Windows10でシステムの復元を行う システムの復元はWindows10に用意された回復オプションのひとつです。システムの復元することで、指定したポイントの状態にシステムを戻すことができます。システムの復元を開始するにはいくつかの方法があります。




システムの復元は、Windows10に用意された回復オプションのひとつです。Windowsシステムアプリの動作が不安定になった場合や自動修復画面が表示されてWindowsが起動できない場合にシステムの復元を利用することで、指定した日付の状態にWindowsの状態を戻す(復元する)ことができます。



システムの復元でドキュメントやピクチャなどのユーザードキュメントに影響が及ぶことはありませんが、万が一に備えてデータのバックアップアップを取ってからシステムの復元を実行してください。


STEP1システムの復元を実行する(推奨される復元ポイントを選択)

Windows10推奨される復元ポイントを使ってシステムの復元を実行します。Windows10通常起動の状態でシステムの復元を実行した場合は、システムの復元の取り消しを行うことができます。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリック クリックします。

表示されたメニューの中からファイル名を指定して実行をクリックします。

ファイル名を指定して実行をクリック

[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

Windowsの動作が不安定でシステムの復元に失敗する場合は、回復オプションからシステムの復元を実行することでシステムの復元が成功する場合があります。


ファイル名を指定して実行 を開く:
スタートボタン + R キーを押す。

ファイル名を指定して実行画面が表示されたら、名前欄に下記のコマンドを入力します。

rstrui.exe

名前欄にコマンドを入力

コマンドを入力します。

コマンドを入力したら画面下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

[OK]ボタンをクリックします。

システムの復元が起動したら推奨される復元を選択します。

推奨される復元を選択

[推奨される復元]を選択します。

推奨される復元を選択すると画面に表示された復元ポイント(日付)の状態までシステムの状態を戻すことができます。


復元ポイント指定したい場合は、STEP2:システムの復元を実行する(復元ポイントを手動で選択)を参照してください。


関連Q&A Windows10のシステムを修復する

推奨される復元を選択したら、画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。

次へボタンをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

影響を受けるプログラムの検出をクリックすると、システムの復元により削除またはバージョンなどが復元されるプログラムやデバイスドライバを確認することができます。


システムの復元が完了したら、必要に応じて影響を受けるプログラムデバイスドライバの再インストールを行ってください。

復元ポイントの確認画面に切り替わったら、画面右下にある[完了]ボタンをクリックします。

完了をクリック

[完了]ボタンをクリックします。

いったんシステムの復元を開始したら、中断できません。続行しますか?とメッセージが表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

はいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。

[はい]ボタンをクリックすると、システムの復元が開始されます(Windowsが再起動します)[はい]ボタンをクリックする前に起動中のアプリを閉じてください。


システムの復元が完了するまでに数時間掛かる場合もあります(復元により影響を受ける項目が多いほど時間が掛かります)。システムの復元が完了するまでPCの電源を切らずにお待ちください。

システムの復元は正常に完了しましたとメッセージが表示されたら終了です。[閉じる]ボタンをクリックしてメッセージを閉じてください。

閉じるをクリック

[閉じる]ボタンをクリックします。

最近WindowsのパスワードまたはPINを変更した場合、変更前の復元ポイントを選択した場合は、変更前のパスワード(ローカルアカウントの場合)またはPINを入力してください。


Microsoftアカウントを利用していて、起動時にパスワードを求められた場合は、最新のパスワードでサインインしてください。



STEP2システムの復元を実行する(復元ポイントを手動で選択)

システムの復元で復元ポイントを手動で選択します。復元するポイント(日付)を指定したい場合に選択するオプションです。Windows10通常起動の状態でシステムの復元を実行した場合は、システムの復元の取り消しを行うことができます。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリック クリックします。

表示されたメニューの中からファイル名を指定して実行をクリックします。

ファイル名を指定して実行をクリック

[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

Windowsの動作が不安定でシステムの復元に失敗する場合は、回復オプションからシステムの復元を実行することでシステムの復元が成功する場合があります。


ファイル名を指定して実行 を開く:
スタートボタン + R キーを押す。

ファイル名を指定して実行画面が表示されたら、名前欄に下記のコマンドを入力します。

rstrui.exe

名前欄にコマンドを入力

コマンドを入力します。

コマンドを入力したら画面下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

[OK]ボタンをクリックします。

システムの復元が起動したら画面下にある別の復元ポイントを選択するをクリックします。

別の復元ポイントを選択

[別の復元ポイントを選択]をクリックします。

別の復元ポイントを選択するを選んだら、画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。

次へボタンをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します画面に切り替わったら、一覧表示された復元ポイントの中から復元したいポイントをクリックして選択します。

