Microsoft Edgeのタブを垂直(縦長)に表示 Microsoft Edgeでタブの表示をカスタマイズします。Chromium版Microsoft Edgeではアドレスバー上部に表示されているタブを通常の水平表示から垂直表示に切り替えることができます。好みに応じてタブの表示を切り替えてください。

Windows10 すべて(旧バージョンのMicrosoft Edgeのヘルプを参照したい場合はこちらを参照してください。)


タブとは:画面の表示を素早く切り替えるための仕組みです。Microsoft Edgeでは画面上部のアドレスバーの上にタブが表示されています。タブをクリックすることで素早くページを切り替えることができます。


次のタブを表示:Ctrl + Tab、前のタブを表示:Ctrl + Shift + Tab


Chromium版 Microsoft Edgeでタブを垂直(縦長)表示に切り替える方法は以下の通りです。

Microsoft Edgeを起動し、画面左上にある 垂直タブアイコン垂直タブバーを有効にする アイコンをクリックします。

垂直タブバーを有効にする

[垂直タブバーを有効にする]アイコンをクリックします。

Microsoft Edgeのタブが垂直表示に切り替わりました。

タブバーが垂直になりました

タブが垂直表示になりました。

ヒント:

垂直タブバーの1番上にある切り替えアイコンをクリックすると、元の水平(横長)表示のタブに戻ります







WindowsFAQ セレクト横へスクロール >>