Question

Question

Windows Updateのエラーコードを確認する Windows Update失敗時のエラーコードを確認するにはどうしたらよいですか。

Question

Question

エラーコードの確認方法は以下の通りです。

Windows Updateのエラーコードを確認すると、問題の解決に役立ちます。


① デスクトップ画面左下の スタートボタンをクリックします。

② 表示されたメニューの中から 設定アイコンをクリックします。

③ 「Windowsの設定」の画面が表示されたら[更新とセキュリティ]をクリックします。

Windowsの設定画面
更新とセキュリティをクリック

④ 下図を参考にエラーコードを確認します。

WindowsUpdate画面
エラーコードを確認します


face Image

助けが必要ですか?

「手順通りに上手くいかない」、「改善しない」などお困りの場合は、下の中から該当する項目を選択(クリック)してください。

電話や遠隔操作でサポートを受けることはできますか?

電話・遠隔サポートは行っておりません

電話や遠隔によるサポートは行っておりません。(メールサポートは2018年3月18日受付分をもって終了しました)
追加のサポートが必要なお客様は、下記の出張サポートサービス(有償)をご利用ください。

■ パソコン修理設定サポートの【ドクター・ホームネット】




フィードバックにご協力ください。この情報は役に立ちましたか?


問題が解決しませんか?関連するFAQはこちら

Windows Update

Windows10をNovember 2019 Update(バージョン1909)にアップデートする方法 Windows10をNovember 2019 Update(バージョン1909)にアップデートするにはどうしたらいいですか


続きを読む >>

Windows Update

WindowsUpdateを実行すると「更新サービスに接続できませんでした」エラー Windows10でWindows Update を実行すると「更新サービスに接続できませんでした」と表示され、更新に失敗します。


続きを読む >>

Windows Update

Windows Updateに失敗する場合の改善方法(バージョン1909,1903対応版) Windows10のWindows Updateで、「0x80073712」「0x800705B4」「0x80004005」「0x8024402F」「0x80070002」「0x80070643」「0x80070003」「0x8024200B」「0x80070422」「0x80070020」などのエラーコードが表示され更新に失敗または更新が途中で止まりWindowsUpdateが完了しません。


続きを読む >>

Windows Update

WindowsUpdate時のドライバの自動更新を無効にする方法 WindowsUpdate時にデバイスドライバも自動的に更新されてしまいます。ドライバの更新を無効にするにはどうしたらいいですか。


続きを読む >>

サポート
サポートフォーラムを利用する

WindowsFAQ サポートフォーラムは、WindowsやOffice製品に関する質問について、他のメンバーから回答を受けたり、情報を共有することのできる場所です。サポートフォーラムは、誰でも無料でサービスを利用することができます。

サポートフォーラムを利用する >>

新着FAQ

Edge NEW

Microsoft Edge「このサイトは安全ではありません」とエラーが表示されます。


Microsoft Edgeでホームページを開こうとすると「このサイトは安全ではありません」とエラーが表示され、ホームページが表示されません。
続きを読む >>

Edge NEW

Edgeのスタートページで検索枠の下に表示される検索履歴を削除したい


Microsoft Edgeではじめに表示されるページの検索枠の下に過去に検索したキーワードが残っています。この検索履歴を削除(クリア)するにはどうしたらいいですか。
続きを読む >>

Edge NEW

Interenet Explorer(IE)のお気に入りをEdgeに移動させる方法(1909対応版)


Internet Explorer(IE)に登録しているお気に入りを、Microsoft Edgeに移動(インポート)させるにはどうしたらよいですか。
続きを読む >>

Edge NEW

Microsoft Edgeでお気に入りバーを表示させる方法(1909対応版)


Microsoft Edgeにお気に入りバーを表示させると、お気に入りに登録したホームページのリンクが常にアドレスバー下に表示されるので、ホームページをすぐに開くことができるようになります。
続きを読む >>