Windowsで時刻がずれる・同期に失敗します パソコンの時刻を自動で調整(同期)または手動で修正する方法を確認します。


Windows10には標準でPCの時刻自動調整(同期)する機能が用意されています。なんらかの原因でPCの時刻がずれて正しい時間が表示されていない場合は、 同期を任意のタイミングで実行して時刻調整を行うか、手動で時刻を修正することができます。同期が正しく完了しない場合は、時刻の同期に失敗する場合のトラブルシューティングを参照してください。


STEP1PCの時刻を自動で調整(同期)する

Windows10標準で用意されている時刻調整の機能(インターネット時刻の同期)を有効にします。デフォルトで機能はオンです。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

スタートメニューが開いたら設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が開いたら時刻と言語アイコンをクリックします。

時刻と言語をクリック

[時刻と言語]をクリックします。

時刻と言語の画面が開いたらサブメニュー日付と時刻の中にある時刻を自動的に設定する項目のトグルボタンをクリックしてオンに切り替えます。

時刻を自動的に設定するをオンにする

[時刻を自動的に設定する]をオンにします。

時刻を同期する項目にある[今すぐ同期]ボタンをクリックします。

同期ボタンをクリックします

[今すぐ同期]ボタンをクリックします。

時刻を自動的に設定する機能はデフォルトで有効(オン)になっています。

[今すぐ同期]ボタンをクリックすると手動でインターネット時刻と同期がされます。

同期(時刻調整)は適切なタイミングで自動実行されるように設定されています。頻繁に時間のずれが発生する場合は、同期が実行される頻度も増えます。

インターネット時刻とは?
インターネットで公開されているインターネット時刻供給サービスのことを指します。インターネット時刻の供給のサービスを行っているサーバへ接続して同期することで、PCの時刻を正確な時刻に修正します。


設定を開く:スタートボタン + I

以上で設定は完了です。時刻調整の機能が有効になりました。

STEP2PCの時刻を手動で修正する

PCの時刻を手動で修正します。時刻の手動修正は、設定から行う方法とWindows PowerShellを使った方法があります。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

スタートメニューが開いたら設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が開いたら時刻と言語アイコンをクリックします。

時刻と言語をクリック

[時刻と言語]をクリックします。

時刻と言語の画面が開いたらサブメニュー日付と時刻の中にある時刻を自動的に設定する項目のトグルボタンをクリックして オフに切り替えます。

時刻を自動的に設定するをオフにする

時刻を自動的に設定するを[オフ]にします。

時刻を自動的に設定する機能をオフにすることで、日付と時刻の手動設定が可能になります。


時刻の調整完了後は時刻を自動的に設定する機能をオンに戻してください。

日付と時刻を手動で設定する項目にある[変更]ボタンをクリックします。

変更ボタンをクリックします

[変更]ボタンをクリックします。

日付と時刻の変更画面が表示されたら日付時刻それぞれのプルダウンメニューをクリックして現在時刻に合わせます。

日付と時刻を合わせます

日付と時刻を合わせます。

日付と時刻の修正が完了したら、画面右下にある[変更]ボタンをクリックします。

変更ボタンをクリック

[変更]ボタンをクリックします。

以上でPC時刻の修正は完了です。

時刻の調整が完了したら[時刻を自動的に設定する]の設定はオンに戻してください。

STEP3PCの時刻をPowerShellを使って修正する

PCの時刻はWindows PowerShellを使って修正することもできます。PowerShellから時刻の修正を行う場合は、時刻の同期設定を無効にする必要はありません。

スタートボタンスタートボタンを右クリックします。

表示された右クリックメニューの中からWindows PowerShell(管理者)をクリックします。

Windows PowerShellをクリック

[Windows PowerShell(管理者)]をクリックします。

管理者権限で実行する必要があります。必ずWindows PowerShell(管理者)を選択してください。


ユーザーアカウント制御画面が表示されたら[はい]ボタンをクリックします。

ユーザーアカウント制御ではいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。

Windows PowerShell(管理者)の画面が表示されたら次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

