Windows10 Creators Update(RS2)のアップデートを回避する|WindowsUpdateのヘルプ Windows10 Creators Update(RS2)の更新通知が表示されたときのアップデート回避方法です。


Windows10 Creators Updateへのアップデートを回避するためには、プライバシー設定(KB4013214)の削除、ブロックする必要があります。これによりWindows10 Creators Updateへのアップデートを一時的に回避することができます。

STEP1プライバシー設定画面を閉じる

過去に本FAQの手順でブロックしたプライバシー設定が再度表示されるようになった場合は、同じ手順で再度ブロックし直してください。

Windows10 Creators Updateのプライバシー設定が表示されている場合は、下記の手順で先に終了してください。

「後で通知する」と表示がある場合

[後で通知する]をクリックしてプライバシー設定画面を閉じます。続けて「STEP2:KB4013214を削除、ブロックする」に進んでください。

プライバシー設定画面

[後で通知する]をクリックします。

「後で通知する」と表示がない場合


キーボードのCtrlAltDelキーを同時に押します。


ブルーの画面に切り替わったら、画面中央に表示されたメニューの中から[タスクマネージャー]をクリックします。(このあと「プライバシー設定」画面を閉じるまで、マウスやタッチパネルは触らないでください)

Ctrl+Alt+Del画面

[タスクマネージャー]をクリックします。


「プライバシー設定」の画面後ろに[タスクマネージャー]が表示されたら、キーボードの (下矢印)キーを押して、[UNPUXhost]を選択(青く反転)します。

タスクマネージャー画面

[UNPUXhost]を選択します。

キーボードの矢印キーを押しても反応がない場合は、[Alt]キーを押しながら[Tab]キーを数回押し、「タスクマネージャー」を選択してください。(白い枠でタスクマネージャーが囲まれた状態にします)

キーボードのAltキーを押しながら、Eキーを押します。


プライバシー設定画面を閉じることができたら、続けて「STEP2:KB4013214を削除、ブロックする」に進んでください。


広告スペース




新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。
  • Microsoft Edgeでお気に入りを登録するNEW
    よく閲覧するホームページはMicrosfot Edgeにお気に入りとして登録するとページの再閲覧が簡単にできて便利です。また、お気に入りバーに登録させることで常にMicrosoft Edgeの画面上にリンクを表示させることもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット