WindowsUpdate時のドライバの自動更新を無効にする方法|WindowsUpdateのヘルプ WindowsUpdate時に実行されるデバイスドライバの更新は設定を変えることにより無効にすることができます。


Windows10では、WindowsUpdateを実行することにより、デバイスドライバのバージョンも自動更新される機能を備えています。通常は問題ありませんが、利用している環境によってはドライババージョンが旧バージョンに置き換えられたり、バージョンが更新されたことにより不具合の原因になることもあります。
ドライバ更新により問題が生じる場合は、レジストリーを書き換えることにより、ドライバの自動更新を無効にすることができます。



デスクトップ画面左下の ボタンを右クリックします。



表示されたメニューの中から、[Windows Powershell(管理者)]を選択します。

スタートメニュー画面

[Windows Powershell(管理者)]を選択します。



「ユーザーアカウント制御」の画面が表示された場合は、[はい]を選択します。

ユーザーアカウント制御画面

[はい]を選択します。



「Windows PowerShell」が起動したら、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

reg add HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v ExcludeWUDriversInQualityUpdate /t REG_DWORD /d 1 /f

デバイスドライバーの無効化

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。



以上で操作完了です。これで次回以降のWindows Updateでドライバーが更新されなくなります。


広告スペース




新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。
  • Microsoft Edgeでお気に入りを登録するNEW
    よく閲覧するホームページはMicrosfot Edgeにお気に入りとして登録するとページの再閲覧が簡単にできて便利です。また、お気に入りバーに登録させることで常にMicrosoft Edgeの画面上にリンクを表示させることもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット