Windows10で高速スタートアップを無効にする 高速スタートアップによりPCの動作に問題がある場合は、高速スタートアップを無効にすることができます。



Windows10には高速スタートアップと呼ばれるシステムの起動時間を短縮する機能があります。これは、一部のプロセスをキャッシュすることでPC起動時間を短縮させるというものです。PC起動の待ち時間を短くするために有効な機能ですが、何らかの理由で一時的にWindowsの動作が不安定になった場合に、(高速スタートアップが影響して)再起動しても改善されない場合があります。

そのような場合は、高速スタートアップの機能を無効にしてPCを再起動する必要があります。


STEP1Windows10の高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップの機能を常時無効にします。高速スタートアップが影響してPCの動作が安定しない場合や普段PCをシャットダウンしない(スリープで終了している)場合など高速スタートアップによる効果が得にくい場合は、設定で高速スタートアップを無効にすることができます。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定アイコン設定アイコンをクリックします。

設定画面が表示されたら、システムアイコンをクリックします。

システムをクリック

[システム]をクリックします。

高速スタートアップとは?
Windows10に用意されたPCの起動時間を短縮する機能の一つです。前回シャットダウン時に休止状態として保存されたデバイス情報やサービスを読み込むことで起動時の読み込み処理を短縮することができます。


設定を開く:スタートボタン + I

システム画面が開いたら、画面左のメニューの中からに電源とスリープをクリックします。

電源とスリープをクリック

[電源とスリープ]をクリックします。

電源とスリープ画面に切り替わったら、画面右側にある電源の追加設定をクリックします。

電源の追加機能をクリック

[電源の追加設定]をクリックします。

メニュー電源の追加は、画面の表示サイズが小さい場合、画面下に表示されます。


[ファイル名を指定して実行]画面で powercfg.cpl と入力して実行すると、直接、 電源オプション 画面を開くことができます。


ファイル名を指定して実行を開く:スタートボタン + I

コントロールパネルの電源オプション画面が開いたら、画面左上にある電源ボタンの動作を選択するをクリックします。

電源ボタンの動作を選択するをクリック

[電源ボタンの動作を選択する]をクリックします。

電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化画面に切り替わったら、画面内にある現在利用可能ではない設定を変更しますをクリックします。

現在利用可能ではない設定を変更しますをクリック

[現在可能ではない設定を変更します]をクリックします。

高速スタートアップを有効にする(推奨)のチェックを外します。

高速スタートアップを有効にする(推奨)のチェックを外す

[高速スタートアップを有効にする(推奨)]のチェックを外します。

画面右下にある[変更の保存]ボタンをクリックします。

変更の保存をクリック

[変更の保存]ボタンをクリックします。

以上で設定は完了です。次回、シャットダウン または 再起動より高速スタートアップ無効になります。

STEP2一時的に高速スタートアップを無効にしてシャットダウンする(キーボード操作)

Windowsの回復オプションメニューからWindowsをシャットダウンすると、一時的に高速スタートアップを無効にすることができます。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から電源アイコン電源アイコンをクリックします。

キーボードのShift キーを押しながら再起動をクリックします。

オプションの選択画面に切り替わったら、PCの電源を切るをクリックします。

PCの電源を切るをクリック

[PCの電源を切る]をクリックします。

PCがシャットダウンされたら操作完了です。次回起動(電源ON時)のみ高速スタートアップ無効になった状態でWindowsが起動します。

キーボードのShiftキー + シャットダウンをクリックしても高速スタートアップは無効になります。(但し、通常のシャットダウンと変化がないため、正しく無効化されているか確認ができません)


回復オプションは、[スタート]-[設定]-[更新とセキュリティ]-[回復]-[今すぐ再起動]から呼び出すこともできます。


STEP3一時的に高速スタートアップを無効にしてシャットダウンする(ファイル名を指定して実行)

高速スタートアップは、シャットダウンコマンドを実行することで一時的に無効にすることもできます。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリック クリックします。

表示されたメニューの中からファイル名を指定して実行をクリックします。

ファイル名を指定して実行をクリック

[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

名前の枠の中に下記のコマンドを入力します。

コピー

shutdown /s /t 0

コマンドを入力します

シャットダウンの[コマンド]を入力します。

画面下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリック

[OK]ボタンをクリックします。

[OK]ボタンをクリックすると直ぐ(0秒後)にシャットダウンが始まります。コマンド末尾の数字を変えることにより、シャットダウンの開始時間を変更することができます。


シャットダウンを開始する前に開いているアプリは閉じてください。

PCがシャットダウンされたら操作完了です。次回起動(電源ON時)のみ高速スタートアップ無効になった状態でWindowsが起動します。