Windows10 で メール に 署名 を登録する メール送信用の署名を作成・登録します。自身のメールアドレスや連絡先が表示されるように署名を登録してください。

Windows10 の メール アプリで 署名 を 登録 します。署名を 変更 したい時は、設定 メニューから行います。署名はデフォルトで、 Windows10版のメールから送信 と設定されています。署名は、デフォルトの内容を書き換えて自由にカスタマイズすることができます。


Windows10 すべて


メールの署名とは:メール本文の末尾などに挿入するメールの差出人(メール送信者)情報を相手に知らせるためのものです。メール差出人の情報として主に名前、メールアドレス、会社名(ビジネスメールの場合)、部署名(ビジネスメールの場合)、電話番号(ビジネスメールの場合)を登録します。


Windows10のメールで本文に挿入する署名を設定する方法です。署名に連絡先や会社名を入力して、メールの送信相手に通知されるように編集・設定しましょう。

手順 Windows10 で メール アプリに 署名 を登録・設定する

署名を登録するためには、メールの設定画面から操作を行います。

メールの画面左下にある メールアプリ設定ボタン 設定アイコンをクリックします。

画面右側に表示されたメニューの中から署名をクリックします。

署名の入力欄に図のサンプルを参考に署名を入力します。


メールアプリ署名入力

署名を入力します。

電子メールの署名を使用するはオンにしてください。

すべてのアカウントに適用するにチェックをつけると、メールに登録されたすべてのメールアカウントで同じ署名を利用することができます。

署名の入力が完了したら画面下にある[保存]ボタンをクリックします。


保存をクリックします

[保存]ボタンをクリックします。

以上でメールの署名の設定は完了です。