インターネットに繋がらない場合のトラブルシューティング 無線または有線LAN接続の環境でインターネットに繋がらなくなってしまった場合のトラブルシューティングです。Windows10にはOS標準でインターネット接続の問題を解決するためのトラブルシューティングツールが用意されています。



インターネットに接続できなくなった場合は、ネットワーク接続のトラブルシューティングを実行してください。Windows標準搭載のトラブルシューティングツールで修復を行っても改善がない場合は、各ネットワーク設定やキャッシュをクリアおよびリセットを手動で実行します。


STEP1Windows10のトラブルシューティングツールを実行する

Windows10には、さまざま問題を解決するためのトラブルシューティングツールが用意されています。次の手順でインターネット接続用のトラブルシューティングツールを使って修復を行ってください。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が表示されたら、更新とセキュリティアイコンをクリックします。

更新とセキュリティをクリック

[更新とセキュリティ]をクリックします。

更新とセキュリティ画面に切り替わったら、画面左のメニューの中からトラブルシューティングをクリックします。

トラブルシューティングをクリック

[トラブルシューティング]をクリックします。

トラブルシューティング画面に切り替わったら、画面下にある追加のトラブルシューティングツールをクリックします。

追加のトラブルシューティングツールをクリック

[追加のトラブルシューティングツール]をクリックします。

追加のトラブルシューティングツール画面に切り替わったら、インターネット接続をクリックします。

インターネット接続をクリック

[インターネット接続]をクリックします。

表示されたサブメニュー内の[トラブルシューティングツールの実行]ボタンをクリックします。

トラブルシューティングツールの実行をクリック

[トラブルシューティングツールの実行]ボタンをクリックします。

インターネット接続トラブルシューティングツール画面が表示されたら、選択肢の中からインターネットへの接続に関するトラブルシューティングを行いますをクリックします。

インターネットに関するトラブルシューティングを行いますをクリック

[インターネットへの接続に関するトラブルシューティング]ボタンをクリックします。

修復確認のメッセージが表示されたらこれらの修復方法を管理者として実行するをクリックします。

これらの修復方法を管理者として実行するをクリック

[これらの修復方法を管理者として実行する]をクリックします。

トラブルシューティングが完了したら、トラブルシューティングツールを終了するをクリックして画面を閉じます。

トラブルシューティングツールを終了するをクリック

[トラブルシューティングツールを終了する]をクリックします。

見つかった問題によって表示されるメッセージは異なります。


問題が検出されなかった場合やトラブルシューティングツールによる修復が正しく完了しなかった場合は、Windows PowerShellでインターネットの設定およびキャッシュをクリアするへ進んでください。


以上でトラブルシューティングツールによる修復が完了しました。インターネットに接続できるか確認してください。

STEP2Windows PowerShellでインターネットの設定およびキャッシュをクリアする

Windows PowerShellを使ってネットワークの設定リセットおよびキャッシュをクリアします。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリック クリックします。

表示されたメニューの中からWindows PowerShell(管理者)をクリックします。

Windows PowerShellをクリックします

[Windows PowerShell(管理者)]をクリックします。

ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は、[はい]ボタンをクリックします。

ユーザーアカウント制御をクリック

[ユーザーアカウント制御]をクリックします。

Windows PowerShellが表示されたら、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

コピー

netsh winsock reset

コマンドを入力してEnterキーを押す

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けて、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

コピー

netsh int ip reset all

コマンドを入力してEnterキーを押す

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

続けて、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

コピー

netsh winhttp reset proxy

コマンドを入力してEnterキーを押す

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

再起動を要求された場合は、Windowsを再起動してから続きのコマンドを実行してください。


アクセス拒否のメッセージが表示された場合でも、そのまま手順を進めてください。


続けて、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

コピー

ipconfig /flushdns

コマンドを入力してEnterキーを押す

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

以上で完了です。すべての画面を閉じてWindowsを再起動してください。

STEP3ネットワークのリセットを実行する

ネットワークアダプタおよびコンポーネントのリセットを行います。VPN接続のクライアントソフト等を利用している場合は、再設定が必要な場合があります。(主に法人利用の場合)

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が表示されたらネットワークとインターネットアイコンをクリックします。

ネットワークとインターネットをクリック

[ネットワークとインターネット]をクリックします。

ネットワークとインターネット画面に切り替わったら、画面下にあるネットワークのリセットをクリックします。

ネットワークのリセットをクリック

[ネットワークのリセット]をクリックします。

ネットワークのリセット画面に切り替わったら、[今すぐリセット]ボタンをクリックします。

今すぐリセットをクリック

[今すぐリセット]ボタンをクリックします。

ネットワーク設定をリセットしますか?と表示されたら[はい]ボタンをクリックします。

はいをクリック

[はい]ボタンをクリックします。

リセットを実行するとPCは再起動されます。その他のアプリは予めすべて閉じてください。未保存のデータは保存してください。


サインアウトしようとしていますと表示されたら[閉じる]ボタンをクリックします。

閉じるをクリック

[閉じる]ボタンをクリックします。

以上で操作は完了です。PCを再起動させたあと、インターネットに接続できるか確認してください。