ドキュメントなどフォルダーの場所を元に戻す|Windows ヘルプ ドキュメントやピクチャ、デスクトップなどのシステムフォルダーを他のシステムフォルダーと同じ場所に移動してしまい元の場所に戻せない(結合したフォルダー分離ができない)場合の修復方法です。


ドキュメントやピクチャなどのシステムフォルダーを他のシステムフォルダーと同じ場所に移動してしまうと、該当のシステムフォルダーが同じ場所にリダイレクトされてしまい元の場所に戻せなくなることがあります(結合されたフォルダーが分離ができなくなる)。

そのような場合は対象フォルダーのレジストリー修復が必要です。次の手順で元に戻せなくなったフォルダーを元の場所に戻して(分離して)ください。修復対象はデスクトップドキュメントピクチャミュージックビデオフォルダーです。

STEP1システムフォルダーを元の場所に戻す

デスクトップ画面左下にある スタートボタン スタートボタンを 右クリックします。

表示されたメニューの中から Windows PowerShell(管理者) をクリックします。

PowerShellをクリック

Windows PowerShell(管理者)をクリックします。

ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は[はい]ボタンをクリックします。

ユーザーアカウント制御で肺をクリック

[はい]ボタンをクリックします。

Windows PowerShellの画面が表示されたら次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

cmd

cmdと入力します

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

次のコマンド一覧の中から元の場所に戻したいフォルダー用のコマンドをコピーします。(修復対象のボタンをクリックしてください)

デスクトップの場所を元に戻したい場合

md %USERPROFILE%\Desktop
reg delete “HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders” /v “{754AC886-DF64-4CBA-86B5-F7FBF4FBCEF5}” /f
reg add “HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders” /v Desktop /t REG_EXPAND_SZ /d %USERPROFILE%\Desktop /f

ドキュメントの場所を元に戻したい場合

md %USERPROFILE%\Documents
reg delete “HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders” /v “{F42EE2D3-909F-4907-8871-4C22FC0BF756}” /f
reg add “HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders” /v Personal /t REG_EXPAND_SZ /d %USERPROFILE%\Documents /f

ピクチャの場所を元に戻したい場合

md %USERPROFILE%\Pictures
reg delete “HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders” /v “{0DDD015D-B06C-45D5-8C4C-F59713854639}” /f
reg add “HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders” /v “My Pictures” /t REG_EXPAND_SZ /d %USERPROFILE%\Pictures /f

ビデオの場所を元に戻したい場合

md %USERPROFILE%\Videos
reg delete “HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders” /v “{35286A68-3C57-41A1-BBB1-0EAE73D76C95}” /f
reg add “HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders” /v “My Video” /t REG_EXPAND_SZ /d %USERPROFILE%\Videos /f

ミュージックの場所を元に戻したい場合

md %USERPROFILE%\Music
reg delete “HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders” /v “{A0C69A99-21C8-4671-8703-7934162FCF1D}” /f
reg add “HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders” /v “My Music” /t REG_EXPAND_SZ /d %USERPROFILE%\Music /f

コマンドがコピーされると「コマンドをコピーしました」とメッセージが表示されます。

Windows PowerShellの画面でマウスを右クリックして Enter キーを押します。

元に戻すためのコマンドを貼付

コマンドを貼り付けて[Enter]キーを押します。

Windows PowerShellの画面でマウスを右クリックすると、コピーしたコマンドが貼り付けされます。
状況によって「既に存在します」等のメッセージが表示されますが、そのまま手順を進めてください。

画面右上にある[X 閉じる]ボタンで画面を閉じます。

PowerShellの画面を閉じます

[X 閉じる]ボタンで画面を閉じます。

以上でシステムフォルダーの場所の復元作業は完了です。フォルダーの場所が元の場所に戻っていることを確認してください。

対象のフォルダを右クリックして[プロパティ]→[場所]タブで確認することができます。

STEP2フォルダー名を修復する

フォルダーの場所を元に戻した後、フォルダー名が英語表記または別のフォルダー名と重複している場合があります。そのような場合はRegsvr32コマンドを使って修復を行います。

下記のQ&Aを参照してフォルダー名を修復するためのコマンドを実行します。

フォルダー名の表記が正しい場合は操作不要です。

コマンドを実行したらWindowsを再起動してフォルダー名が元に戻っていることを確認してください。





WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット