WindowsUpdateを使いこなす|WindowsUpdateのヘルプ


Windows Update を使いこなす

Windows Updateを実行するとパソコンを最新の状態に更新することができます。Windows Updaeで最新の状態に更新することでWindows10上で見つかったセキュリティ上の問題を修復したりWindows10の新機能を利用することができます。

Windows UpdateによるWindows10の更新は自動で行われますが、任意のタイミングで手動実行することも可能です。また適用される更新プログラムによってはWindowsの再起動が必要となる場合があります。再起動のタイミングは設定によりカスタマイズすることもできます。

1 Widnows Updateを手動で実行する


デスクトップ画面左下にある スタートボタン ボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から 設定アイコン アイコンをクリックします。

[更新とセキュリティ]アイコンをクリックします。

表示されたWindowsUpdate画面内にある[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックします。


・WindowsUpdateの手動更新について詳しくはこちらを参照してください。

2 Windows Updateの再起動タイミング(時間帯)を変更する


Windows Udateに伴うPC再機能のタイミングを変更します。

デスクトップ画面左下にある スタートボタン ボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から 設定アイコン アイコンをクリックします。

[更新とセキュリティ]アイコンをクリックします。

表示されたWindowsUpdate画面内にある[アクティブ時間の変更]をクリックします。

アクティブ時間画面に切り替わったら[変更]をクリックします。

アクティブ時間(WindowsUpdateによる再起動を避けたい時間帯)を指定して[保存]ボタンをクリックします。


・WindowsUpdateの再起動タイミングの変更について詳しくはこちらを参照してください。

3 Windows Updateの更新履歴を確認する


デスクトップ画面左下にある スタートボタン ボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から 設定アイコン アイコンをクリックします。

[更新とセキュリティ]アイコンをクリックします。

表示されたWindowsUpdate画面内にある[更新履歴を表示する]をクリックします。


・WindowsUpdateの更新履歴について詳しくはこちらを参照してください。

4 WindowsUpdateの設定をカスタマイズする


Windows Updateの設定を変更することで、更新完了時に再起動の通知を表示したり、更新プログラムの取得を一時的に停止することができます。

・更新設定のカスタマイズ

5 エラーコード別トラブルシューティング


Windows Updateで更新に失敗する場合は、エラーコードを確認することで失敗の原因を特定したり解決のヒントを見つけることができます。

・エラーコードを確認する

・「0xc1900208」
・「0xc1900209」
・「0x800F0923」
・「0xC1900101」
・「更新サービスに接続できませんでした」
・「デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」

その他のエラーコードまたはエラーコードが確認できない場合は下記のQ&Aを参照してください。

・Windows Updateの問題を解決する

6 その他