Windows10 April 2018 Updateの最新機能

2018年4月30日にWindows10次期アップデート「April 2018 Update(RS4)」がリリースされます。最新バージョンではどのように進化したのかチェックしてみましょう。


「Windows10 April 2018 Update」へのアップデート方法はこちらをご覧ください。


ローカルアカウントでパスワードリセットが可能に


これまでローカルアカウントのパスワードを忘れてしまった場合、事前にパスワードリセットディスクを作成していなければ回復する手段がありませんでした。RS4では、パスワードを忘れてしまった場合に備え、パスワードリセット用のセキュリティ質問3つを設定することができるようになりました。

セキュリティ質問は、Windows10初回セットアップ時にローカルアカウントを作成した時または[Windowsの設定]->[アカウント]->[サインインオプション]にある[セキュリティの質問を更新する]から設定することができます。



タイムライン


タイムラインによってタスクの管理がより便利になりました。現在実行中のアプリの管理だけではなく、過去に起動したアプリやドキュメント、Webページも表示されるので簡単に作業を再開することができます。ほかにも他のPCやスマートフォンで実行した作業もタイムラインで再開することができます。デフォルトでは、3−4日間のタイムライン表示が可能です。

タイムラインを表示するためには、Cortanaの右横にある[タスクビュー]のアイコンをクリックするか、Windowsキー + Tab を押します。



Edgeスマート印刷


スマート印刷機能を利用するとWebページ内のナビゲーションメニューや広告など邪魔なものを削除して印刷することができます。

この機能は特定のページでのみ利用できます。


近距離共有


Mac OSのAirDropのように、Windows10でも近い距離にあるユーザー(デバイス)へ簡単にデータ送信できるようになります。データ送信はWi-Fi(高速転送)とBluetooth(低速転送)のいずれかで行われます。

ファイルを転送するときは、ファイルを右クリックして[共有]を選択するか、各アプリの[共有]アイコンをクリックします。



Swift Pair


Bluetoothデバイスのペアリングボタンを押すと、ペアリング確認の通知が表示される機能です。これによりBluetoothデバイスを素早く簡単にペアリングすることができます。

利用するためにはBluetooth機器が本機能に対応している必要があります。

Swift Pair for Bluetooth Peripherals (Microsoft Blog)

Windows 10 RS4では新機能だけでなく、既存の機能にもいくつかの変更が加えられています。



Windowsの設定UIの変更


Fluent Design Systemの採用により、デザインが変更されました。また「フォント」や「言語設定」などいくつかの項目がコントロールパネルから設定へ移動されました。


Peopleの並び替え


タスクバーにピン留めまたはオーバーフロー表示のPeople連絡先をドラッグアンドドロップで並び替えできるようになりました。タスクバーに表示される連連絡先の数は、1〜10、またはすべてオーバーフロー表示のいずれかから選択することができます。

集中モード


従来の「非通知モード」が「集中モード」に変わりました。「集中モード」では、設定した時間帯やゲーム中、自宅にいるときに自動的に通知を非表示にすることができます。また通知の優先順位を設定することもできるようになりました。

スタートメニュー … スタートメニュー内に「ドキュメント」や「ピクチャ」フォルダのアイコンがデフォルトで追加されました。

アプリの設定 … アプリのアイコンやアプリタイルの右クリックメニューから、「アプリの設定」を開くことができます。

Cortana … 「さらに情報があります」の項目がなくなりました。

Windows Defender … ダッシュボードが変更されました。アカウントの保護とデバイスセキュリティが追加されました。

グラフィックの設定 … 複数のGPUを搭載したPCでアプリが利用するGPUを指定できるようになりました。

スタートアップアプリ … Windowsの設定から、PC起動時に自動実行されるアプリのオン/オフが可能になりました。



このページを共有する