Question

Question

April 2018 Update(RS4)の更新を回避する方法 Windows10を旧バージョンで利用しています。April 2018 Update(RS4)にアップデートせず、現在のバージョンのままで利用するにはどうしたらいいですか。

STEP2 : 更新プログラムを削除する

April 2018 Update(RS4)用の更新プログラムは、Cドライブに10GB前後の容量を確保しています。このデータを削除することにより空き容量を増やすことができます。

デスクトップ画面左下の ボタンをクリックします。

重要

バージョン1803の更新プログラムがWindows Updateの更新リストから消えるまで、本操作は実行できません。

表示されたメニューの中から 設定をクリックします。


「Windowsの設定」画面が表示されたら、[システム]をクリックします。


Windowsの設定画面 システムをクリック

「システム」画面が表示されたら、[ストレージ]をクリックします。


システム画面 ストレージをクリック

「ストレージ」画面が表示されたら、Cドライブの項目をクリックします。


ストレージ画面 Cドライブをクリック
ヒント

複数のドライブ表示がある場合は、(C:)と表記されている項目を選択してください。

[一時ファイル]の項目をクリックします。


ストレージCドライブ 一時ファイルをクリック

[Windowsの以前のバージョン]にチェックをつけ、[ファイルの削除]をクリックします。

一時ファイルのクリーンアップ画面 以前のバージョンのチェックをつけファイルの削除をクリック

「一時ファイル」の一覧の中から、[Windowsの以前のバージョン]の項目が消えたら操作完了です。

[Windowsの以前のバージョン]の項目が消えない場合は、10-30分程待ってから、STEP2の操作をもう一度やり直してください。

重要

[ファイルの削除]ボタンをクリックしても「Windowsの以前のバージョン」の項目が消えない場合は、10-30分程待ってから、本STEP2の操作をもう一度やり直してください。バージョン1803の更新プログラムがWindows Updateの更新リストから消えるまで、本操作は完了できません。


Question

face Image

助けが必要ですか?

「手順通りに上手くいかない」、「改善しない」などお困りの場合は、下の中から該当する項目を選択(クリック)してください。


ファイルの削除を行っても[Windowsの以前のバージョン]が消えません

しばらく待ってから実行してください


Windows Updateの更新リストに「バージョン1803の機能更新プログラム」が表示されている間は、削除できません。ブロックした1803用更新プログラムは、STEP1の操作後、10〜30分程度待つと更新リストから削除されます。時間が経過してもリストから消えない場合は、一旦再起動してください。(更新して再起動は選ばないでください)

「保留中の重要な更新プログラム」とメッセージが表示されています。

「後で通知する」で閉じてください


更新を行いたくない場合は、「後で通知する」で閉じてください。保留される更新されるプログラム名は、[スタート]→[設定]→[更新とセキュリティ]→[Windows Update]で確認ができます。保留される更新プログラムが「Windows10 バージョン1803の機能更新プログラム」となっていた場合は、本FAQの操作を行うことで更新を一時的にブロックすることができます。

バージョン1803以降のバージョンに更新せず利用しても問題ありませんか。

お勧めできません


Windows10の各バージョン毎にMicrosoft社のサポート期間は異なります。サポートが終了する前に更新することをお勧めいたします。ご利用の環境やソフトがバージョン1803に対応してない場合は、本FAQの手順で一時的にブロックしてください。

本FAQの手順で更新プログラムをブロックしました。解除するためにはどうしたらいいですか。

トラブルシューティングツールを再実行してください


STEP1の手順を参考に、Microsoft社提供の「更新プログラムの表示または非表示」ツールをダウンロード/再実行してください。手順(4)で[Show hidden updates]を選択するとブロックした更新プログラムを再表示することができます。

電話や遠隔操作でサポートを受けることはできますか?

電話・遠隔サポートは行っておりません


電話や遠隔によるサポートは行っておりません。(メールサポートは2018年3月18日受付分をもって終了しました)
追加のサポートが必要なお客様は、下記の出張サポートサービス(有償)をご利用ください。

■ パソコン修理設定サポートの【ドクター・ホームネット】

フィードバックにご協力ください。この情報は役に立ちましたか?