Windows10のメールを使いこなす メールは、Windows10に標準で用意されているHTML形式対応のメールアプリです。プロバイダーで提供されている一般的なメールサービスのPOPやIMAPに対応しているほか、GoogleやiCloudなどのメールサービスにも対応しています。

メールはWindows10に標準で用意されているHTML形式対応のメールアプリです。プロバイダーで提供されている一般的なメールサービスのPOPIMAPに対応しているほか、GoogleiCloudなどのメールサービスにも対応しています。


メールは、MicrosoftアカウントでWindowsにサインインしている場合は自動でメールアカウントがセットアップされるので直ぐに利用することができます。また、People(アドレス帳)やカレンダーとの連携にも対応しています。

メールの画面構成

メールは、画面左側にフォルダーとメッセージの一覧、右側に閲覧ウインドウが表示されるシンプルな画面構成です。PCやタブレット、スマートフォンなど画面サイズが異なる端末でも同じ操作感が得られるユニバーサルアプリです。

メールの画面

フォルダーウインドウ

メールボックス内のフォルダー(受信トレイや送信済みなど)が表示されます。複数のメールアカウントを登録している場合は、フォルダーウインドウ内でアカウントの切り替えを行います。

ツールバー

選択したメールの返信や削除を行うためのアイコンが表示されます。メールの作成画面を開くと、メール作成用のツールバー表示に切り替わります。

ナビゲーションバー

カレンダーPeopleの起動やメールの設定画面を呼び出します。

ビュー

フォルダーウインドウで選択したフォルダー内のメール一覧が表示されます。ビュー上部の検索ウインドウでフォルダー内のメールを検索することもできます。

閲覧ウインドウ

ビューで選択したメール本文メールの件名を表示します。メールの新規作成や返信アイコンをクリックするとメールの作成画面に切り替わります。

ヒント:

ユニバーサルアプリとは:パソコンやタブレット、スマートフォンなどさまざまなデバイスに対応したアプリのことを指します。ユニバーサルアプリは、画面サイズの異なるデバイスでも同じ操作感が得られるように統一されたデザインで構成されています。

メールを起動 & 初期セットアップをする

デスクトップ画面左下にある スタートボタン (スタート)ボタンをクリックします。

表示されたメニューの中から メール (メール)アイコンをクリックします。

(Microsoftアカウントでサインインしている場合)
・Microsoftアカウント(メールアドレス)がセットアップされた状態で起動します。

(ローカルアカウントでサインインしている場合)
・「アカウントの追加」画面が表示されます。アカウントの追加方法はこちらを参照してください。

メールを受信する

・メールは自動で受信されます。
・メールの受信を手動(任意のタイミング)で行う場合は、画面上部にあるアイコンをクリックします。
・メール受信(同期)のタイミングは下記の手順で変更できます。

メール画面左下にある設定アイコン アイコンをクリックします。

表示されたメニューの中から[アカウントの管理]→(変更したい)アカウント名をクリックします。

[メールボックスの同期の設定の変更]をクリックします。

[新しいコンテンツのダウンロード]のプルダウンメニューから同期のタイミングを選択します。

画面下の[完了]をクリックします。

メールを送信する

画面左上にある[メールの新規作成]をクリックします。

メールの件名、宛先、本文を入力します。

画面右上にある[送信]をクリックします。

ヒント:

・メール作成画面の右上にある別のウインドウで開く をクリックするとメールを別ウインドウで開くことできます。

メール新規作成画面

メールを返信・転送する

返信または転送したいメールを開きます。

画面右上にある[返信]または[転送]をクリックします。

メールの件名、宛先、本文を入力します。

画面右上にある[送信]をクリックします。

・メール受信者全員に返信したい場合は[全員へ返信]をクリックします。

メールに署名を登録する

メール画面左下にある設定アイコン アイコンをクリックします。

表示されたメニューの中から[署名]をクリックします。

署名を入力して画面下にある[保存]ボタンをクリックします。

・署名の登録方法について詳しくはこちらを参照してください。

Tips & トラブルシューティング






WindowsFAQ セレクト横へスクロール >>