復元ポイントを選択

[復元ポイントを選択します。

復元ポイントを選択後、[影響を受けるプログラムの検出]ボタンをクリックすると、システムの復元により削除またはバージョンなどが復元されるプログラムやデバイスドライバを確認することができます。


システムの復元が完了したら、必要に応じて影響を受けるプログラムデバイスドライバの再インストールを行ってください。

復元ポイントの確認画面に切り替わったら、画面右下にある[完了]ボタンをクリックします。

完了をクリック

[完了]ボタンをクリックします。

いったんシステムの復元を開始したら、中断できません。続行しますか?とメッセージが表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

はいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。

[はい]ボタンをクリックすると、システムの復元が開始されます(Windowsが再起動します)[はい]ボタンをクリックする前に起動中のアプリを閉じてください。


システムの復元が完了するまでに数時間掛かる場合もあります(復元により影響を受ける項目が多いほど時間が掛かります)。システムの復元が完了するまでPCの電源を切らずにお待ちください。

システムの復元は正常に完了しましたとメッセージが表示されたら終了です。[閉じる]ボタンをクリックしてメッセージを閉じてください。

閉じるをクリック

[閉じる]ボタンをクリックします。

最近WindowsのパスワードまたはPINを変更した場合、変更前の復元ポイントを選択した場合は、変更前のパスワード(ローカルアカウントの場合)またはPINを入力してください。


Microsoftアカウントを利用していて、起動時にパスワードを求められた場合は、最新のパスワードでサインインしてください。

  • システムの復元に失敗するときは?

    STEP3システム回復オプションからシステムの復元を実行する

    Windows10の動作が不安定な状態で、システムの復元を実行するとシステムの復元は正しく完了しませんでしたと表示され、システムの復元に失敗することがあります。

    システムの復元に失敗する場合は、システム回復オプションからシステムの復元を再試行してください。システム回復オプションから実行することでシステムの復元が正常に完了する可能性があります。

STEP3システム回復オプションからシステムの復元を実行する

Windows10の通常起動の状態でシステムの復元を実行してシステムの復元に失敗する場合は、システム回復オプションからシステムの復元を実行してください。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から電源アイコン電源アイコンをクリックします。

キーボードの Shift キーを押しながら、再起動をクリックします。

オプションの選択画面が表示されたらトラブルシューティングをクリックします。

トラブルシューティングをクリック

[トラブルシューティング]をクリックします。

システム回復オプションからシステムの復元を実行した場合、復元を取り消すことはできません。


システムの復元行ったことにより問題が発生した場合は、別の復元ポイントでシステムの復元を再試行するか、別の方法で回復を試みてください。


関連Q&A Windows10のシステムを修復する

トラブルシューティング画面に切り替わったら、詳細オプションをクリックします。

詳細オプションをクリック

[詳細オプション]をクリックします。

詳細オプション画面に切り替わったら、システムの復元をクリックします。

システムの復元をクリック

[システムの復元]をクリックします。

システムの復元画面に切り替わったら、アカウントの一覧からユーザーアカウントをクリックします。

ユーザアカウントをクリック

[ユーザーアカウント]をクリックします。

選択したユーザーアカウントのパスワードを入力します。

パスワードを入力します

[パスワード]を入力します。

ユーザアカウントを選び直したい場合は、画面左上にある左向き矢印アイコンをクリックして前画面に戻ってください。


パスワードを入力したら[続行]ボタンをクリックします。

続行をクリック

[続行]ボタンをクリックします。

システムの復元が起動したら画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します画面に切り替わったら、 復元したいポイントを選択します。

復元ポイントを選択

[復元ポイント]を選択します。

復元ポイントを選択後、[影響を受けるプログラムの検出]ボタンをクリックすると、システムの復元により削除またはバージョンなどが復元されるプログラムやデバイスドライバを確認することができます。


システムの復元が完了したら、必要に応じて影響を受けるプログラムデバイスドライバの再インストールを行ってください。

復元したいポイントを選択したら画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

復元ポイントの確認画面に切り替わったら、画面右下にある[完了]ボタンをクリックします。

完了をクリック

[完了]ボタンをクリックします。

いったんシステムの復元を開始したら、中断できません。続行しますか?とメッセージが表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

はいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。

[はい]ボタンをクリックすると、システムの復元が開始されます(Windowsが再起動します)[はい]ボタンをクリックする前に起動中のアプリを閉じてください。


システムの復元が完了するまでに数時間掛かる場合もあります(復元により影響を受ける項目が多いほど時間が掛かります)。システムの復元が完了するまでPCの電源を切らずにお待ちください。

