別ブラウザからお気に入りをインポートする Microsoft Edgeで、Internet Explorerのお気に入りやGoogle Chromeなど他ブラウザーのブックマークをインポートします。インポートすることでこれまで利用していたブラウザーで登録していたブックマーク(お気に入り)をChromium版 Microsoft Edgeでも利用することができます。他ブラウザーのブックマーク(お気に入り)をインポートするときにCookeiなども一緒にインポートすることもできます。

インポートとは:あるアプリのデータを別のアプリでも扱えるファイル形式に変換して取り込むことをといいます。


お気に入りを開く:Ctrl + Shift + O


Chromium版 Microsoft Edgeの「お気に入り」のインポート方法は次の通りです。

Microsoft Edgeの画面右上にある設定などアイコン設定などアイコンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定をクリックします。

設定などメニュー

[設定]をクリックします。

設定ページが開いたらページ右枠内にあるブラウザーデータのインポートをクリックします。

設定ページでインポートをクリック

[ブラウザーデータのインポート]をクリックします。

ブラウザーデータのインポート画面が表示されたらインポート元のプルダウンメニューの中からインポート元のブラウザー名を選択します。

ブラウザーデータのインポート

プルダウンメニューからインポート先を選択します。

ヒント:

PCにGoogle ChromeやFirefoxなどの他ブラウザーがインストールされている場合、インポート元にインストール済みブラウザーの名前が表示されます。

インポート元を選択します

Chromium版Microsoft Edgeにインポートしたいデータの種類を選択して画面下にある[インポート]ボタンをクリックします。

インポートボタンをクリック

[インポート]ボタンをクリックします。

ヒント:

必要に応じてインポートする項目のチェックを変更してください。

以上でブラウザーデータ(お気に入り)のインポート完了です。






WindowsFAQ セレクト横へスクロール >>