Dismでソースファイルが見つかりませんエラー Dism.exeを使ったシステムファイル修復時に「ソースファイルが見つかりませんでした」と表示され修復が完了しない場合の対処方法です。



DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealthと実行すると、ソースファイルが見つかりませんでした。機能の復元に必要なファイルの場所を指定するには、”Source”オプションを使用してくださいとメッセージが表示されることがあります。そのような場合には、Windowsインストールメディアを使ってWindows10のシステムを展開して修復してください。インストールメディアは、Microsoft社のページから作成ツールをダウンロードすることができます。


STEP1Windows10のインストールメディアを作成する

Windows10用のインストールメディアを作成します。インストールメディアを作成するためには、Microsoft社のホームページからMedia Creation Toolを入手する必要があります。

Microsoft社の Windows10のダウンロード ページを開きます。

Windows10のダウンロードページが開いたら、[ツールを今すぐダウンロード]ボタンをクリックします。

ツールを今すぐダウンロードをクリック

[ツールを今すぐダウンロード]をクリックします。

Media Creation Toolを使って作成できるインストールメディアは、Windows10の最新版のみです。旧バージョン等、異なるバージョンのWidows10を利用している場合、Media Creation Toolを使って作成したインストールメディアでシステムファイルを修復することはできません。


Windows10のバージョン確認方法は以下のQ&Aを参照してください。


関連Q&Aビット(32/64bit)数を確認する

ツール(MediaCreationTool.exe)のダウンロードが完了したら、ファイルを開くをクリックします。

ファイルを開くをクリック

[ファイルを開く]をクリックします。

ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は、[はい]ボタンをクリックします。

はいをクリック

[はい]をクリックします。

Windows10 セットアップ画面で適用される通知とライセンス条項のメッセージが表示されたら、画面下にある[同意する]ボタンをクリックします。

同意するをクリック

[同意する]をクリックします。

実行する操作を選んでくださいと表示されたら、別のPCのインストールメディアを作成するにチェックを入れます。

別のPCのインストールメディアを作成するにチェック

[別のPCのインストールメディアを作成する]にチェックを入れます。

このPCを今すぐアップグレードするを選択すると、Windows10を最新版にアップグレードすることができます。


関連Q&A Windows10を最新にアップデートする

別のPCのインストールメディアを作成するにチェックをつけたら、画面右下にる[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]をクリックします。

言語、アーキテクチャ、エディションの選択画面が表示されたら、正しいオプションが選択されていることを確認して[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

選択されたオプションが正しくない場合は、このPCにおすすめのオプションを使うのチェックを外し、各項目のプルダウンメニューから選び直してください。


ビット(32/64bit)数を確認する

使用するメディアを選んでください画面が表示されたら、作成するメディアの種類を選択します。

メディアの種類を選択

作成するメディアの種類を選択します。

インストールメディアの作成には8GB以上のUSBメモリまたはDVD-Rが必要です。ここではUSBメモリを使ったインストールメディアの作成方法を説明します。


DVD-Rで作成する場合は、ISOファイルをダウンロードしてディスクイメージをDVD-Rへ書き込みする必要があります。

(ディスクイメージの書き込み手順)
① ダウンロードしたISOファイルを右クリックします。
ディスクイメージの書き込みをクリックします。
空のDVDディスクを挿入して[書き込み]ボタンをクリックします。

メディアの種類を選択したら画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

USBメモリでインストールメディアを作成する場合は、ここでPCに挿入してください。別メディアを誤ってフォーマットしないように、USBメモリや外付けHDD、SDカードなど、その他の記録媒体はすべて取り外してください。


USBメモリ内のデータはすべて消去されます。必要に応じてデータを別の場所にバックアップしてください。

対象のUSBメモリが表示・選択されていることを確認して、画面右下にある[次へ]ボタンをクリックします。(インストールメディアの作成が始まります)

