Edge で パスワード を 保存 する Microsoft Edgeにはインターネットのログインパスワードを保存・管理する機能があります。パスワード管理の機能を利用することでパスワードを記録してパスワード入力を自動化(省略)したり、特定のサイトのみパスワード登録を無効にすることができます。記録したパスワードはいつでも削除することができます。

Windows10 の Microsoft Edge でサイトの パスワード保存 します。保存したパスワードは、サイトにサインインするときに自動入力することができます。


Windows10 すべて


Microsoft Edgeでパスワード管理を行う方法は以下の通りです。


STEP1Microsoft Edgeで パスワード を 保存 する

Microsoft Edgeでログインページを開き、ユーザID、パスワードを入力します。

パスワード保存の確認メッセージが表示されたら[保存]ボタンをクリックします。

パスワード保存画面で保存をクリック。

[保存]ボタンをクリックします。

保存されたパスワードは同じMicrosoftアカウントを利用しているデバイス間で共有することができます。

パスワードが保存されました。

STEP2Microsoft Edge で 保存 した パスワード を削除する

保存したログインパスワード削除または編集することができます。

Microsoft Edgeの画面右上にある設定など設定などアイコンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定をクリックします。

設定画面が表示されたらサブメニュープロファイルの中のパスワードをクリックします。

設定画面でパスワードをクリック

[パスワード]をクリックします。

プロファイル/パスワードの画面が表示されたら削除したいWebサイトの右端にある設定などその他のアクションアイコンをクリックします。

パスワード画面でアイコンをクリック

[その他のアクション]アイコンをクリックします。

表示されたメニューの中から削除をクリックします。

削除をクリックします

[削除]をクリックします。

保存されたパスワードを編集したい場合は[編集]をクリックします。


STEP3Microsoft Edge の パスワード 保存 機能を無効にする

Microsoft Edgeのパスワード保存機能を無効に設定することができます。

Microsoft Edgeの画面右上にある設定など設定などアイコンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定をクリックします。

設定画面が表示されたらサブメニュープロファイルの中のパスワードをクリックします。

設定画面でパスワードをクリック

[パスワード]をクリックします。

プロファイル/パスワードの画面が表示されたらパスワードの保存を提案項目にあるトグルボタンをクリックしてオフにします。

パスワード保存を提案をオフに設定します

[パスワードの保存を提案]をオフにします。

STEP4特定のサイトでパスワード保存の確認メッセージが表示されない場合

STEP3のパスワード保存を提案が有効になっているにもかかわらずパスワード保存の確認メッセージが表示されない場合は、該当のページでパスワードを保存しない設定になっている可能性があります。

Microsoft Edgeの画面右上にある設定など設定などアイコンをクリックします。

表示されたメニューの中から設定をクリックします。

設定画面が表示されたらサブメニュープロファイルの中のパスワードをクリックします。

設定画面でパスワードをクリック

[パスワード]をクリックします。

サブメニュー保存しないの中にパスワード保存の確認メッセージが表示されないホームページが登録されていたら、 × ボタンをクリックして項目を削除します。

保存しない設定のサイトを削除

× ボタンで登録を削除します。