Windows Helloで顔認証を行う Windows Hello の顔認証機能対応のWebカメラを利用することで、顔認証のみでサインインすることができます。パスワード入力を省くことができるためサインインが簡単になります。


Windows10では、生体認証によるログインが可能です(Windows Hello)。生体認証には、「指紋認証」や「顔認証」があり、事前に顔や指紋を登録することで簡単にログオンすることが可能です。また登録した本人でなければログインはできないので、セキュリティ面でも安全です。また、複数人の顔や諮問を登録することもできるので、1台のPCを複数ユーザーで利用している場合でも、カメラに向かうだけで簡単に各アカウントへログインすることもできます。Windows Helloの顔認証機能を利用するにはWindows Hello対応のWebカメラが必要です。


デスクトップ画面左下のスタートボタンスタートボタンをクリックします。


スタートメニューの中から 設定アイコンをクリックします。

Windows Helloの顔認証をセットアップするためには事前にPINの登録が必要です。

「Windowsの設定」画面が表示されたら[アカウント]をクリックします。

Windowsの設定

[アカウント]をクリックします。


[サインインオプション]をクリックします。

アカウント画面

[サインインオプション]をクリックします。


「PIN」の項目のすぐ下にある[追加]ボタンをクリックします。

サインインオプション画面

[追加]ボタンをクリックします。

既にPINコードの設定を行なっている場合は、手順⑤⑥は省略してください。

PINコード(暗証番号)を決めます。枠に任意のPINコードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。

PINコード設定画面

PINコードを設定します。

>PINコード(暗証番号)は、パソコン起動時に入力するパスワードの代わりとなるものです。任意の数字で登録することができます。

「顔認識」の項目のすぐ下にある[セットアップ]ボタンをクリックします。

サインインオプション画面

[セットアップ]をクリックします。


「Windows Hello へようこそ」画面が表示されたら、[開始する]ボタンをクリックします。

WindowsHelloへようこそ

[開始する]をクリックします。


手順設定したPINコードを入力します。

PINコード入力画面

PINコードを入力します。


Webカメラの映像が映り顔認識が始まったら、カメラをまっすぐ見続けます。

Windows Hello 顔認証登録

カメラをまっすぐ見続けます。


「すべて完了しました」のメッセージが表示されたら[閉じる]ボタンをクリックします。

すべて完了しました

[閉じる]ボタンをクリックします。


以上でWindows Helloの顔認証セットアップは完了です。次回起動時より顔認証でサインインできます。

ログオン画面

顔認証セットアップが完了しました。

Windows Helloの顔認証機能を使うためには、Windows Hello対応(RealSenseテクノロジー搭載)のWebカメラが必要です。






新着 & よくある問い合わせ

  • 追加の隠し絵文字を利用する|Microsoft TeamsのヘルプNEW
    Microsoft Teamsではメッセージに絵文字を付けて送信することができます。標準で用意されている絵文字はメッセージ入力枠にある絵文字アイコンをクリックするとリストが表示されますが、それとは別で用意されている隠しの絵文字を呼び出してメッセージ送信することもできます。

WindowsFAQ 今週のおすすめガジェット

created by Rinker
FOSSIL(フォッシル)
¥29,556 (2021/04/15 21:55:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yogibo(ヨギボー)

目次