起動時に任意のアプリを起動させる(スタートアップ登録) Windows10起動時に自動的に実行するアプリを登録することができます(スタートアップ登録)。頻繁に利用するアプリなどを自動実行するアプリとして登録すると、起動の手間を省くことができます。



キーボードの キーを押しながら R キーを押します。


「ファイル名を指定して実行」画面が表示されたら、名前の枠の中に下記のコマンドを入力します。

shell:startup

ファイル名を指定して実行画面

コマンドを入力します。


コマンドを入力したら画面下の[OK]ボタンをクリックします。

コマンドを入力してOK

[OK]をクリックします。


「スタートアップ」フォルダが開きます。

スタートアップフォルダが開きました

スタートアップフォルダが開きます。


続けてデスクトップ画面左下にある スタートボタン ボタンをクリックします。


表示されたスタートメニューの中から自動実行させたいアプリのアイコンを先ほど開いた「スタートアップ」フォルダへドラッグします。

スタートメニューへドラッグ

スタートアップフォルダへアプリをドラッグします。

アプリのショートカットの代わりに、ファイルのショートカット(作成したドキュメントや画像など)を登録すると、Windows起動時に対象のファイルを開くこともできます。

スタートアップフォルダへアプリのショートカットアイコンが作成されたら設定完了です。次回Windows起動時より登録したアプリが自動実行されます。

スタートアップフォルダへ登録完了

自動実行アプリとして登録されました。

自動起動を解除したい場合は「スタートアップ」フォルダからショートカットファイルを削除してください。






あなたへのおすすめガジェット
横へスクロール >>

目次