メールにフラグを設定 する 受信したメールにフラグを設定します。フラグはメールを特定するための目印として利用することができます。

メールにフラグを設定します。フラグとはメールを特定するための目印をつける機能です。重要なメールなどにフラグ設定を行うと便利です。また、ビューのフィルター設定でフラグのついたメールのみを絞り込んで表示することもできます。


Windows10 すべて


メールフラグとは:メールに目印として設定する旗マーク(フラグ)のことを指します。重要なメールやあとで確認する必要があるメールなどに目印としてフラグを設定すると後で、見返えしたい時に直ぐに該当のメールを見つけることができます。


指定したメールに目印としてフラグをつけます。フラグは、たくさんのメールの中から特定のメールを見分けるのに役立ちます。

STEP1 メールにフラグを設定する

受信したメールにフラグをつけます。フラグをつけることによってたくさんのメールの中から、目的のメールを見つけやすくなります。

ローカル(PC)に保存したいメールを選択して開きます。

ビューの中からフラグを設定したいメールにマウスのカーソル(矢印)を合わせます。

フラグを設定したいメールにマウスを合わせます

メールにマウスカーソルを合わせます

メール受信日時の上にあらわれたアイコンの中からフラグ(旗)マークのアイコンをクリックします。

フラグマークをクリックします

[フラグマーク]をクリックします。

メールにフラグが設定されました。

フラグが設定されました。

メールにフラグが設定されました。

設定されたフラグをクリックするとフラグを解除することができます。

STEP2フラグの設定されたメールを絞り込んで表示する

ビューでフィルター設定を変更することで、フラグの設定されたメールのみを表示することができます。

ビュー(メールの一覧)の右上にあるすべてをクリックします。

フィルターの項目をクリック

[すべて]をクリックします。

表示されたメニューの中からフラグ付きをクリックします。

フラグ付きをクリック

[フラグ付き]をクリックします。

ビューのフィルター設定をすべてに変更すると設定は元に戻ります。(すべてのメールが表示されるようになります)