システムの復元は正常に完了しましたとメッセージが表示されたら終了です。[閉じる]ボタンをクリックしてメッセージを閉じてください。

閉じるをクリック

[閉じる]ボタンをクリックします。

最近WindowsのパスワードまたはPINを変更した場合、変更前の復元ポイントを選択した場合は、変更前のパスワード(ローカルアカウントの場合)またはPINを入力してください。


Microsoftアカウントを利用していて、起動時にパスワードを求められた場合は、最新のパスワードでサインインしてください。

STEP4自動修復からシステムの復元を実行する

システムに何らかの障害が発生してWindowsの起動(自動修復)に失敗した場合、システムの復元を使ってシステムの回復を行うことができます。

自動修復画面で[詳細オプション]ボタンをクリックします。

詳細オプションをクリック

[詳細オプション]ボタンをクリックします。

オプションの選択画面が表示されたらトラブルシューティングをクリックします。

トラブルシューティングをクリック

[トラブルシューティング]をクリックします。

システム回復オプションからシステムの復元を実行した場合、復元を取り消すことはできません。


システムの復元行ったことにより問題が発生した場合は、別の復元ポイントでシステムの復元を再試行するか、別の方法で回復を試みてください。


関連Q&A Windows10のシステムを修復する

トラブルシューティング画面に切り替わったら、詳細オプションをクリックします。

詳細オプションをクリック

[詳細オプション]をクリックします。

詳細オプション画面に切り替わったら、システムの復元をクリックします。

システムの復元をクリック

[システムの復元]をクリックします。

システムの復元画面に切り替わったら、アカウントの一覧からユーザーアカウントをクリックします。

ユーザアカウントをクリック

[ユーザーアカウント]をクリックします。

選択したユーザーアカウントのパスワードを入力します。

パスワードを入力します

[パスワード]を入力します。

パスワードを入力したら[続行]ボタンをクリックします。

続行をクリック

[続行]ボタンをクリックします。

ユーザアカウントを選び直したい場合は、画面左上にある左向き矢印アイコンをクリックして前画面に戻ってください。


システムの復元が起動したら画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します画面に切り替わったら、 復元したいポイントを選択します。

復元ポイントを選択

[復元ポイント]を選択します。

復元ポイントを選択後、[影響を受けるプログラムの検出]ボタンをクリックすると、システムの復元により削除またはバージョンなどが復元されるプログラムやデバイスドライバを確認することができます。


システムの復元が完了したら、必要に応じて影響を受けるプログラムデバイスドライバの再インストールを行ってください。

復元したいポイントを選択したら画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

復元ポイントの確認画面に切り替わったら、画面右下にある[完了]ボタンをクリックします。

完了をクリック

[完了]ボタンをクリックします。

いったんシステムの復元を開始したら、中断できません。続行しますか?とメッセージが表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

はいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。

[はい]ボタンをクリックすると、システムの復元が開始されます(Windowsが再起動します)[はい]ボタンをクリックする前に起動中のアプリを閉じてください。


システムの復元が完了するまでに数時間掛かる場合もあります(復元により影響を受ける項目が多いほど時間が掛かります)。システムの復元が完了するまでPCの電源を切らずにお待ちください。

システムの復元は正常に完了しましたとメッセージが表示されたら終了です。[閉じる]ボタンをクリックしてメッセージを閉じてください。

閉じるをクリック

[閉じる]ボタンをクリックします。

最近WindowsのパスワードまたはPINを変更した場合、変更前の復元ポイントを選択した場合は、変更前のパスワード(ローカルアカウントの場合)またはPINを入力してください。


Microsoftアカウントを利用していて、起動時にパスワードを求められた場合は、最新のパスワードでサインインしてください。

STEP5システムの復元を取り消す

システムの復元を実行したことにより何らかの不具合が発生した場合は、システムの復元を取り消すことができます。システムの復元の取り消しは、Windows通常起動の状態から復元を実行した場合のみ可能です。SAFEモードシステム回復オプションからシステムの復元を実行した場合は、利用できません。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリック クリックします。

表示されたメニューの中からファイル名を指定して実行をクリックします。

ファイル名を指定して実行をクリック

[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

ファイル名を指定して実行 を開く:
スタートボタン + R キーを押す。

ファイル名を指定して実行画面が表示されたら、名前欄に下記のコマンドを入力します。

rstrui.exe

名前欄にコマンドを入力

コマンドを入力します。

コマンドを入力したら画面下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

[OK]ボタンをクリックします。

システムの復元が起動したらシステムの復元の取り消しを選択します。

システムの復元の取り消しを選択

[システムの復元の取り消し]を選択します。

システムの復元の取り消しを選択したら、画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

復元ポイントの確認画面に切り替わったら、画面右下にある[完了]ボタンをクリックします。

完了をクリック

[完了]ボタンをクリックします。

いったんシステムの復元を開始したら、中断できません。続行しますか?とメッセージが表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

はいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。

[はい]ボタンをクリックすると、システムの復元が開始されます(Windowsが再起動します)[はい]ボタンをクリックする前に起動中のアプリを閉じてください。


システムの復元の取り消しが完了するまでに数時間掛かる場合もあります(復元の取り消しにより影響を受ける項目が多いほど時間が掛かります)。システムの復元の取り消しが完了するまでPCの電源を切らずにお待ちください。

システムの復元は正常に完了しましたとメッセージが表示されたら終了です。[閉じる]ボタンをクリックしてメッセージを閉じてください。

閉じるをクリック

[閉じる]ボタンをクリックします。

STEP6システムの復元ポイントを手動で作成する

システムの復元ポイントは、WindowsUpdate等でシステムが更新された場合やアプリがインストールされた時などに自動的に作成されますが、ユーザー操作により任意のタイミングで復元ポイントを作成することもできます。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリック クリックします。

表示されたメニューの中からファイル名を指定して実行をクリックします。

ファイル名を指定して実行をクリック

[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

作成した復元ポイントは、システムの復元を実行する(復元ポイントを手動で選択)の方法でシステムを復元する際に復元ポイントとして選択することができます。


ファイル名を指定して実行 を開く:
スタートボタン + R キーを押す。

ファイル名を指定して実行画面が表示されたら、名前欄に下記のコマンドを入力します。

sysdm.cpl

名前欄にコマンドを入力

コマンドを入力します。

コマンドを入力したら画面下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

[OK]ボタンをクリックします。

システムのプロパティ画面が開いたら、画面上部にあるシステムの保護タブをクリックします。

システムの保護をクリック

[システムの保護]タブをクリックします。

システムの保護タブ画面に切り替わったら、画面右下にある[作成]ボタンをクリックします。

作成をクリック

[作成]ボタンをクリックします。

復元ポイントの作成画面が表示されたら、識別し易いように復元ポイントの説明を入力します。

復元ポイントの説明を入力

[復元ポイントの説明]を入力します。

復元ポイントの説明を入力したら、画面右下にある[作成]ボタンをクリックします。

作成をクリック

[作成]ボタンをクリックします。

入力した復元ポイントの説明は、システムの復元を実行する(復元ポイントを手動で選択)の方法でシステムを復元する際に復元ポイントの選択画面で表示されます。


復元ポイントは正常に作成されましたと表示されたら完了です。[閉じる]ボタンで画面を閉じてください。

閉じるボタンをクリック

[閉じる]ボタンをクリックします。

STEP7システムの復元の有効・無効化とディスク領域の使用量の変更

システムの復元は必要に応じて機能を無効化することができます。またシステムの復元に使用されるディスク領域の容量によ上限を設定することができます。

また、ディスクの空き領域が少ない場合は、復元ポイントを削除することができます。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリック クリックします。

表示されたメニューの中からファイル名を指定して実行をクリックします。

ファイル名を指定して実行をクリック

[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

ファイル名を指定して実行 を開く:
スタートボタン + R キーを押す。

ファイル名を指定して実行画面が表示されたら、名前欄に下記のコマンドを入力します。

sysdm.cpl

名前欄にコマンドを入力

コマンドを入力します。

コマンドを入力したら画面下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

[OK]ボタンをクリックします。

システムのプロパティ画面が開いたら、画面上部にあるシステムの保護タブをクリックします。

システムの保護をクリック

[システムの保護]タブをクリックします。

システムの保護タブ画面に切り替わったら、サブメニュー保護設定の中にあるCドライブを選択します。

Cドライブをクリック

[Cドライブ]をクリックします。

システムの復元(システムの保護)の設定は、ドライブ毎に変更する必要があります。


Cドライブ以外にアプリ等をインストールしていない場合は、通常、Cドライブのみ保護を有効としても問題ありません。

Cドライブを選択したら、画面右下にある[構成]ボタンをクリックします。

構成をクリック

[構成]ボタンをクリックします。

Cドライブの構成画面が表示されたら、各項目の説明を参考に設定を変更します。

各項目の設定を変更

各項目の設定を変更します。

設定の復元
システムの復元を有効または無効にします。無効にすると、すべての復元ポイントは削除され復元できなくなります。また新しい復元ポイントも作成されません。

最大使用量(ディスク領域の使用量)
システムの復元ポイント用として確保するディスク領域の上限を設定します。復元ポイントのデータ量が上限に達すると、古い復元ポイントから削除されます。

削除(ディスク領域の使用量)
復元ポイントを削除します。(システムの復元は有効のままです)

設定を変更したら画面下にある[OK]ボタンをクリックして画面を閉じます。

OKボタンをクリックします。

[OK]ボタンをクリックします。




WindowsFAQ セレクト横へスクロール >>