Question

Question

Windows10で起動時にユーザープロファイルのエラーが発生します パソコン起動時に「user profile service サービスによるサインインに失敗」または「アカウントにサインインできません」と表示されます。起動してもデスクトップのアイコンやドキュメントに保存していたデータが見つかりません。

STEP3 : レジストリを修正する

キーボードの左下にある キーを押しながら、R キーを押します。

「ファイル名を指定して実行」の画面が起動したら、下記のコマンドを入力し、[OK]ボタンを押します。


regedit
regedit



ファイル名を指定して実行画面

「ユーザーアカウント制御」の画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。


スタート右クリックメニュー

「レジストリエディタ」が起動したら、画面左枠のツリーの中から、HKEY_LOCAL_MACHINE -> SOFTWARE -> Microsoft -> Windows NT -> CurrentVersion -> ProfileList と順番にクリックして開きます。(文字の左横にある マークを順番にクリックします)


レジストリエディタ画面

「ProfileList」キー内にある「S-1-5」で始まるサブキーを開き、その中にある「ProfileImagePath」の値(データ)を確認します。複数ある「S-1-5」のサブキーの中から、「ProfileImagePath」の値(データ)が、「C:\Users\(修復したいユーザー名)」となっている項目を探します。


(例)修復したいユーザー名が「WINDOWS10」の場合、データの値は「C:\Users\WINDOWS10」となります。

レジストリエディタ画面

修復したいユーザー名の項目を見つけたら、その中にある「State」の項目をダブルクリックします。


レジストリエディタ画面

「値のデータ」の数字を「0」に書き換えて、[OK]ボタンを押します。


DWORD値の編集画面

次に、レジストリエディタ画面右枠の余白の上でマウスを右クリックし、表示されたメニューの中から[新規作成]->[DWORD(32ビット)値]をクリックします。


DWORD値の編集画面
ヒント

「RefCount」という項目が既に存在する場合は、手順8、9の操作は不要です。データ値は「0」にしてください。

新規作成された項目の名前を「RefCount」に書き換えます。


DWORD値の編集画面

以上で操作完了です。レジストリエディタの画面を閉じて、パソコンを再起動してください。再起動後、問題のあるユーザーアカウントで起動が可能か確認してください。



Question

face Image

助けが必要ですか?

「手順通りに上手くいかない」、「改善しない」などお困りの場合は、下の中から該当する項目を選択(クリック)してください。


「〜操作可能なプログラムの名前として認識されません」エラーメッセージが表示されます。

コマンドに誤りがあります


入力したコマンドに誤りがあります。

ヒント:[コマンドをコピー]ボタンを押すと、コマンドを自動でコピーすることができます。コピーしたコマンドは、PowerShellの画面上で右クリックすると貼り付けされます。

バックアップしたレジストリを復元するにはどうしたらいいですか。

「profilebak.reg」をダブルクリックしてください。


エクスプローラーを開き、Cドライブ直下に作成された「profilebak.reg」というファイルをダブルクリックしてください。(ユーザーアカウント制御およびレジストリの追加確認のメッセージが表示された場合は、[はい]をクリックしてください)

レジストリの修復を行いましたが症状が改善しません

システムの復元を行うか、別のユーザーアカウントを作成してください。


レジストリの修復を行っても改善が見られない場合は、システムの復元を行うか、別のユーザーアカウントを作成してください。ユーザーアカウントを作成した場合は、必要に応じて新規作成したアカウントにデータや設定を移行させてください。

電話や遠隔操作でサポートを受けることはできますか?

電話・遠隔サポートは行っておりません


電話や遠隔によるサポートは行っておりません。(メールサポートは2018年3月18日受付分をもって終了しました)
追加のサポートが必要なお客様は、下記の出張サポートサービス(有償)をご利用ください。

■ パソコン修理設定サポートの【ドクター・ホームネット】

フィードバックにご協力ください。この情報は役に立ちましたか?