WindowsUpdateでドライバの更新を無効化 Windows10では、WindowsUpdateを介してデバイスドライバの最新バージョンが配信されることがあります。通常は問題ありませんが、一部のPCメーカーでサポートされていない場合や、ドライバが更新されたことにより不具合の原因になることもあります。 ドライバ更新により問題が生じる可能性がある場合は、レジストリーを書き換えることにより、ドライバの自動更新を無効にすることができます。

Windows10 すべて


WindowsUpdateによるデバイスドライバーの更新を無効化します。ドライバー更新により動作に不具合が発生する場合は無効にしてください。

デスクトップ画面左下の スタートボタンを右クリックします。


表示されたメニューの中から、Windows Powershell(管理者)を選択します。


Windows Powershellを選択

[Windows Powershell(管理者)]を選択します。

ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は、[はい]ボタンをクリックします。


ユーザーアカウント制御画面

[はい]ボタンをクリックします。

Windows PowerShell(管理者)の画面が表示されたら、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

reg add HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v ExcludeWUDriversInQualityUpdate /t REG_DWORD /d 1 /f

デバイスドライバーの無効化

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

以上で操作完了です。


ヒント:

次回以降のWindows Updateでデバイスドライバ用の更新プログラムは適用されなくなります。






WindowsFAQ セレクト横へスクロール >>