Windows10でアプリを自動起動させる Windows10でシステム起動時に自動的に起動するアプリを登録することができます(スタートアップ登録)。頻繁に利用するアプリを自動起動するように設定することで、アプリ起動の手間を省くことができます。また、自動起動するように設定されたアプリは、簡単に有効化/無効化することができます。




Windows10で指定したアプリ自動起動させます。利用頻度の高いアプリを自動起動するように設定することで、作業の効率化を図ることができます。

また、一部のアプリでは、自動起動の設定をアプリ側で行うことができます。ここではMicrosoft Teams自動起動の有効/無効の設定方法を紹介します。


STEP1Windows10起動時に自動で起動させたいアプリを登録する

Windows10起動時に自動起動するアプリを登録します。アプリを自動起動させるためにはショートカットをスタートアップフォルダへ登録する必要があります。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリック クリックします。

表示されたメニューの中からファイル名を指定して実行をクリックします。

ファイル名を指定して実行をクリック

[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

スタートアップに登録したアプリは、Windowsがシャットダウンした状態から起動したとき、またはWindows再起動時に自動起動されます。


スリープから復帰したタイミングでは自動起動されません。

ファイル名を指定して実行画面が開いたら、名前欄に下記のコマンドを入力します。

shell:startup

コマンドを入力します。

[コマンド]を入力します。

コマンドをコピーボタンをクリックするとコマンドが自動でコピーされます。


ファイル名を指定して実行を開く:
スタートボタン + R

コマンドを入力したら画面下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

[OK]ボタンをクリックします。

スタートアップフォルダが開いたら、自動起動させたいアプリのショートカットを、スタートアップフォルダにドラッグ(コピー)します。

スタートアップフォルダへショートカットをコピー

[スタートアップフォルダ]へショートカットをコピーします。

スタートメニュー内にあるアプリを自動起動させたい場合は、スタートメニュー内にある該当アプリのアイコンをそのままスタートアップフォルダへドラッグしてください。


ファイルやフォルダのショートカットをスタートアップフォルダへ登録すると該当のファイルまたはフォルダを自動で開くことができます。

スタートアップフォルダへショートカットを登録できたら完了です。次回Windows起動時より、登録したアプリ自動起動されます。

スタートアップ登録が完了しました

スタートアップフォルダへ登録が完了しました。

STEP2自動起動をアプリ側で設定する(Microsoft Teamsの場合)

Microsoft Teamsを例に自動起動の設定を行います。

Microsoft Teamsを起動して画面右上にある設定などアイコンアイコンをクリックします。

開いたメニューの中にある設定をクリックします。

設定をクリック

[設定]をクリックします。

アプリにより自動起動の設定方法は異なります。


Microsoft Teamsの設定画面は、デスクトップ画面右下にある通知領域内のMicrosoft Teamsアイコンを右クリック設定で開くこともできます。

Microsoft Teams設定画面が開いたら、サブメニューアプリケーションの中にあるアプリケーションの自動起動にチェックをつけます。

アプリケーションの自動起動にチェック

[アプリケーションの自動起動]にチェックします。

Microsoft Teamsのアプリケーションの自動起動の設定はデフォルトで有効です。


チェックを外すとMicrosoft Temasの自動起動は無効になります。

以上で設定完了です。次回、Windows起動時からMicrosoft Teams自動起動します。



STEP3Windows10起動時に自動で起動するアプリを停止する(設定からの変更)

Windows10起動時に自動起動されるアプリはいつでも停止(無効化)または有効化することができます。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が表示されたら、アプリアイコンをクリックします。

アプリをクリック

[アプリ]をクリックします。

STEP1:Windows10起動時に自動で起動させたいアプリを登録するの手順でスタートアップフォルダへショートカットをコピーした場合は、コピーしたショートカットを削除することでも自動起動は停止できます。


STEP2:自動起動をアプリ側で設定するの手順で自動起動を有効にした場合でも、本STEPの手順で自動起動を停止することができます。


設定を開く:スタートボタン + I

アプリ画面に切り替わったら、画面左のメニューの中からスタートアップをクリックします。

スタートアップをクリック

[スタートアップ]をクリックします。

スタートアップ画面に切り替わったら、サブメニュースタートアップ アプリの中から自動起動停止したいアプリのトグルスイッチをオフにします。

停止したいアプリのトグルスイッチをオフにします

停止したいアプリを[オフ]にします。

自動起動するアプリは、Window10の起動時間にあたえる影響度によって、影響度:大、中、小、なし(および未評価)の4段階で評価されます。影響度が大きいアプリの自動起動を停止するとWindows10の起動時間短縮できる可能性があります。


未評価で分類されたアプリは、何度かWindowsを起動させることで自動的に評価されます。


停止したアプリを再び自動起動させたい場合は、該当アプリを選択してトグルスイッチをオンにしてください。

以上で設定完了です。次回Windows10起動時より該当のアプリは自動起動されません。

STEP4Windows10起動時に自動で起動するアプリを停止する(タスクマネージャーからの変更)

アプリの自動起動タスクマネージャを使って停止します。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリック クリックします。

表示されたメニューの中からタスクマネージャをクリックします。

タスクマネージャをクリックします

[タスクマネージャ]をクリックします。

タスクマネージャが起動したら、画面上部にあるスタートアップタブをクリックします。

スタートアップをクリック

[スタートアップ]タブをクリックします。

タスクマネージャの画面でスタートアップタブが表示されていない場合は、タスクマネージャの画面左下にある詳細をクリックしてください。

詳細をクリック

タスクマネージャを開く:
Ctrl + Shift + Esc

スタートアップタブに切り替わったら、自動起動停止したいアプリをクリックします。

停止したいアプリをクリック

[停止したいアプリ]をクリックします。

停止したいアプリを選択したら、画面右下にある[無効にする]ボタンをクリックします。

無効にするボタンをクリックします

[無効にする]ボタンをクリックします。

停止したアプリを再び自動起動させたい場合は、タスクマネージャで該当アプリを選択して有効にするボタンをクリックしてください。

以上で設定完了です。次回Windows10起動時より該当のアプリは自動起動しません




WindowsFAQ セレクト横へスクロール >>