Windowsのメモリ診断を行う Windows10に用意されたメモリ診断ツールを使うと、PC内蔵メモリに異常がないか診断することができます。



メモリ診断ツールは、PC内蔵メモリに問題が発生していないか診断することのできるWindows10の標準機能です。メモリ診断ツールを利用することで、PC内蔵メモリの状態を診断し、トラブルの原因の特定やメモリ交換の判断をすることができます。PCがフリーズする、STOPエラー(ブルースクリーン)などのトラブルが頻発する場合は、メモリに異常が発生していないかチェックしてください。


STEP1Windowsのメモリ診断ツールを使ってメモリの状態メモリを診断する

メモリ診断ツールを使ってPC内蔵メモリの動作を診断します。診断を開始するためにはPCの再起動が必要です。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたスタートメニューの中から[Windows 管理ツール]-[Windows メモリ診断]をクリックします。

Windowsメモリ診断をクリック

[Windows メモリ診断]をクリックします。

Windows メモリ診断の画面が表示されたら、今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)をクリックします。

今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)をクリック

[今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)]をクリックします。

今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)をクリックするとメモリ診断がすぐに開始(Windowsが再起動)されます。未保存のデータがあれば、予め保存してから実行してください。


次回のコンピュータ起動時に問題の有無を確認するを選択すると、次回起動時にメモリ診断が開始されるようにスケジュールされます。

PCが再起動するとメモリ診断が始まります。(完了するまで待ちます)

メモリ診断が完了するまで待ちます

[メモリ診断]が開始されたら完了するまで待ちます。

メモリの容量およびメモリ診断のオプションにより診断に要する時間は異なります。PCの電源は切らずそのままお待ちください。


メモリにエラーが検出された場合は、メッセージが表示されます。メモリ診断が完了すると、PCは自動で再起動されます。

メモリ診断が完了するとWindowsが自動的に起動します。メモリの診断結果は、Windows10が起動した後も通知で表示されます。

診断結果が通知されます

PC起動後に診断結果が通知されます。

  • メモリにエラーが検出されたときは?

    STEP2メモリ診断ツールを使って詳細な診断を行う(オプション)

    メモリ診断でエラーが検出された場合は、エラーが一時的なものか確認するためにPCの放電(ほうでん)を行ってください。放電後も診断結果に変化が見られない場合は、メモリ故障の可能性があります。

    PCの放電(放電)を行う方法
    PCの電源を切って、電源ケーブルを一旦外します。ノートPCでバッテリーパックの取り外しが可能な場合は、バッテリーパックも取り外してください。1〜2分程度電源ケーブルを外してPC内部に溜まった電荷を放電してください。時間がたったらケーブルおよびバッテリーパックを元に戻してPCを起動します。

    またメモリ診断ツールでは、より詳細なメモリ診断を行うこともできます。詳細なメモリ診断についてはメモリ診断ツールを使って詳細な診断を行う(オプション)を参照してください。

    関連Q&AWindows10のシステムを修復する

STEP2メモリ診断ツールを使って詳細な診断を行う(オプション)

メモリ診断ツールには、診断オプションが用意されています。診断オプションによっては完了までに時間が掛かることがあります。

デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンをクリックします。

表示されたスタートメニューの中から[Windows 管理ツール]-[Windows メモリ診断]をクリックします。

Windowsメモリ診断をクリック

[Windows メモリ診断]をクリックします。

Windows メモリ診断の画面が表示されたら、今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)をクリックします。

今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)をクリック

[今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)]をクリックします。

メモリ診断が開始されたら、キーボードF1 キーを押します。

メモリ診断が完了するまで待ちます

キーボードの[F1]キーを押します。

画面が切り替わったらメモリ診断ツールオプションを設定します。

オプションを設定します

メモリ診断の[オプション]を設定します。

メモリ診断ツールのオプション画面上の操作はすべてキーボードで行います。
F10 : メモリ診断画面にも取ります。
Tab : 次の項目へ移動します。 矢印キー : オプションを選択します。


テストミックス:
メモリ診断のテスト対象を選択します。拡張を選択するとテスト可能なすべての対象を診断します。デフォルトは標準です。

キャッシュ:
テスト時のキャッシュオン/オフを指定します。オンを選択するとすべてのテスト対象でキャッシュを有効にします。デフォルトは既定です。

パスカウント:
テスト回数を指定します。最大で15回テストを繰り返すことができます。デフォルトは2回です。

メモリ診断のオプションの設定が完了したら、キーボードの F10 キーを押します。(設定したオプション内容でメモリ診断が再開されます)