コピー

cmd

コマンドを入力してEnterキーを押す

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けてコマンドの入力例を参考にコマンドを入力してEnterキーを押します。

time 現在時刻(hh:mm:ss)

コマンド入力例:11時15分00秒に設定したい場合
time 11:15:00

コマンドを入力してEnterキーを押す

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

time時間の間には半角スペースが入ります。

以上で時刻の修正は完了です。

STEP4時刻の同期に失敗する場合のトラブルシューティング

時刻の自動調整(インターネット時刻の同期)が正常に完了しない場合の原因の切り分け方法および解決策を確認します。下記のチェックシートを参考に状態を確認してください。チェックシートの項目に当てはまらない場合は、STEP5:インターネット時刻の接続先サーバーを変更するに進んでください。

  • インターネット時刻の同期機能の確認用チェックシート

    インターネットに接続されていますか?
    → 時刻の同期はインターネットを介して行われます。インターネットに接続されていることを確認してください。

    西暦、日付は正しいですか?
    → 西暦および日付に大きなずれがある場合、インターネット時刻の同期に失敗する場合があります。STEP1:PCの時刻を自動で調整(同期)するの手順を参考に西暦および日付を修正してください。

    PC本体の故障は発生していませんか?
    → PC本体のトラブルまたはPC内蔵時計の電池(バッテリー)が消耗している場合は、時計機能が正しく動作しません。PC電源を入れた直後にPC上で表示される時刻が、前回、PC電源を切った時刻のまま進んでいない場合は、PC内蔵時計の電池(バッテリー)が消耗している可能性があります。症状が当てはまる場合は、PCメーカーへご相談ください。

    上記のチェック項目に当てはまらない場合は、下記のSTEP5手順でインターネット時刻の接続先サーバーを変更してください。

西暦および日付はWindows PowerShellでdateコマンドを使って修正することもできます。
date 日付(yyyy-mm-dd)
例:2021年2月14日に変更したい場合
date 2021-02-14

STEP5インターネット時刻の接続先サーバーを変更する

インターネット時刻の接続先サーバーを変更します。インターネット時刻の同期に失敗する場合は、同期のサーバーを変更してください。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

スタートメニューが開いたら設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が開いたら時刻と言語アイコンをクリックします。

時刻と言語をクリック

[時刻と言語]をクリックします。

時刻と言語の画面が開いたら画面右側の関連設定の中から別のタイムゾーンの時計を追加するをクリックします。

別のタイムゾーンの時計を追加するをクリック

[別のタイムゾーンの時計を追加する]

画面右側に関連設定が表示されていない場合は、画面を下にスクロールしてください。PCの画面解像度(またはウインドウサイズ)が小さい場合は、ページ下部に関連設定の項目が表示されます。

日付と時刻のウインドウが開いたらインターネット時刻のタブをクリックします。

インターネット時刻のタブをクリックします

[インターネット時刻]のタブをクリックします

インターネット時刻画面に切り替わったら、画面右下にある[設定の変更]ボタンをクリックします。

設定の変更をクリック

[設定の変更]ボタンをクリックします。

インターネット時刻設定画面が表示されたらサーバーのテキスト枠をクリックして下記のサーバー名に書き換えます。

コピー

ntp.nict.jp

サーバー名を書き換えます

[サーバー]名を書き換えます。

サーバー名を書き換えたらテキスト枠右横にある[今すぐ更新]ボタンをクリックします。

今すく更新をクリックします

[今すぐ更新]ボタンをクリックします。

画面上に時計は正常に(日付 時刻)ntp.nict.jpと同期しました。と表示されたら設定完了です。画面右下の[OK]ボタンをクリックして画面を閉じてください。

同期が完了したことを確認してOKでとじます。

同期が完了したことを確認して[OK]ボタンをクリックします。

ntp.nict.jpは、国立研究開発法人 NICTが公開しているインターネット時刻サーバーです。