Windows MediaPlayerやGrooveMusicで曲が再生できません:「0xc00d7187」エラー|Groove Musicのヘルプ Windows MediaPlayerやGrooveMusicで音楽を再生すると「再生できません。0xc00d7187」または「ファイルの再生中にWindows Media Playerで問題が発生しました」とエラーが表示され曲の再生ができない場合の対処方法です。


Windows VistaやWindows7でWindows Media Playerを使って音楽CDの曲を取り込む際に、コピー防止(DRM)を追加した曲(wma形式)を再生するとエラーが発生します。Windows10 RS1以降の環境下では、DRMのライセンス取得ができないため、再生するためにはコピー防止機能の削除が必要です。


下記のアドレスをクリックして、ストアアプリで「Digital Rights Update Tool(デジタル著作権更新ツール)」のダウンロードページを開きます。


ストアアプリが起動したらページ内にある[購入]ボタンをクリックします。

ストア画面

[購入]ボタンをクリックします。

無料でダウンロードできます。

ダウンロードが完了したら、[起動]ボタンをクリックします。

ストア画面

[起動]をクリックします。


「Digital Rights Update Tool」が起動したら、画面右上にある[フォルダー]ボタンをクリックします。

Digital Rights Update Tool画面

[フォルダー]をクリックします。


フォルダーの選択画面が表示されたら[ミュージック]フォルダーを選択し、[フォルダーの選択]ボタンをクリックします。

フォルダーの選択画面

ミュージックを選んで[フォルダーの選択]をクリックします。


コピー防止のかかった曲の一覧が表示されたら、画面右上にある[再生]ボタンをクリックします。

Digital Rights Update Tool画面

[再生]をクリックします。

曲名が表示されない、またはDigital Rights Updata Toolが異常終了する場合は、曲が直接格納されているフォルダーを選択し直してください。

すべての曲に「完了」とメッセージが表示されたらコピー防止機能の解除は終了です。コピー防止が解除された曲はMedia PlayerやGrooveミュージックなどWMA形式に対応したソフトで再生できます。

Digital Rights Update Tool画面

解除が完了しました。

コピー防止機能の解除を行うと、同じファイル名でバックアップが取られます。(ファイルの拡張子はbackupです)
バックアップファイルが作成されないようにするには、事前にDigital Rights Update Toolの画面右上にある[設定]ボタンをクリックし、「処理後にファイルバックアップを削除する」の項目をオン(バックアップの削除)に変更してください。


広告スペース




新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。
  • Microsoft Edgeでお気に入りを登録するNEW
    よく閲覧するホームページはMicrosfot Edgeにお気に入りとして登録するとページの再閲覧が簡単にできて便利です。また、お気に入りバーに登録させることで常にMicrosoft Edgeの画面上にリンクを表示させることもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット