選択

    処置方法を選択します。

    検疫されたファイルに実施可能な処置方法は以下の通りです。

  • 復元:ファイルを元の保存場所に戻します。復元されたファイルはスキャン対象から除外されます。
  • 削除:対象のファイルを削除します。
  • 補足
  • -[復元]を選択した場合、対象のファイルはスキャン対象から除外されます。復元を選択した後に駆除(削除)したい場合は、ファイルを直接削除してください。
  • STEP3 Microsoft Defender オフラインスキャンを実行する
    オフラインスキャンは、Microsoft Defenderを実行するための回復環境のみでブートし、PCをスキャンする機能です。検出されたウイルスが通常のスキャンで駆除できなかったときや、ウイルス感染の可能性があるにも関わらず検出することができない場合は、Microsoft Defender オフラインスキャンを使って、ウイルスをスキャン・駆除してください。

  • オフラインスキャンを開始すると、PCは自動で再起動されます。未保存のデータがある場合は、先に保存してください。
  • 1 [スタートスタートボタン]ボタンをクリックします。

    2[Windows セキュリティ]をクリックします。

  • Windows11の場合は、[スタート]>[すべてのアプリ]>[Window セキュリティ]と選択します。
  • 3 Windows セキュリティが起動したら、メニューの中から[ウイルスと脅威の防止]を選択します。

    ウイルスと脅威の防止を選択

    [ウイルスと脅威の防止]を選択します。

    4「ウイルスと脅威の防止」画面に切り替わったら、[スキャンのオプション]をクリックします。

    スキャンオプションをクリック

    [スキャンのオプション]をクリックします。

    5 スキャンオプションの中から、[Microsoft Defender オフラインスキャン]を選択します。

    オフラインスキャンを選択

    [Microsoft Defender...]を選択します。

    6 画面下にある[今すぐスキャン]ボタンをクリックします。

    今すぐスキャンをクリック

    [今すぐスキャン]をクリックします。

    7 確認のメッセージが表示されたら、[スキャン]ボタンをクリックします。

    スキャンをクリック

    [スキャン]ボタンをクリックします。

    8「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

    はいをクリック

    [はい]ボタンをクリックします。

    9 PCが再起動され、オフラインスキャンが開始されます。

    オフラインスキャンが開始

    オフラインスキャンが開始されます。

  • 補足
  • - オフラインスキャンが完了するまでには、通常15分程度がかかり、終わると自動でWindowsが起動します。
  • - オフラインスキャンの結果は、Windowsセキュリティの[保護の履歴]から確認してください。
  • ヒント
    ウイルスのスキャン方法が知りたいですか?
    Microsoft Defenderを使ったスキャン方法は、下記のQ&Aを参照してください。

  • Windows セキュリティ(Microsoft Defender)でウイルススキャンする→詳しくはこちら リンク