3分でマスター Windows10のテクニック集

#03クリップボード履歴を使って効率アップ


#クリップボード履歴を使いこなそう
クリップボード履歴は、Windows10に搭載された新機能です。うまく使いこなせば作業効率アップ間違いなしの便利機能です。

smartphone

コピー&貼り付けをもっと便利に

テキスト(文字)や画像を範囲選択してコピー&貼り付けする操作は、パソコンでデータ入力しているなら頻繁に行う作業です。

コピー&貼り付けはとても便利な機能ですが、何かをコピーするとその前にコピーしていた内容がクリップボードから消えてしまうことが大きな欠点です。

この欠点をカバーしたものが今回紹介するクリップボード履歴です。

クリップボード履歴を使うと最大で25件までコピーしたデータを履歴として保持してくれるので、コピー&貼り付けの操作が捗ります。


機能を有効にしよう

最初に、クリップボード履歴機能を有効化します。

(クリップボード履歴を有効化する方法)

スタートボタンスタート設定アイコン設定をクリックします。

システム → クリップボード と開いてクリップボード履歴をオンにします。

送信アイコンをクリックして作成ボックスを開く

同じMicrosoftアカウントを利用するデバイス間でクリップボード履歴を要求することもできます。(設定が必要です)


履歴表示はスタートボタンV キーを押すだけ

マウス操作でもクリップボード履歴から選択することもできますが、キーボードのみで操作するとさらに効率があがります。

(クリップボード履歴から貼り付ける方法)

キーボードのスタートボタンV キーを押します。

キーボードの矢印 キーで貼り付けしたいクリップボードを選択します。

Enter キーを押します。(貼り付けされます)

メッセージ作成が終わったら送信をクリック

ピン留めするとPCを再起動しても消えずに内容を保持することができます。




お困りですか?PC出張サポートをご利用ください。(有償)
パソコン修理はドクター・ホームネット