Question

Question

Microsoft Edgeのトラブルシューティング Microsoft Edgeが起動できなくなった場合のトラブルシューティングです。

STEP4 : コマンドプロンプトから修復する(2)

コマンドプロンプトの画面が表示されたら、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。

C:
コマンドプロンプト画面 コマンドを入力してEnterキーを押す
ヒント

Cのあとの記号は「:(コロン)」です。

続けて、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。


cd users
コマンドプロンプト画面 コマンドを入力してEnterキーを押す
ヒント

「cd」の後には半角スペースが入ります。

続けて、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。


dir
コマンドプロンプト画面 コマンドを入力してEnterキーを押す

表示された「Users」フォルダーの一覧の中からEdgeが起動できなくなったユーザーのフォルダー名を確認します。


コマンドプロンプト画面 Usersフォルダーのサブディレクトリ一覧
ヒント

Microsoftアカウントで利用している場合、アカウント名の頭文字5文字がユーザーフォルダ名です。ローカルアカウントからMicrosoftアカウントに切り替えた場合は、ローカルアカウント時のアカウント名がユーザーフォルダ名です。

下記の入力例を参考に、手順④で確認したユーザー名をコマンド入力して、Enter キーを押します。

cd (ユーザー名)

(例)ユーザー名が「Win10-User」の場合

cd Win10-User

と入力します。


コマンドプロンプト画面 コマンドを入力してEnterキーを押す
ヒント

「cd」の後には半角スペースが入ります。

続けて、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。


cd AppData\Local\Packages
コマンドプロンプト画面 コマンドを入力してEnterキーを押す
ヒント

「cd」の後には半角スペースが入ります。

続けて、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。(改行せずに入力してください)


ren Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe.old
ren Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe.old
コマンドプロンプト画面 コマンドを入力してEnterキーを押す
ヒント

「ren」と「〜8bbwe」の後ろには半角スペースが入ります。

続けて、下記のコマンドを入力して Enter キーを押します。


exit
コマンドプロンプト画面 コマンドを入力してEnterキーを押す

「オプション選択」の画面に切り替わったら、[続行]をクリックします。


オプション選択画面 続行をクリック

デスクトップ画面が表示されたら、Microsoft Edgeのアイコンをクリックします。


Edgeが起動した後、直ぐに閉じられるのでもう一度Edgeのアイコンをクリックします。


Edgeが起動し、「問題は解決されました」のページが表示されたら完了です。(次回起動時から既定のトップページが開きます)


Edge起動画面 Edgeが修復されました

・「Edgeのアイコンがない」または「Edgeをクリックしても反応がない」場合は、「STEP2:PowerShellを使って修復する」の操作をもう一度行ってください。(手順4の操作は不要です)

・インターネットバンキング用セキュリティソフト「Rapport(ラポート)」を利用している場合は、「Rapport」の再インストールをお試しください。「Rapport(ラポート)」の削除方法はこちら をご参照ください。