IEのキャッシュをクリアする Internet Explorer(IE)のキャッシュ(一時ファイル)およびホームページの閲覧履歴をクリアする方法です。キャッシュおよび履歴を削除するにはインターネットオプション画面から行います。また、キャッシュの容量および閲覧履歴の保存日数はそれぞれ上限を設定することができます。




Windows10のInternet Explorer(IE)キャッシュ(一時ファイル)およびホームページの閲覧履歴をクリアします。PCにキャッシュされる一時ファイルの容量や閲覧履歴の保存期間は任意に指定することができます。


STEP1Internet Explorer(IE)のキャッシュと履歴をクリアする

Internet Explorer(IE)のキャッシュ履歴クリア(削除) します。キャッシュ履歴は、個別に削除することもできます。

Internet Explorer(IE)を起動して、画面右上にある設定アイコン設定アイコンをクリックします。

表示されたメニューの中からインターネットオプションを開きます。

インターネットオプションをクリック

[インターネットオプション]をクリックします。

(IEの)キャッシュとは:
Internet Explorerで閲覧したホームページのデータをPC内に保存(=キャッシュ)することを指します。キャッシュされたページをもう一度開いたときに、ホームページの情報の一部をPC内に保存していたキャッシュから読み込むことで、ホームページを素早く再表示させることができます。

インターネットオプション画面が開いたら、サブメニュー閲覧の履歴内にある[削除]ボタンをクリックします。

削除ボタンをクリック

[削除]ボタンをクリックします。

閲覧の履歴の削除画面が表示されたら、インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル履歴にチェックをつけます。

削除したい項目にチェック

削除したい項目にチェックをつけます。

終了時に閲覧の履歴を削除するにチェックをつけると、IE終了時に自動で履歴を削除することができます。削除される履歴は、閲覧の履歴の削除画面でチェックをつけた項目が対象です。


お気に入りWebサイトデータを保持するにチェックをつけると、お気に入り登録されていないページのキャッシュのみ削除することができます。


削除したい項目のみにチェックをつけてください。各項目の内容は下記を参照してください。

閲覧データ項目 閲覧データの説明
インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル ホームページ上の画像やデータなど一時保存された閲覧ページのファイルを削除します。
Cookieおよびその他のサイトデータ サインイン情報などのユーザ情報を削除します。
閲覧 閲覧したホームページのURLと閲覧日時のデータを削除します。
ダウンロードの履歴 インターネットからダウンロードしたファイルの履歴を削除します。(ダウンロードしたファイルは削除されません)
フォーム データ ホームページで入力したテキスト(メール、住所など)を削除します。
パスワード 保存したホームページのログインパスワードを削除します。
追跡防止、ActiveXフィルター、およびトラッキング拒否のデータ Webサイト側のトラッキング要求(横断して情報収集すること)の拒否設定をクリアします。(クリアすると再度トラッキング許可・拒否の確認を求められます)

削除したい項目にチェックをつけたら、画面右下にある[削除]ボタンをクリックします。

削除ボタンをクリック

[削除]ボタンをクリックします。

キャッシュ(一時ファイル)が破損している場合、キャッシュ削除の完了に時間が掛かることがありますが、完了するまでは画面を閉じないでください。


以上で、Internet Explorer(IE)キャッシュ(一時ファイル)および履歴クリアが完了しました。



STEP2Internet Explorer(IE)のキャッシュ容量を設定する

Internet Explorerのキャッシュの設定を行います。キャッシュの設定ではキャッシュ容量の上限を決めることができます。

Internet Explorer(IE)を起動して、画面右上にある設定アイコン設定アイコンをクリックします。

表示されたメニューの中からインターネットオプションを開きます。

インターネットオプションをクリック

[インターネットオプション]をクリックします。

インターネットオプション画面が開いたら、サブメニュー閲覧の履歴内にある[設定]ボタンをクリックします。

設定ボタンをクリック

[設定]ボタンをクリックします。

Webサイトデータの設定画面が開いたら、使用するディスク領域欄に、IEのキャッシュとして割り当てたい容量の上限(単位:MB)を指定します。

キャッシュの容量を指定します

キャッシュの[ディスク容量]を指定します。

IEのキャッシュとして割り当てできるディスク容量は、8〜1024MBです。


PCのディスク容量が少ない場合は、キャッシュに割り当てる容量を減らしてください。特に問題がなければ推奨の範囲内で設定してください。

使用するディスク領域の設定が完了したら、画面右下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリックします。

[OK]ボタンをクリックします。

保存しているページの新しいバージョンがあるかどうかの確認のチェック項目は、通常デフォルト(自動的に確認する)で問題ありませんが、更新頻度の高いページを繰り返し表示したい場合は、Webサイトを表示するたびに確認するにチェックをつけてください。(常に最新のデータでホームページが表示されます)

STEP3Internet Explorer(IE)の閲覧履歴の保存期間を設定する

IEの閲覧履歴の保存期間を指定します。履歴の保存期間はデフォルトで20日です。

Internet Explorer(IE)を起動して、画面右上にある設定アイコン設定アイコンをクリックします。

表示されたメニューの中からインターネットオプションを開きます。

インターネットオプションをクリック

[インターネットオプション]をクリックします。

インターネットオプション画面が開いたら、サブメニュー閲覧の履歴内にある[設定]ボタンをクリックします。

設定ボタンをクリック

[設定]ボタンをクリックします。

Webサイトデータの設定画面が開いたら、画面上部にある履歴タブをクリックします。

履歴タブをクリック

[履歴]タブをクリックします。

履歴タブが開いたら、ページを履歴に保存する日数を指定します。

閲覧履歴の日数を指定します

[ページを履歴に保存する日数]を指定します。

閲覧履歴は最大で999日記録することができます。

閲覧履歴は、指定した日数を経過後のIE起動時に消去されます。(IEを起動するまでは、指定した日数を経過しても履歴は削除されません)

ページを履歴に保存する日数の設定が完了したら、画面右下にある[OK]ボタンをクリックします。

OKボタンをクリックします。

[OK]ボタンをクリックします。



WindowsFAQ セレクト横へスクロール >>