次へをクリック

[次へ]ボタンをクリックします。

USBメモリの容量は最低8GB必要です。実際の容量が8GBに満たない場合、容量不足で作成できない場合があります。


対象のUSBメモリが認識していない場合は、ドライブの一覧を更新するをクリックしてください。

インストールメディアの作成が完了したら、画面右下にある[完了]ボタンをクリックします。

完了をクリック

[完了]ボタンをクリックします。

以上でインストールメディアの作成は完了です。続けてSTEP2:インストールメディアからシステムファイルを展開するの手順に進んでください。

STEP2インストールメディアからシステムファイルを展開する

STEP1MediaCreationToolで作成したインストールメディアを使って、システムファイルをPCに展開します。

作成したインストールメディアを挿入したままエクスプローラーを開きます。

エクスプローラーが開いたら、画面左のナビゲーションウインドウ(フォルダ一覧)の中からPCのアイコンをクリックします。

PCが開いたらESD-USBと名前のついたUSBメモリのアイコンをダブルクリックします。

ESD-USBをダブルクリック

[ESD-USB]と名前のついたアイコンをダブルクリックします。

ここではUSBメモリを例に説明します。(DVD-Rで作成した場合でも手順は同じです)


エクスプローラーを開く:
スタートボタンE キー

表示されたフォルダ一覧の中からsourcesフォルダをダブルクリックします。

sourcesフォルダをダブルクリック

[sources]フォルダをダブルクリックします。

sourcesフォルダの中にあるinstall.esdファイルを右クリックしてコピーを選択します。

install.esdファイルをコピー

[install.esd]ファイルをコピーします。

コピーしたinstall.esdファイルを任意の場所に貼り付けます。

install.esdを貼り付け

[install.esd]ファイルを任意の場所に貼り付けます。

貼り付けしたい場所で右クリックして貼り付けを選択してください。


ここでは例としてDドライブ直下に貼り付けします。


続けて、デスクトップ画面左下にあるスタートボタンスタートボタンを右クリック クリックします。

表示されたメニューの中からWindows PowerShell(管理者)をクリックします。

WindowsPowerShellをクリック

[Windows PowerShell(管理者)]をクリックします。

ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

はいをクリック

[はい]をクリックします。

Windows PowerShellが起動したら下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

cd d:

コマンドを入力してEnter

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

以降の操作はすべてinstall.esdをDドライブ直下にコピーした場合を例に説明しています。別の場所にコピーした場合は、適宜読み替えてください。


(例)Fドライブに作成したwindows-imageにinstall.esdをコピーした場合
cd f:\windows-image\

続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

md mount

コマンドを入力してEnter

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。


md
指定した名前でフォルダ(ディレクトリ)を作成します。パスを指定しなかった場合は、カレント(現在の場所)にディレクトリを作成します。


Dism /Apply-Image
指定したパスにシステムファイルを展開します。

続けて下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

Dism /Apply-Image /ImageFile:D:\Install.esd /index:1 /Applydir:D:\mount

コマンドを入力してEnter

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

以上でシステムファイルの展開が完了しました。続けてSTEP3:展開されたシステムファイルを使ってDism.exeを実行するに進んでください。

STEP3展開されたシステムファイルを使ってDism.exeを実行する

STEP2でインストールメディアより展開したシステムファイルを使ってDismコマンドによるシステムファイルの修復を実行します。

STEP2で起動したWindows Powershell下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

コピー

Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth /Source:D:\mount\windows /LimitAccess

コマンドを入力してEnter

コマンドを入力して[Enter]キーを押します。

以上ですべての操作が完了です。すべての画面を閉じてPCを再起動してください。

修復が完了しました

システムファイルの修復が完了しました。

Dismコマンドによるシステムファイルの修復は完了までに20〜30分程度掛かる可能性があります。


すべての操作完了後にシステムファイルを展開したフォルダ(D:\mount)を削除するためには、マウントを解除する必要があります。解除方法はマイクロソフト社の下記ページを参照してください。


関連Q&A DISM イメージ管理のコマンド ライン オプション(Microsoft社)